競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報トップ > 記事一覧 > 逃げ馬の見つけ方!【競馬で勝つために、馬の脚質を知ろう!】

逃げ馬の見つけ方!【競馬で勝つために、馬の脚質を知ろう!】

目次

競走馬を脚質で考える

競走馬の脚質

脚質で分類する

 競走馬のレースの進め方(戦法)は、一般的に次の5種類に分類されます。逃げ、先行、差し、追い込み、そして自在。おおまかに隊列のどの位置につけるかによって決まってきます。逃げ馬は隊列の先頭に位置し、追い込み馬は後方に位置します。自在はどんな位置からでもレースができる万能タイプです。普段の調教や、騎手がレースで教え込むことによってだんだんと決まってくるものですが、馬の気性に委ねられる面もあります。

逃げ馬の特徴

 スタートしてすぐに先頭(ハナ)に立ち、そのままゴールに向かう作戦を取る馬です。後続の馬群を引っ張ることになり、そのレースのペースを決める重要な役割を担います。2番手以降を大きく引き離して逃げることを、「大逃げ」と呼ぶこともあります。馬の気性的には闘争心が強く、グイグイと前へ行きたいタイプが多い。中には他馬を怖がったり、馬群に入ったりするのを嫌がるので、仕方なく逃げの作戦に出るケースもあります。

先行馬の特徴

 逃げ馬の後ろに位置し、先頭から4、5番手以内にいる馬を指します。頭数にもよりますが、中団よりも前に位置しているのが先行馬です。逃げ馬を射程圏内に入れており、いつでも交わしやすい位置です。最後の直線で馬群も捌きやすく、ペースにも左右されにくいのが特徴。勝つためには理想的なポジションであるため、「好位」と呼ばれることもあります。スタートから早めに出していき、すぐに抑える必要があるので、気性的には前向きでかつ、騎手の指示にも素早く反応できる馬でないといけません。

逃げ馬を狙うメリットとは?

先頭はどの馬?

 競馬はレースの展開が非常に大事。特に実力が拮抗するレースでは、ペースや枠順における有利・不利で勝敗が決まると言っても過言ではありません。そして競馬はそもそも前へ行ける馬が有利です。中でも自分で好きなようにペースを作ることができる逃げ馬というのは、理屈上、恩恵を受けやすい立場にいます。

 逃げたそうな馬が複数頭いる場合を除けば、ほぼ先頭へ行けることでしょう。そうなれば道中で他馬にぶつけられて、最後の直線で馬群に包まれるといった不利もありません。また、近年の日本の芝はインコースが常に良い馬場状態です。開催が進んでも傷みにくく、逃げ馬にとっては走りやすい状況になっています。

 逃げ馬狙いがおすすめな理由はもう一つあります。それは配当妙味です。逃げ馬は勝つときは鮮やかですが、負けるときは惨敗というケースが少なくありません。オッズは前走着順に強く影響されるもので、惨敗した馬はどうしても人気が下がる傾向にあります。しかし、逃げ馬は惨敗後でも、展開が向けばすぐに巻き返します。そうした場合、おいしい配当になりやすいのです。逃げ馬は先行馬などに比べて成績は不安定になりがちですが、その分人気になりにくいので、狙う価値が十分あるのです。

逃げ馬の見つけ方・見つけるコツ

前走で逃げた馬をチェック

 予想する際、レース展開をイメージすることは非常に大事です。特に逃げ馬がいるか、いないかでレースの性質が変わりますし、狙い方もおのずと決まってきます。

 出走各馬の近走成績・内容を調べ、実際に逃げた馬をチェックします。仮に1頭しか見当たらない場合は、話が早い。その馬が再び先手を取る可能性が高いと考えられます。問題は1頭も見当たらない場合と、複数頭いる場合です。

 1頭も見当たらない場合でも、どの馬かが必ず逃げることになります。普通は先行馬が、押し出されて先頭へ行くことになります。ペースはスローペースになりやすいと想定できるでしょう。

 もし複数頭いる場合は、予測が難しくなります。基本的にはゲートの速さや、ダッシュ力の勝負となりますが、枠順やジョッキーの判断もかなり重要です。もしスタートから激しく競り合いになるようだと、ミドルペースからハイペースになると想定できます。しかし、共倒れを避けるため、ジョッキーが競り合いにしない場合もあります。隊列がすんなりと決まり、案外落ち着いたペースになることもあります。

