エルコンドルパサー 日仏でGIを勝った世界の強豪

エルコンドルパサー
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1995年3月17日
毛色 黒鹿毛
Kingmambo
Saddlers Gal
競走成績 11戦8勝 (中央:7戦6勝、海外:4戦2勝)
獲得賞金 3億7607万8000円
表彰歴 2014年 顕彰馬
1999年 年度代表馬、最優秀5歳以上牡馬
1998年 最優秀4歳牡馬
主な勝鞍 1998年 ジャパンカップ G1
1999年 サンクルー大賞 G1
1998年 NHKマイルカップ G1
1999年 フォワ賞 G2
1998年 NZT4歳ステークス G2
1998年 共同通信杯4歳ステークス 重賞
厩舎 二ノ宮敬宇(美浦)
生産者/産地 Takashi Watanabe (米)
馬主 勝負服 渡邊隆
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

海外遠征を行う馬も増えてきた近年の日本馬。しかしハードルが高いことに変わりはなく、本来の力を発揮できなかったり、怪我などで失意の帰国をする馬も多く見られる。そんな中、エルコンドルパサーは海外で自らの能力を出し切った数少ない日本馬の1頭だ。

2歳(現表記)秋にデビューしたエルコンドルパサーは、ダートの初戦を7馬身差、年が明け2戦目を9馬身差で大楽勝。雪の影響でダート変更となった共同通信杯4歳S、そして初の芝挑戦となった重馬場のニュージーランドT4歳Sも制し、無敗でNHKマイルCへと駒を進めた。

まだ良馬場のスピード勝負の経験がなかったエルコンドルパサーだったが、このレースも天は味方し馬場は稍重。好位からレースを進めると、内から差を詰めたシンコウエドワードをゴール前で楽々と突き放して初のG1タイトルを手中にしたのだった。

秋初戦は毎日王冠。快足・サイレンススズカ、同期で無敗の外国産馬・グラスワンダーとの対決に大いに盛り上がった。レースは先手を奪ったサイレンススズカが鮮やかに逃げ切り、エルコンドルパサーは2着に敗退。ここで連勝こそ途絶えたものの、1分45秒台で走破してスピード勝負への対応力も証明した。

次走はマイルCS出走も噂されたが、距離不向きと見られたジャパンCに参戦。しかし2〜3番手追走から直線で先頭に立つと、内のエアグルーヴ、外のスペシャルウィークといった強豪の追撃を許さずに完勝。3歳(現表記)の日本馬として初のジャパンC制覇を成し遂げた。

年度代表馬の座こそ逃したものの、スピード勝負や中〜長距離への適性を見せ、最優秀4歳牡馬のタイトルを獲得。外国産馬でレース選択の幅が限られること、国内最強クラスの力を見せたことなどから、陣営は翌年にフランス遠征、そして異例の長期滞在の決断を下した。

その初戦、5月のイスパーン賞では2着敗退も上々の滑り出し。7月のサンクルー大賞では好位から脚を伸ばし、2着タイガーヒルに2馬身半差をつけ優勝。ヨーロッパの中〜長距離G1における日本馬初優勝の快挙を達成した。

9月のフォワ賞も制すると、エルコンドルパサーは大目標の凱旋門賞に出走する。押し出されるように先頭に立ったエルコンドルパサーは、直線で後続を突き放し悲願達成かと思われた。しかしゴール前でモンジューの急追を受け、半馬身差の2着に屈したのだった。

しかし、一連の好走が高く評価され、春秋グランプリ連覇のグラスワンダー、春秋の天皇賞とジャパンCを制したスペシャルウィークを抑え、国内未出走ながら年度代表馬の座を獲得。後に物議を醸すことになる選出ではあったが、歴史に名を残す名馬によるハイレベルの争いだったのは確かだ。そのため、グラスワンダーとスペシャルウィークがハナ差の激戦を演じた有馬記念での対決が見たかった、と語るファンは現在でも数多い。

関連競走馬

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう