クロフネ 芝も一流だが、ダートは世界最強

クロフネ
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1998年3月31日
毛色 芦毛
French Deputy
Blue Avenue
競走成績 10戦6勝
獲得賞金 3億7023万5000円
表彰歴 2001年 最優秀ダートホース
主な勝鞍 2001年 ジャパンカップダート G1
2001年 NHKマイルカップ G1
2001年 武蔵野ステークス G3
2001年 毎日杯 G3
厩舎 松田国英(栗東)
生産者/産地 Nicholas M. Lotz (米)
馬主 勝負服 金子真人
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

確かに強い馬ではあるだろう。だが果たして、どう強い馬なのか? 多くのファンが、その馬=クロフネについて計りかねていたはずだ。そんな曖昧さを鮮やかに吹き飛ばしてみせたのが2001年の武蔵野Sだった。

当初、クロフネは天皇賞(秋)への出走を目標としていた。が、賞金不足で除外となり、やむなく前日の武蔵野Sに臨むことになる。初めてのダート戦、初めての古馬との対決。それでも1番人気に推されたクロフネだったが、レースを見守る眼は“半信半疑”というのが正直なところだったろう。

ところがクロフネは、驚異的なパフォーマンスを披露する。

中団外の位置取りから、3コーナーあたりで早くも加速。1000m通過57秒7というハイペースにもかかわらず、一気に仕掛けていく。そして直線では独走。1分33秒3という芝なみのタイムをマークして、クロフネは2着を9馬身も突き放してみせたのである。

ダート最強。武蔵野Sの圧勝で結論を得た“クロフネの強さ”だが、そもそもは芝志向の強い馬だった。

前年・2歳10月に迎えたデビューは芝のマイル戦。ここは僅差2着に敗れたが、続く芝2000m戦を完勝し、同じく芝2000mのエリカ賞でも後続に3馬身半差をつけて勝利する。

暮れのラジオたんぱ杯では、アグネスタキオンとジャングルポケット、後のクラシックホース2頭に遅れを取る3着だったが、明け3歳初戦・毎日杯では5馬身差の圧勝を飾り、NHKマイルCではとても届かないと思われた位置から豪脚を繰り出してのGI初勝利。この時点では「同世代の中で、特に芝のマイル戦では相当に強い馬」というのがクロフネの評価だったといえる。

が、日本ダービーはジャングルポケットの5着、秋初戦の神戸新聞杯でもエアエミネムの3着に終わり、その強さに疑問を持たれた状態で走ったのが武蔵野Sだったわけである。

そして、第2回ジャパンカップダート。武蔵野Sの圧勝を受けて、クロフネは単勝オッズ1.7倍の1番人気に支持された。米G1馬リドパレス、前年の勝ち馬ウイングアロー、交流重賞2連勝中のミラクルオペラ、フェブラリーSの覇者ノボトゥルーらが相手でも、クロフネなら勝利してくれるはず、そう考えられたのだ。

実際、クロフネは勝利するどころか、強豪たちを相手にすらしなかった。スタート直後は後方の位置取り、3コーナーで一気に仕掛け、直線入口では早くも先頭という強引なレース運び。それでも直線では独走を決め、2着に7馬身差、2分5秒9という驚異的なタイムを叩き出しての1着だ。

残念ながら右前浅屈腱炎のため、このレースが現役最後の一戦となってしまったクロフネ。もし無事なら「ダート世界最強」こそが、“クロフネの強さ”として記憶されることになったのではないだろうか。

関連競走馬

一覧に戻る
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう