キングカメハメハ 史上初の変則二冠馬

キングカメハメハ
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 2001年3月20日
毛色 鹿毛
Kingmambo
マンファス
競走成績 8戦7勝
獲得賞金 4億2973万3000円
表彰歴 2004年 最優秀3歳牡馬
主な勝鞍 2004年 日本ダービー G1
2004年 NHKマイルカップ G1
2004年 神戸新聞杯 G2
2004年 毎日杯 G3
厩舎 松田国英(栗東)
生産者/産地 ノーザンファーム (早来町)
馬主 勝負服 金子真人
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

創設当初は「外国産馬のダービー」とも呼ばれたNHKマイルC。クラシックが外国産馬にも解放された現在は、マイラーはもちろんのこと、日本ダービーを狙う馬も多く参戦する一戦となっている。そのNHKマイルCと日本ダービーの「変則二冠」を史上初めて達成したのがキングカメハメハだった。

キングカメハメハのデビューは03年11月の京都芝1800m新馬戦。中団を追走したものの勝負どころの行きっぷりが悪く、直線に向いても前とは5〜6馬身。かなり苦しいかと思われたが、エンジンがかかると一気の伸び脚を見せて見事にデビュー勝ちを収めた。

2戦目のエリカ賞も5番手をやや押っつけ気味の追走。4コーナー手前では激しく手が動いたが、ここでも新馬戦同様に直線に入ると力強い末脚を繰り出し、ゴール前できっちり差し切り勝ち。まだ荒削りな面を見せながらも、2戦2勝の成績を残して2歳戦を終えた。

年明け初戦、重賞初挑戦の京成杯は3着と初の敗戦を喫してしまう。しかし、続くすみれSでは4コーナーで先頭に立つ積極策から、軽く気合を入れた程度で2馬身半差の完勝。鞍上の仕掛けにもよく反応し、いよいよ本格化の手応えを感じられた一戦となった。

2度目の重賞挑戦は毎日杯。道中3番手を追走したキングカメハメハは、4コーナーで抜群の手応えで先頭に並ぶと、直線でも素晴らしい伸びを見せて2着シェルゲームに2馬身半の差をつけて、鮮やかに重賞初制覇を飾ったのだった。

デビューから中距離路線を進んできたキングカメハメハにとって、続くNHKマイルCは初の1600m戦。しかし、互角のスタートからスムーズに中団につけると、直線は手応え十分に馬場の中央へ。残り200mで先頭に立つと、見る見る後続との差を開き、2着コスモサンビームに5馬身差をつける完勝となった。

圧巻のNHKマイルCから3週後、迎えた日本ダービーは一気に800mの距離延長。前半はやや行きたがるしぐさを見せたキングカメハメハだったが、速い流れになったこともあり、向正面からはスムーズな追走。直線で大外に持ち出すと、ハーツクライの追撃を余裕を持って抑え2分23秒3というケタ違いのダービーレコードで圧勝となった。管理する松田国英調教師にとっては、01年のクロフネ(NHKマイルC1着→日本ダービー5着)、02年のタニノギムレット(同3着→1着)に続く3度目の挑戦で、史上初の「変則二冠」を達成した瞬間でもあった。

その後、天皇賞(秋)を前に屈腱炎を発症し、引退を余儀なくされたキングカメハメハ。08年には2頭目の「変則二冠」馬・ディープスカイが同じ道を目指したが、天皇賞(秋)では惜しくも3着に敗れている。しかし、NHKマイルCから日本ダービー、そして秋は天皇賞へという3歳馬にとって新たな道を切り開いた功績は大きく、今後はその産駒から「変則三冠馬」の誕生が大いに期待されるところだ。

関連競走馬

一覧に戻る
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう