ゴールドアリュール ダート路線でも父の名を高めた名馬

ゴールドアリュール
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1999年3月3日
毛色 栗毛
サンデーサイレンス
ニキーヤ
競走成績 16戦8勝
獲得賞金 4億1037万6000円
表彰歴 2002年 最優秀ダートホース、NARグランプリ特別表彰馬、ダートグレード競走特別賞
主な勝鞍 2003年 フェブラリーステークス G1
2002年 東京大賞典 G1
2002年 ジャパンダートダービー Jpn1
2002年 ダービーグランプリ Jpn1
2003年 アンタレスステークス G3
厩舎 池江泰郎(栗東)
生産者/産地 追分ファーム (追分町)
馬主 勝負服 社台レースホース
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

初年度産駒から朝日杯3歳Sのフジキセキ、皐月賞のジェニュイン、オークスのダンスパートナー、日本ダービー馬タヤスツヨシらを出し、以降、10年以上に渡り大種牡馬として君臨し続けたサンデーサイレンス。最大の武器は、芝のマイル〜中長距離で発揮される驚異的な瞬発力といえただろう。

サンデーサイレンス8世代目の産駒として誕生したゴールドアリュールもまた、そんな特徴を期待された馬だった。母はフランスで3勝をあげたニキーヤ、母の父は仏チャンピオンサイアーのヌレイエフという血統だ。

2001年、ゴールドアリュールは2歳の11月に京都・芝1800m戦でデビューして2着となり、2戦目に初勝利をマークする。まずまずの滑り出しだったが、ここで壁に突き当たった。ホープフルSでは4着に終わり、明け3歳となってからも500万下で3着、5着、4着。差しては届かず、前へ行っては差されるレースで勝ちあぐねたのである。

転機はダート戦への出走だった。

阪神の1800mで後続を4馬身突き放したゴールドアリュールは、続く端午Sでも4馬身差の圧勝。その後、日本ダービーに駒を進めて5着と健闘したものの、この馬のダートでの能力を実感した陣営は、以降、ゴールドアリュールの戦場を砂の上に絞って戦っていくことにする。

するとたちまち、ゴールドアリュールは頭角を現した。大井のジャパンダートダービーでは2着を7馬身もちぎり捨て、盛岡でおこなわれたダービーグランプリでは10馬身差の完勝レースを披露した。中山1800mでの開催となったジャパンCダートはイーグルカフェに屈して5着に敗れたものの、暮れの大一番・大井の東京大賞典では2着以下を完封してみせた。結果、イーグルカフェやフェブラリーS勝ち馬のアグネスデジタルを差し置いて、この2002年度JRA賞で最優秀ダートホースに選出されることとなったのである。

実はこの時期まで、サンデーサイレンスは手にしていない勲章があった。ゴールドアリュールのほか、名古屋優駿を制したチアズサイレンス、ダービーグランプリを勝ったイシノサンデーなどダート馬も何頭か輩出していたのだが、いずれも交流競走での実績、JRAのダート重賞は未勝利だったのだ。

ゴールドアリュールはその壁を、GIで打ち破ってみせる。2003年・第20回フェブラリーSでのことだ。中山1800mを力強く先行したゴールドアリュールは、東京大賞典2着のビワシンセイキやジャパンCダート勝ち馬イーグルカフェらをねじ伏せて見事に勝利、自身と父に新たな栄光をもたらしたのである。

さらにゴールドアリュールは種牡馬となり、産駒エスポワールシチーがジャパンCダートとフェブラリーSを制覇。もともと米クラシックで活躍したサンデーサイレンスの中に潜む“ダート向きの血”を、しっかり後世へ伝える存在として輝きを放ち続けている。

関連競走馬

ライバル

一覧に戻る
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう