ダンスパートナー 期待馬から超良血馬への変身

ダンスパートナー
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1992年5月25日
毛色 鹿毛
サンデーサイレンス
ダンシングキイ
競走成績 25戦4勝
獲得賞金 6億378万1000円
表彰歴 1996年 最優秀5歳以上牝馬
1995年 最優秀4歳牝馬
主な勝鞍 1996年 エリザベス女王杯 G1
1995年 オークス G1
1996年 京阪杯 G3
厩舎 白井寿昭(栗東)
生産者/産地 社台ファーム (千歳市)
馬主 勝負服 吉田勝己
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

デビュー時は単なる「期待馬」の1頭だった。しかし、自らだけでなく兄弟や近親も大活躍。引退を迎えるころには「超良血」と呼ばれていた。そんな名馬が95年のオークスなどを制したダンスパートナーだ。

父・サンデーサイレンスは米年度代表馬、そして母・ダンシングキイは輸入牝馬だが、父の初年度産駒で、母の産駒が日本未出走では「良血」とまでは言いがたい。しかし、94年春に半兄・エアダブリンが日本ダービーで2着に好走。そして夏からは、父の産駒が続々と好成績を収める大活躍。この馬がデビューを迎える95年1月には、「良血馬」の1頭として注目を集めるようになっていた。

そのデビューは小倉芝1200m戦を中団から差し切って見事に1着。しかし、エルフィンS、チューリップ賞で2着に敗れると、牝馬クラシック第一弾・桜花賞は、出遅れからの追い上げ及ばずワンダーパヒュームの2着。3連続2着と勝ち切れない競馬が続いてしまった。

さらに、続くオークスもスタートで出遅れ。しかし今度は、十分に距離があり、直線も長い東京芝2400mが舞台。1コーナーで中団まで盛り返すと、4コーナーでは大外からまくり気味に先行集団の直後。直線は馬場の中央に持ち出すと、チューリップ賞で後塵を拝したユウキビバーチェとの叩き合いに競り勝つ。欲しかった2勝めを、この大舞台で手に入れたのだった。

その後も、夏はフランスに遠征(2、6着)、そして秋は菊花賞挑戦(1番人気5着)と話題を集め、年明けには最優秀4歳牝馬(現3歳牝馬)のタイトルも受賞したダンスパートナー。しかし、この年の勝ち鞍は新馬とオークスの2つのみ。翌96年春には京阪杯(当時5月、2000m)で勝利を挙げたものの、宝塚記念3着のほか、G2でも好走止まりが多く、どうしても勝ち切れない馬との印象はぬぐいきれなかった。

そんな中、秋を迎えるとひとつ下の全弟・ダンスインザダークが菊花賞を制覇。その翌週、この年から古馬に解放された、牝馬同士のエリザベス女王杯は負けられない一戦となった。

8枠15番からほぼ互角のスタートを切ると、道中は5〜6番手をキープ。直線は内から脚を伸ばすと、ヒシアマゾン(2位入線降着)、フェアダンスの強襲をわずかに退け、2つめのG1タイトルを獲得。さらに、JRA賞では最優秀5歳以上(現4歳以上)牝馬に選ばれ、弟ダンスインザダーク(最優秀4歳牡馬)とダブル受賞の快挙も達成したのだった。

翌97年はエリザベス女王杯2着などの成績を残し引退。その後、全妹のダンスインザムードが桜花賞などを制し、近親のスズカマンボが春の天皇賞を優勝。さらに父サンデーサイレンスもG1馬を続々と輩出と、今やダンスパートナーは誰もが認める「超良血馬」となった。09年末現在、産駒からG1馬は登場していないが、デビューした5頭中4頭が勝ち上がっており、今後に「母子G1」制覇の期待がかかっている。

関連競走馬

ライバル

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう