ブエナビスタ 常に浴び続けたスポットライト

ブエナビスタ
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 2006年3月14日
毛色 黒鹿毛
スペシャルウィーク
ビワハイジ
競走成績 23戦9勝 (中央:21戦9勝、海外:2戦0勝)
獲得賞金 13億8643万3000円
表彰歴 2011年 最優秀4歳以上牝馬
2010年 年度代表馬、最優秀4歳以上牝馬
2009年 最優秀3歳牝馬
2008年 最優秀2歳牝馬
主な勝鞍 2011年 ジャパンカップ G1
2010年 天皇賞(秋) G1
2010年 ヴィクトリアマイル G1
2009年 オークス Jpn1
2009年 桜花賞 Jpn1
2010年 京都記念 G2
2009年 チューリップ賞 Jpn3
2008年 阪神ジュベナイルフィリーズ Jpn1
厩舎 松田博資(栗東)
生産者/産地 ノーザンファーム (早来町)
馬主 勝負服 サンデーレーシング
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

スターホースに求められるのは、勝つことだけではない。常に主役としてスポットライトを浴び続けることも必要だ。

母ビワハイジはGIウィナー、兄のアドマイヤジャパンやアドマイヤオーラもクラシックで活躍。華やかな血統を持つブエナビスタはデビュー前から注目を集め、その期待通りにターフで躍動した。

最初につかんだのは2歳女王のタイトル。2008年の阪神ジュベナイルフィリーズは直線だけで一気のゴボウ抜きを決め、さらに2馬身半突き抜ける圧巻のレースだった。翌2009年・3歳シーズンも勢いは止まらない。桜花賞とオークスを連勝して春の牝馬二冠を達成。夏には札幌記念で古馬・牡馬とも渡り合えることを実証した。秋華賞は3着降着、エリザベス女王杯も追い込んで届かずの3着に敗れたが、いずれも鋭い末脚を披露。有馬記念の2着も、直線で敢然と抜け出す堂々のレースぶり。強さをアピールしてみせた。

2010年。後の天皇賞・春勝ち馬ジャガーメイルを完封した京都記念、名だたる強豪を相手にして力強く2着に追い込んだドバイシーマクラシック、大外から豪快に差し切ったヴィクトリアマイル、凱旋門賞で2着となるナカヤマフェスタと接戦を演じた宝塚記念。4歳になってもブエナビスタは、すべてのレースにおいて主役であり続けた。

秋には大願成就を果たす。アーネストリーやシンゲンといった年上の牡馬、あるいは3歳馬ペルーサらを降しての天皇賞制覇だ。中団から勢いよく伸び、後続を2馬身突き放した末脚には誰もが目を見張った。

ジャパンカップではその鋭すぎるラストスパートがアダとなり、1位入線も2着降着。有馬記念では好位から粘るヴィクトワールピサにハナ差及ばずの2着に甘んじたが、ブエナビスタは走るたびに喝采を巻き起こし、勝っても負けても、レースはブエナビスタを中心に動いたといえるだろう。

2011年、5歳シーズンを迎えてブエナビスタの走りに翳りが差す。ドバイワールドカップでは後方で行き場を失くして8着に敗退。生涯で初めての大敗を喫し、ヴィクトワールピサの偉業を見届ける役割に終わる。帰国初戦のヴィクトリアマイルでは、1歳下の三冠牝馬アパパネに敗れ、女王の座を明け渡すことになった。宝塚記念もアーネストリーの2着、天皇賞・秋では内に閉じ込められたまま4着。とうとうジャパンカップでは、デビュー以来19戦連続で守り通してきた1番人気の座(国内のレースのみ)を凱旋門賞馬デインドリームに譲るという屈辱も味わった。

だがブエナビスタは終わっていなかった。直線ではいつものように弾ける末脚を爆発させ、トーセンジョーダンをクビだけ差し切っての1着ゴール。6つ目のGI/JpnIタイトルをつかみ取ったのだ。

常にレースを沸かせ、期待に応える。ブエナビスタは天性のヒロインだった。

関連競走馬

一覧に戻る
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう