競馬予想・競馬情報トップ > 記事一覧 > 競馬の回収率を上げるには?回収率が高くなる買い方を知ろう!

競馬の回収率を上げるには? 回収率が高くなる買い方を知ろう!

目次

回収率イラスト

「回収率を上げる」とは?

 競馬の楽しみ方は人それぞれですが、馬券で勝ちたいと思うならば「回収率」が非常に重要となります。回収率は馬券収支の「勝ち・負け」を判断する指標のようなもの。100%を基準とし、それを下回ってしまえば「負け」、上回れば「勝ち」と言えます。

■回収率・・・馬券収支の「勝ち・負け」を表す指標。100%以上であればプラス、100%未満はマイナスを意味する。

 一方、「的中率」という言葉も使われることがあります。文字通り、馬券が的中した率という意味なのですが、実は定義はやや曖昧です。自分が馬券を購入したレース数に対した的中数なのか、もしくは購入した買い目の数に対する的中数なのか。一般的には前者としてとらえられますが、いずれにしても収支の勝ち負けを語る上ではあまり関係がない指標なのです。

■的中率・・・一般的には馬券購入したレース数に対する的中レース数の割合。どんなに高くてもプラス収支とは限らない。

 例えば、1日12レースで馬券を買い、8つのレースで的中したとしましょう。レース単位でみた的中率は約67%で、これはかなり立派な数字です。しかし、もし回収率が100%に達していないのであれば「負け」です。

 一方、12レース中1レースしか的中できなかったとしても、回収率が101%であったとしたら「勝ち」です。的中率はわずか約8.3%ですが、確実に儲かったことを意味します。したがって、競馬で勝つには、とにかく回収率を上げるしかありません。そのためには、より当たりそうなレースを選んだり、効率的な買い方を実践したりと、いろいろな工夫が必要になってくるのです。

競馬における回収率の計算方法は?

 競馬における回収率は以下のような計算で算出します。

回収率(%)=払戻金額÷購入金額×100

 例えば、1万円の資金をすべて単勝につぎこみ、2.0倍の馬券が当たったとしましょう。この場合、回収率は200%となります。

■購入例1 2万円(払戻金)÷1万円(購入金額)×100=200%

しかし、仮に資金1万円のうち半分の5000円を単勝にかけたが、もう半分は別の式別(馬連など)を購入して外れた場合、回収率は100%となります。

■購入例2 1万円(払戻金)÷1万円(購入金額)×100=100%

払戻金額同様、回収率も半分となり100%となります。

 このように1レース単位で考えた場合は、基本的に回収率のパーセントが高い方がより儲かったと言えます。しかし、複数のレース、あるいは長いスパンで馬券収支を考えた場合は、回収率だけではどの程度儲かったかはわかりません。

 例えば、1年間のトータル払戻金額が110万円で、総購入金額が100万円だったとしましょう。この場合、回収率は110%となり、純利益は10万円です。前述した購入例1のケースは、回収率は200%ですが、純利益は1万円。つまり、この場合の比較では回収率110%でも、回収率200%よりも多くの払戻金額を受けたことになります。

 このように具体的にどれぐらい儲かったかは、回収率だけでなく総購入金額により判断する必要があります。1レース単位であれば爆発的な回収率を叩き出すことも可能でしょうが、1年単位などではそれが難しくなってきます。しかし、競馬を長く続けるためには、トータルでプラスにすることを目標にしたほうがいいでしょう。仮に回収率が100%強であっても、総購入金額に比例して、儲けも大きくなります。毎週馬券を買い、1年単位でそれが達成できれば、立派な成績であると言えるでしょう。

回収率を上げるための買い方はあるの?

回収率UPの買い方:トリガミをしないこと

競馬用語でトリガミという言葉があります。馬券が的中したにもかかわらずマイナス収支となってしまうことを意味します。回収率を上げるためには、トリガミは絶対に避けなければいけません。

例えば、18頭立てのレースにおいて、すべての馬の単勝を同一金額ずつ買うとします。この場合、必ず馬券は的中しますが、単勝の配当が18.0倍未満だった場合は、確実に損をします。つまりトリガミとなるわけです。こうした買い方をする人はいないでしょうが、平均配当が高い3連単であってもむやみに買い目の数を増やすと、起こりうることです。馬券を買う前には、オッズと購入金額を必ずチェックしましょう。

