マヤノトップガン 遅咲きステイヤー飛躍の秋

マヤノトップガン
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1992年3月24日
毛色 栗毛
ブライアンズタイム
アルプミープリーズ
競走成績 21戦8勝
獲得賞金 8億1039万0000円
表彰歴 1995年 年度代表馬、最優秀4歳牡馬
主な勝鞍 1997年 天皇賞(春) G1
1996年 宝塚記念 G1
1995年 有馬記念 G1
1995年 菊花賞 G1
1997年 阪神大賞典 G2
厩舎 坂口正大(栗東)
生産者/産地 川上悦夫 (新冠町)
馬主 勝負服 田所祐
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

多くの場合、ステイヤーは遅咲きである。そして、ある日を境にして一気に上昇曲線を描き、頂点へと上り詰める。マヤノトップガンも、まさにそんなタイプの競走馬だった。

デビューは3歳1月。この時点でも馬体は成長しきっておらず、マヤノトップガンはダート戦ばかりを使われることになる。5着に終わった新馬戦以後、5月までの成績は、3着、3着、1着、3着、3着、1着。

ターフはサンデーサイレンスの初年度産駒であるジェニュインが皐月賞を、タヤスツヨシが日本ダービーを制して沸いていたが、まだマヤノトップガンは「ダートで着を拾っている馬」に過ぎなかった。

ところが夏を迎え、芝を走れるだけの基礎体力を身につけたマヤノトップガンは、たちまち素質の高さを示すようになる。900万下特別を勝ち、神戸新聞杯と京都新聞杯でも連続2着をキープ。一気に菊花賞戦線の有力馬の位置に躍り出たのである。

まさに、突如の飛躍。その勢いは、本番・菊花賞でも持続した。

好位を悠々と追走したマヤノトップガンは、4コーナーで早くも先頭に並びかけ、直線では後続を突き放してみせる。スタミナあふれるステイヤーならではの強気のレースぶりだ。結局、先行各馬はマヤノトップガンについていくことはできず、後方からトウカイパレスとホッカイルソーが追い込んできたものの、時すでに遅し。マヤノトップガンは2着に1馬身4分の1差をつけて、クラシック3冠目・菊花賞のタイトルを手にしたのであった。

それだけにとどまらない。暮れの有馬記念にも出走したマヤノトップガンは、前年の三冠馬ナリタブライアン、女傑ヒシアマゾン、秋の天皇賞を勝ったサクラチトセオー、宝塚記念2着のタイキブリザードら、古馬の一線級を相手に逃げ切り勝ちを演じてみせた。

数か月前にはコツコツとダート条件戦を走っていた馬が、頂点を極めたのである。

古馬になってからもマヤノトップガンは、一流の成績を残した。

阪神大賞典では、それまで調子を落としていたナリタブライアンが復活を見せ、これとマッチレースを演じての2着。

天皇賞・春ではマークされる展開となって5着に敗れたが、宝塚記念では堂々と抜け出して2つ目のGIタイトルを手にする。

秋シーズンには、サクラローレル、マーベラスサンデー、バブルガムフェローらと好勝負を繰り広げてファンを沸かせた。

そして5歳。阪神大賞典では、59kgを背負いながら一気にマクって、さらに2着を3馬身半も突き放すレースで快勝。天皇賞・春では、勝利目前のサクラローレルを瞬時にして交わす豪脚を披露し、従来のレコードを2秒以上も縮める3分14秒4の好タイムで制覇。

ダート1200mで現役生活を始めた馬が、芝の3000mGIを制し、3200mでも圧勝。その上昇カーブを、誰が想像できただろうか。

関連競走馬

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう