アグネスタキオン 断念したタイトルは父として勝つ

アグネスタキオン
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1998年4月13日
毛色 栗毛
サンデーサイレンス
アグネスフローラ
競走成績 4戦4勝
獲得賞金 2億2208万2000円
表彰歴 なし
主な勝鞍 2001年 皐月賞 G1
2001年 弥生賞 G2
2000年 ラジオたんぱ杯3歳ステークス G3
厩舎 長浜博之(栗東)
生産者/産地 社台ファーム (千歳市)
馬主 勝負服 渡辺孝男
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

故障によるスターホースの予期せぬ引退は、ファンや関係者に大きな落胆をもたらすのが常である。しかしそんな馬が、第2の人生(馬生)で大成功を収め、再びファンに感動や喜びを与えることも少なくない。今や名種牡馬として確固たる地位を築いたアグネスタキオンも、「早すぎる引退」から種牡馬に転身、大成功を収めた1頭だ。

父サンデーサイレンス、そして母は桜花賞馬・アグネスフローラという血を受け継いだアグネスタキオンは、00年12月の阪神芝2000m新馬戦でデビュー。その年のダービー馬・アグネスフライトの半弟として注目される存在だったが、同じくダービー馬・フサイチコンコルドの半弟ボーンキングなどに続く3番人気の評価に留まっていた。

しかしレースでは、中団から徐々に進出すると、当時の3歳馬(旧表記)としては驚異的な上がり33秒8の末脚を発揮。デビュー戦からその素質の高さを見せ、2着リブロードキャストに3馬身半差の快勝を収めた。

続く2戦目は、デビューと同じ舞台のラジオたんぱ杯3歳S。後のダート王・クロフネが単勝1.4倍、アグネスタキオンは翌年にダービーを制するジャングルポケットとほぼ横並びの2番人気という、振り返れば「超豪華メンバー」の一戦となったが、ここでも持ち前の爆発力を存分に発揮する。直線入り口でクロフネの外から先頭に立つと、上がりを11秒2−11秒4でまとめ、中団から追うジャングルポケットに2馬身半差、クロフネにはさらに1馬身4分の1。超ハイレベルの戦いの中で、この馬の能力を改めて証明して見せた。

その後ひと息入れたアグネスタキオンは、年明け初戦に皐月賞と同じ舞台、中山2000mの弥生賞を選択する。この日は昼までの雨であいにくの不良馬場。爆発的な末脚で連勝してきたアグネスタキオンには、不向きな条件とも思われた。しかしそんな道悪もなんのその、2着ボーンキングに5馬身差、後の菊花賞馬・マンハッタンカフェも4着に下して3連勝。ラスト1ハロンに14秒0も要するタフな馬場を克服し、堂々の主役として皐月賞へと駒を進めていった。

迎えた皐月賞は断然人気。2番人気のジャングルポケットは前々走で破った相手、そして3番人気は大きく離れて16.8倍のダンツフレーム。快進撃を続けるアグネスタキオンに敵はいない、との下馬評だった。レースもそんな期待に違わぬ強さで、好位から不利を受けない外に出して先頭へ。ダンツフレーム、ジャングルポケットも坂下で一度は迫ったが、余力十分にこの追撃を抑え優勝。無傷の4連勝を飾り、日本ダービー兄弟制覇へと大きく期待が広がったのだった。

だが、ファンはその舞台でも、そして秋の淀でもアグネスタキオンの姿を見ることはなかった。日本ダービーを前に屈腱炎を発症、そのまま引退してしまったのだ。後のダービー馬や菊花賞馬を問題としなかった強さから「幻の三冠馬」と評し、引退を惜しむ声が多かったのも無理からぬことだろう。

しかし、種牡馬としてダイワスカーレットを輩出するなど大成功を収めたアグネスタキオンは、08年にキャプテントゥーレで皐月賞父子制覇。さらにはディープスカイが、自らが為し得なかった日本ダービー優勝と「産駒二冠」を達成。残る菊花賞で「三冠」を成し遂げる日も、遠からずやってくるに違いない。

関連競走馬

一覧に戻る
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう