コントレイル 父子二代の無敗三冠、10年の月日が生んだ必然の大偉業

コントレイル
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 2017年4月1日
毛色 青鹿毛
ディープインパクト
ロードクロサイト
競走成績 11戦8勝
獲得賞金 11億9529万4000円
表彰歴 2021年 最優秀4歳以上牡馬
2020年 最優秀3歳牡馬
2019年 最優秀2歳牡馬
主な勝鞍 2021年 ジャパンカップ G1
2020年 菊花賞 G1
2020年 日本ダービー G1
2020年 皐月賞 G1
2019年 ホープフルステークス G1
2020年 神戸新聞杯 G2
2019年 東京スポーツ杯2歳ステークス G3
厩舎 矢作芳人(栗東)
生産者/産地 ノースヒルズ (新冠町)
馬主 勝負服 前田晋二
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

2017年4月1日に北海道・新冠町のノースヒルズで誕生したコントレイル。後に父ディープインパクトに続く無敗の牡馬クラシック三冠馬となるが、その布石は10年前に打たれていた。母ロードクロサイトは大種牡馬アンブライドルズソングと2005年の米2歳女王から生まれた良血馬。前田幸治ノースヒルズ代表の依頼を受けて渡米し、この母を2011年秋のセールで落札したのが、コントレイルを管理することになる矢作芳人調教師だった。

こうして世に送り出されたコントレイルの歩みは、2019年の秋から加速度的に勢いを増していった。1歳の終わりから2歳春にかけての大事な時期に球節を痛めるも、9月のデビューにこぎつけたコントレイルはノーステッキで2馬身半差の楽勝。単勝1.7倍の圧倒的人気に応えて華々しく初陣を飾り、一気に歴史的偉業への階段を駆け上がっていく。

2か月後の2戦目に東京スポーツ杯2歳Sを選択したコントレイルだが、中間の調整が順調な訳ではなかった。それでもJRA2歳レコードを叩き出して5馬身差の圧勝。さらに3戦目のホープフルSも快勝し、JRA賞では朝日杯フューチュリティSの覇者サリオスに大差をつけて2歳王者に選ばれた。

明け3歳は皐月賞へ直行する異例の戦略が取られた。休養の間には新型コロナウイルスが猛威を振るい、晴れ舞台を無観客で迎えることになる。ただ、静かな環境は悪いことばかりでもなかった。落ち着き十分のコントレイルは後方寄りで流れに乗ると、直線では初対戦のサリオスをねじ伏せて完勝。ダービーでも再びサリオスを寄せつけず二冠を達成する。そして、秋は神戸新聞杯を快勝して菊花賞に臨んだ。距離が課題とされていたコントレイルはアリストテレスの徹底マークに最後まで苦しめられたものの、クビ差で勝利をもぎ取り史上3頭目となる無敗の三冠馬に輝いた。

大偉業を成し遂げ、これでコントレイル時代の幕が開くはずだった。しかし、次走でアーモンドアイとデアリングタクトが待つジャパンCに参戦し、牡牝三冠馬3頭の競演に一役買ったものの、アーモンドアイに敗れて初黒星。年度代表馬の座まで奪われた。

その後も4歳初戦の大阪杯は未体験の道悪でまさかの3着。疲労により宝塚記念を回避すると、復帰戦の天皇賞(秋)では1歳下の皐月賞馬エフフォーリアに敗れ、三冠達成後は3連敗となった。それでも、当初から引退レースとしていたジャパンCで前年の雪辱に挑むと圧倒的な瞬発力で復活。鮮やかに有終の美を飾った。

関連競走馬

一覧に戻る
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう