高額取引馬 New

2020年のセレクトセール高額落札馬の
血統面のポイントを解説します。

価格順 馬名 落札価格
1歳 シーヴの2019(牡) ディープインパクト 5億1000万円
1歳 フォエヴァーダーリングの2019(牡) ディープインパクト 4億円
1歳 テディーズプロミスの2019(めす) ディープインパクト 2億4000万円
価格順 馬名 落札価格
当歳 ヒルダズパッションの2020(牡) ハーツクライ 3億8000万円
当歳 シーズアタイガーの2020(牡) ハーツクライ 2億7000万円
当歳 シーヴの2020(牡) ハーツクライ 2億1000万円

セレクトセール総括 New

セレクトセール

総括

筆者はセレクトセールの1週前、繁殖馬のセールを別とすれば、今年、国内では初めて人と馬が1つの場所に集まった「八戸市場」にも足を運んでいる。

今年の「八戸市場」は、「セレクトセール2020」と同様に、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐべく、入場制限をはじめとする様々な対策が取られていた。それでも、昨年を上回る購買登録者数があったように、コロナの影響を感じさせないほどの盛況となった。

その光景に目をこらしていたとき、北海道からせりを見に来ていた、知り合いの生産者が話しかけてきた。

「せりが好きな人は、実際に会場で馬を見た上でせりに参加したいんだよ。きっと来週のセレクトセールもにぎわうと思うよ」

せり速報

セレクトセール日別総評

セレクトセール

日別総評(1日目)

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐべく、開催方法が変更された「セレクトセール2020」。その1つが入場時の検温やセールエリア内におけるマスクの着用であり、またせり会場内の「三密」を防ぐべく、座席数も大幅に削減された。

来場者を正確に把握する意味合いから、当日の購買者登録は行わず、期日までの事前登録のみ。しかも、会場に入ることを許されるのは購買者と同伴者だけとなった。また、毎年多くの取材陣が詰めかけるセレクトセールであるが、今年はその数も限定されている。

セレクトセール

日別総評(2日目)

セレクトセール当歳セッションの朝は、当歳馬の展示と共に始まる。

この日、会場内の展示場に姿を見せたのは226頭の当歳馬。その傍らには、まだ離乳を終えていない母馬の姿もあった。

早朝からのせり会場への移動や、慣れない場所の展示による気疲れもあるのか、まぶたが落ち始めている当歳馬の姿はとても愛らしく思える。しかしながら、その数時間後にこの愛らしい当歳馬たちには、数千万という高い評価額や、ミリオンホースの称号が与えられていく。

丹下日出夫の
セレクトセール日記

セレクトセール

1日目(1歳)

2020年、1歳セールは、なんといってもディープインパクト産駒。さあ、突撃だぁ〜〜。なんてね。

コロナのことは知っている。しかし、やっぱり競馬が好き。馬好きは、やめられない、とまらない。いざ始まってみれば、今年は、セレクトセール開催当初から、せりに通じた大オーナーが、かみしめるかのようにシミジミ。堂々、真っ向勝負で挑んできた。うれしいね。

セレクトセール

2日目(当歳)

ディープインパクトもキングカメハメハもいなくなってしまう世代は、どのような戦いになるのだろう。オープニングの301番はドゥラメンテの息子。「ポスト・ディープ」を高らかに宣言。

母のスクールミストレスは、アルゼンチンで4勝。芝2000mのG1、そしてダート1500mのG1を優勝。アルゼンチーナの子供たちは、どこかサトノダイヤモンドなど連想させる、よく肥えた肉体派が多い。せりの開幕にはぴったり、健やかさにあふれている。

セレクトセール中継動画

セレクトセールとは

ディープインパクト

注目の種牡馬紹介

血統、馬体と、まさに「セレクト」された上場馬が集まるセレクトセール。その上場馬たちの父を数多く繋養する、社台スタリオンステーションの徳武英介氏に、今年の1歳市場、当歳市場に上場される繋養種牡馬と、その産駒の特徴について話を聞いてみた。

セレクトセール

セレクトセール歴史

セレクトセールの歴史というよりも、日本競馬にとって歴史的な快挙と言えよう。「セレクトセール2018」の1歳セッションに上場され、1200万円で落札されたデアリングタクトは、今年の桜花賞、そしてオークスを無敗で優勝して牝馬二冠馬となった。

セレクトセール

セレクトセール2020みどころ

今年の3歳牝馬クラシックは、デアリングタクトが4戦無敗で桜花賞、オークスを制覇。セレクトセール出身のエピファネイアの娘が、牝馬クラシック二冠を力でもぎとった。

セレクトセール

丹下日出夫の注目馬

セレクトセール2020 注目馬(1歳・当歳)を、丹下日出夫がチョイス!