前走の距離をチェック

 前走で逃げた馬同士を比較する場合、前走距離も重要なポイントになります。距離によって道中のペースは異なるため、今回の距離との差は小さいほどいいです。差が大きいと、逃げる意思がなくても押し出されて先頭へ行かされるケースが出てきます。例えば、長距離のレースに前走短距離のレースを走っていた馬が出てきた場合、自然と先頭へ行ってしまうことが考えられます。逆に長距離戦でいつも逃げている馬が、短距離戦に出てきた場合はどうなるか。スタートダッシュも、道中のペースも違いすぎるので、先頭へ行くのは容易ではないでしょう。

 競走馬はレース前に何メートルの距離を走るかはわかりません。普段から走り慣れていない距離を走ろうとすると、馬は戸惑うことになるでしょう。逃げが得意な馬でも、ただ単に逃げればいいというものではありません。スムーズに先頭に立ち、道中は気持ちよく、いいリズムで走ることができないとゴールまで息がもたないのです。

前走のペースを把握しておく

 前走の距離が同じだった馬を比較する場合、前走のペースも把握しておく必要があります。例えば、前走東京芝1600mのレースを走っていたAとBの馬がいるとしましょう。コースは同じでもそれぞれ違う日の別レースを走り、共に逃げて競馬をしていました。具体的なレースラップを調べると、Aはレースの前半600mを36秒台で通過、Bはレースの前半600mを33秒台で通過していました。馬場状態の違いなども考慮する必要はありますが、この3.0秒差はかなり大きいと考えられます。簡単に言うと、Aは遅いペースで逃げて、Bは速いペースで逃げたことになります。次走AとBが同じレースに出走した場合、どちらが逃げることになるでしょうか。常識的にはBの方が逃げる可能性が高いと言えます。実際にはその他の馬との兼ね合いもあり、枠順やジョッキーの判断もあるので断言はできませんが、Bの方が前へ行く可能性はかなり高いと考えるべきでしょう。

逃げ馬の馬券を買うときの注意点

逃げたい馬が多いとき

 逃げ馬は自分の形で競馬ができないと脆いタイプが多いものです。自分一人で楽々と逃げられる展開の方が、馬券を買う方としては断然狙いやすくなります。逃げたい馬が複数いる場合は、まず間違いなく先行争いが生じるので、その分展開は不利になります。仮に自分の本命馬が先頭に立てたとしても、先行争いでスタミナを使わされてしまうので、ゴールまで息が持たない可能性が高くなります。

 また、先行馬に1番人気がいる場合も注意が必要です。実力がある馬に前目で競馬をされて早めに仕掛けられてしまうと、逃げ馬にとっては大きなプレッシャーで、捕まりやすく厳しい展開になります。実力馬が差し・追い込みであれば、逃げ馬にプレッシャーはかからず、他馬のマークも後ろ寄りになります。逃げ馬にとっては恵まれる展開になりやすいと言えます。

直線コースが長いと逃げ馬は捕まりやすいのか

 芝はコースによって、有利な脚質に違いがあります。例えば逃げ馬にとって、直線が長いコースと短いコースとではどちらがいいのか。一般的には短い方が有利と考える人が多いかもしれません。ただ、近年は芝の育成・整備の技術が向上。水はけもいいので道悪にもなりにくい。開催が進んでもインコースが傷みにくくなっており、内を通ることができる逃げ・先行馬が有利な状況が昔よりも増えています。直線の長さだけでは、一概には言えないのです。

 芝の状況は毎週変化します。直線が長い東京でも、逃げた馬が止まらないといった傾向も出てきます。また、馬自身のコース適性をしっかりと把握することがとても重要です。直線が長いコースを得意としている逃げ馬もいれば、短いコースに強い逃げ馬もいるのです。

競馬で勝つために情報収集をして、専門的な知識を身につけよう

  競馬の楽しみ方は人それぞれです。ただ、やるならば勝ちたいと思うのが人情で、勝つためには努力も必要です。他の人よりも豊富な情報を持ったり、違った視点で予想したりすることで、より大きな儲けを得られる可能性が出てきます。例えば、競馬専門紙やスポーツ紙に掲載されている馬柱からはかなりの情報を得ることができますが、それだけでは限界がありますし、不十分な面もあります。現在は、インターネット配信のデータベースや競馬ソフトを活用し、より詳しい情報を得るのが当たり前になっています。JRA-VANでは、そうしたニーズに応えるため中央競馬の様々な情報を提供しています。パソコン・スマホどちらでも対応しており、コアな競馬ファンにとっては欠かせないツールとなっています。

PROFILE

小田原 智大ライター

早い時期から競馬ソフト「TARGET frontier JV」を使用し、データ競馬に関する記事を担当。現在は、JRA-VANや競馬最強の法則WEB、オッズパーククラブなどで執筆中。サッカーW杯や五輪関係の本も手掛ける。

トップ > JRA-VAN広場 > 記事一覧 > 競馬の基本と馬券の買い方

PAGE TOP