回収率UPの買い方:期待値の低い馬券を買わないこと

 競馬に「絶対」はありえません。どんなに強い馬でも負けることがあります。中央競馬における単勝1番人気の勝率は30%程度。単勝オッズ1倍台の馬でも、勝つ確率は50%強程度で、馬券の期待値としては低いです。

 基本的に上位人気馬ばかりを買うと、的中率は上がるけれども、回収率は100%を超えることが非常に難しくなります。だからと言って、人気薄の馬ばかりを買うのも問題です。当たれば配当は大きいのですが、現実的に好走する見込みが薄く、的中率が極端に下がってしまいます。上位・中位・下位人気をそれぞれ、うまく組み合わせて買う方が回収率UPにつながるでしょう。

回収率UPの買い方:いろいろな式別を使い分けること

 JRAではさまざまな馬券式別があります。特殊なWIN5を除いても、単勝・複勝・枠連・馬連・馬単・ワイド・3連複・3連単があります。どの式別を買うかは人それぞれで、これが「正解」というものはありません。ただ、いつも無条件に同じ式別ばかりを買うのは得策とは言えません。

例えば、自分が選んだ本命馬が勝つ可能性が高いと判断した場合は、単勝・馬単・3連単を中心に馬券を組み立てるといいでしょう。自分が選んだ本命馬が、「勝つまでは厳しそうだけれど、2着以内あるいは3着以内ならば可能性大」と考えていれば、複勝・馬連・ワイド・3連複を中心に馬券を組み立てるとよいでしょう。

■本命馬が勝ちそう・・・単勝・馬単・3連単を中心に馬券を組み立てる。
■本命馬は勝つのは厳しいが2・3着以内ならば・・・複勝・馬連・ワイド・3連複を中心に馬券を組み立てる。

 仮に自分の本命馬が3着以内にきたとしても、買い方によって利益の大きさは違ってきます。本命馬が勝ったのに2着にノーマークの馬がきてはずれ。当たり馬券がないというケースなんていうのも多々あります。しかし、馬券を外すのを恐れて、むやみに買い目を広げるのはよくありません。自分の思い通りの結果になった時に大きな払戻金が得られるように買い方を意識した方が、回収率UPにつながるはずです。

回収率を上げるためにはレースの選び方も重要!

 回収率を上げるためには、実際にどのレースを買うかということが非常に大切になってきます。狙ったレースの的中率が高ければ高いほど、回収率を上げるチャンスがあるからです。「目の前にあるレースはとことん参加したい!」というスタンスでもいいのですが、その場合はレース単位で購入金額のメリハリをつけることをお勧めします。一般的には「勝負レース」と呼ばれる、自分の中で厳選したレースに多くの資金を投入した方がいいでしょう。

 レースの厳選基準は例えば、好走する確率が高いと思われる本命馬がいたり、常々狙っていた馬が出走していたりするかどうかが、よくある考え方です。もしくは、高配当が出そうなレース条件で絞り込む手もあります。多頭数や各馬の実力が横一線、ハンデ差や展開の紛れなどにより、人気馬が4着以下に敗れる可能性が高いレースを探すのです。いずれのやり方にしても競馬に対する豊富な知識、高度な読み・深い考えが必要になってくるでしょう。

この章のまとめ

 競馬で勝つためには、回収率を上げることが必要です。そのためには、他の人よりも豊富な情報を持ったり、違った視点で予想したりすることで、より大きな儲けを得られる可能性が出てきます。例えば、競馬専門紙やスポーツ紙に掲載されている馬柱からはかなりの情報を得ることができますが、それだけでは限界がありますし、不十分な面もあります。

 現在は、インターネット配信のデータベースや競馬ソフトを活用し、より詳しい情報を得るのが当たり前になっています。JRA-VANでは、そうしたニーズに応えるため中央競馬の様々な情報を提供しています。パソコン・スマホどちらでも対応しており、コアな競馬ファンにとっては欠かせないツールとなっています。

PROFILE

小田原 智大ライター

早い時期から競馬ソフト「TAGET frontier」を使用し、データ競馬に関する記事を担当。現在は、JRA-VANや競馬最強の法則WEB、オッズパーククラブなどで執筆中。サッカーW杯や五輪関係の本も手掛ける。

PAGE TOP