マーベラスサンデー 故障と挫折を乗り越えた闘志

マーベラスサンデー
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1992年5月31日
毛色 栃栗毛
サンデーサイレンス
モミジダンサー
競走成績 15戦10勝
獲得賞金 6億686万5000円
表彰歴 1997年 最優秀5歳以上牡馬
主な勝鞍 1997年 宝塚記念 G1
1997年 産経大阪杯 G2
1996年 京都大賞典 G2
1996年 朝日チャレンジカップ G3
1996年 札幌記念 G3
1996年 エプソムカップ G3
厩舎 大沢真(栗東)
生産者/産地 早田牧場新冠支場 (新冠町)
馬主 勝負服 笹原貞生
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

「無事是名馬」とはいうものの、繊細なサラブレッドにケガはつきもの。小さなトラブルすらなく引退を迎えられる馬など皆無。故障を乗り越えいかに能力を発揮できるか、それが生涯成績を大きく左右する。97年の宝塚記念を制したマーベラスサンデーは、骨折による1年の休養を乗り越えて、見事にタイトルを手にした馬だった。

マーベラスサンデーのデビューは3歳(現表記)を迎えた95年の2月。ダート1800mの新馬戦を快勝すると、続く芝のゆきやなぎ賞も連勝。日本ダービーへ向けて新星誕生かと思われた。ところがその後骨折が判明し、長期休養を強いられることになる。

復帰を果たしたのは骨折から1年後。その初戦こそ4着に敗れたものの、2戦目の鴨川特別を5馬身差で大楽勝。桶狭間Sでは昇級戦にも関わらずトップハンデを背負ったが、ここも連勝して条件戦では力の違うところを見せつけた。

オープン入りを果たしたマーベラスサンデーの勢いは、重賞の強敵相手になっても止まらない。続くエプソムCではユウセンショウに競り勝って重賞初制覇。札幌記念でハンデ58キロを克服して重賞連覇を達成すると、ひと息入れた秋も朝日チャレンジC、京都大賞典と連勝。復帰2戦目から6連勝、重賞4連勝の勢いに乗り、ついにG1の舞台・天皇賞(秋)へと駒を進めることになる。

ここは春の天皇賞馬サクラローレル、宝塚記念を制したマヤノトップガンなど強豪相手に2番人気に推されたが、前残りの流れも災いしてバブルガムフェローの4着に敗退。続く有馬記念もサクラローレルに差し切られて2着と、強豪の壁にはね返された秋のG1・2戦となった。さらに、翌年春は大阪杯こそ快勝したものの、サクラローレル、マヤノトップガンとともに3強を形成した天皇賞(春)は、マヤノトップガンの3着敗退。G1好走で「強豪」の地位は確かなものにした一方で、連勝の勢いを完全に失う半年となってしまった。

そんな中で迎えた97年の宝塚記念は、天皇賞で先着を許した2頭が不在。一方で、前年秋の天皇賞で後塵を拝したバブルガムフェロー、安田記念を制したタイキブリザードが揃い、この馬の真価が問われる一戦となった。

しかし、中団からレースを進めたマーベラスサンデーは直線で前が壁。先に抜け出したタイキブリザード、バブルガムフェローの前にまたも好走止まりかという窮地に陥った。しかし外に立て直すとじわじわと盛り返し、残り100mで横一線。最後はバブルガムフェローを僅かに競り落とし、ついに念願のG1タイトルを手中にしたのだった。

その後、マーベラスサンデーは有馬記念2着を最後に引退。種牡馬としては、産駒重賞初制覇を果たしたシルクフェイマスが10歳まで走り続けたほか、ネヴァブションは2度の骨折を乗り越えアメリカJCCを優勝。さらに平地未勝利のキングジョイが、障害に転じて中山大障害を制するなど、産駒にもその不屈の闘志は受け継がれている。

関連競走馬

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう