競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報トップ > 記事一覧 > 競馬の単勝とは? 馬券初心者は、まず単勝に挑戦しよう

競馬の単勝とは? 馬券初心者は、まず単勝に挑戦しよう

目次

単勝は1着馬を当てる馬券〜その特徴を知っておこう!

 馬券の中でもっとも基本的なものが、1着馬を当てる『単勝』です。1着と2着を当てなければならない馬連や馬単、1着〜3着を着順通りに当てる必要がある3連単などと比べて、予想も買い方もかなりシンプルな馬券といえるでしょう。

関連項目:馬連・三連複・三連単の基本を抑えよう!

 単勝は、いちばん強い馬、今回のレース条件(距離や馬場状態など)をもっとも得意としている馬、逃げ馬が1頭だけで展開的に有利な馬……など、とにかく勝てそうな馬を予想し、その馬の馬番を指定して購入することになります。

 また競馬場やWINSで単勝を購入・発券すると、馬券にはその馬の馬名がプリントされます。応援している馬がGIに出走した場合などで、記念に単勝を購入するファンも多いようです。単勝と複勝がセットになり、馬名と「がんばれ」の文字がプリントされる、その名もズバリ『応援馬券』というものもあります。

 まれにある1着同着を除けば、1レースに勝ち馬は1頭だけ。単勝は、その勝ち馬の馬券のみが的中となります(1着同着の場合、双方が勝ち馬として扱われるため、どちらの単勝も的中となります)。

単勝の払戻率は他の馬券よりも有利

 馬券には『払戻率』というものが設定されています。簡単にいえば「売上げのうち何%を払戻金に充てるか」を示す数字です。払戻率は馬券種別ごとに決められています(枠連・馬連・ワイドは77.5%、馬単と3連複は75%、3連単は72.5%)。

 たとえばあるレースで3連複の売上げが20億円だった場合、その75%である15億円が3連複の払戻金に充てられます。この15億円を的中した人で“山分け”する、というのが馬券の原則です(実際にはもう少し複雑な計算式で算出するため、これは概算の値となります)。

 単勝(および複勝)は、この払戻率が80%。他の馬券種別より高く設定されています。払戻金のトータルが他の馬券種別よりも大きくなるわけです。売上げが20億円なら払戻金に充てられるのは概算で16億円。15億円を山分けするか、16億円を山分けするか。馬券を買う人にとっては、当然後者の方が少しだけ“お得”といえるでしょう。

単勝のオッズについて考えてみよう

 他の馬券に比べて払戻率では有利といえる単勝ですが、では実際の払戻金はどうでしょう。2019年のレースを例に各馬券の払戻金をまとめたのが以下の表です。

馬券種別ごとの払戻金

種別 平均払戻金 最低額 最高額
単勝 986.5円 110円 22810円
馬連 5624.3円 130円 315490円
3連複 22142.8円 170円 2145000円
3連単 138905.3円 580円 18068890円

 16頭立てのレースの場合、単勝の買い目は16通り、馬連の組合せは120通り、3連複は560通り、3連単は3360通り。組合せが多い馬券ほど、予想は難しく、払戻金も高くなります。一攫千金を狙うのなら3連複や3連単がベターかも知れません。

 しかし的中させやすいのは、やはり単勝です。

 1レースにつき勝ち馬は原則1頭=的中は1通りだけ。といっても、1レースにつき単勝を買っていいのは1頭だけ、というわけではありません。勝てそうな馬を絞れなければ、2頭、3頭の単勝を買うのも“あり”です。

 もちろんオッズには注意しなければなりません。

単勝1〜3番人気の払戻金

1番人気が勝った時の平均 238.6円(1番人気の勝率32.9%)
2番人気が勝った時の平均 426.6円(2番人気の勝率18.4%)
3番人気が勝った時の平均 602.2円(3番人気の勝率13.8%)

 1〜3番人気の勝率は合計で約65%。つまり1〜3番人気の単勝をすべて買えば、全レースの65%、およそ3分の2で的中の喜びを味わえることになります。しかし、100円ずつ3頭の単勝を買って計300円、勝ったのは1番人気で払戻金は230円、収支はマイナス、ということもあり得ます。4番人気以下が勝てば、もちろん払戻金はゼロです。

 単勝は「勝つのはこの馬!」と自信が持てるレースだけに絞ったり、2頭以上買う場合には資金配分に注意したりなど、買い方に工夫が必要な馬券といえるかも知れません。

単勝で万馬券を狙っていこう

 競馬ファンにとって「単勝万馬券を当てる」ことは夢のひとつ。しかし、簡単ではありません。2019年の場合、単勝オッズが100倍以上だった馬は全レーストータルで9589頭。このうち勝ったのはわずか31頭で、勝率は0.3%に過ぎないのです。

 ただ、よく調べてみると面白いことがわかります。単勝オッズ100倍以上の馬が勝った31戦のうち、16頭立て以上のレースが18戦、未勝利戦が14戦、ダートの1200mと1800mが5戦ずつ。勝ち馬31頭のうち、20頭が関西馬、同じく20頭が「前走とは違う騎手が乗った(乗り替わり)馬」、15頭が馬体重を絞ってきた馬……。1枠に入った馬は1頭も勝っていません。どうやら「単勝万馬券が出やすいレース」「単勝オッズ100倍以上でも激走しやすい条件」というものがあるようです。

 JRA-VANのデータを駆使して、どんな時に単勝万馬券が出やすいのか、じっくりと調べてみることをお勧めします。もしも「荒れやすいレース」や「激走の可能性が高い馬」を見つけられれば、思い切って単勝万馬券を狙ってみるのもいいでしょう。買わなければ当たることはないのが馬券。夢の実現への第一歩は「少しでも勝てる可能性の高い穴馬の単勝を買う」ことだといえます。

単勝と一緒に他の馬券を買おう

 競馬ファンには“単勝派”と呼ばれる人たちがいます。その馬券スタイルは文字通り、他の馬券種別には目もくれず、単勝だけを買い続けるというものです。

 前述したように単勝には「とにかく勝つ馬を探せばいいので予想も買い方もシンプル」というメリットがあります。また2着馬や3着馬まで気にしなければならない馬連・3連複・3連単などと違って「その馬が勝てるかどうか」だけに注目すればいいため、レースの際に観戦しやすいともいえます。

 もしも「勝つのはこの馬!」と絶対的な自信を持てるレースがあるとしたら、買うべきなのは単勝でしょう。馬単や馬連で買って「せっかく勝ち馬をピタリと当てていたのに、2着に来た馬を買っていなかったのでハズレた」などというケースは悔やんでも悔やみきれません。

 でも逆に「単勝を買ったけど2着。馬連にしておけばよかった」というパターンも考えられます。あるいは「せっかく勝ち馬には自信があったのだから、馬単や3連単も買っていれば的中させられたかも知れないなぁ」ということもあり得るでしょう。

 そこでお勧めしたいのが、単勝+他の種別の馬券、という買い方です。もしもアナタの本命馬が2着に負けても、馬連を一緒に買っておけば当たる可能性が出てきます。もしもアナタの本命馬が見事に勝利すれば、一緒に買っていた馬単や3連単も当たって、より大きな払戻金を得られるかも知れません。

 たとえばオッズ5.0倍の単勝を1000円、馬連4点(8倍、10倍、15倍、20倍としておきましょう)を500円ずつ、計3000円購入。単勝が当たれば払戻金は5000円で、たとえ馬連がハズレても2000円のプラス。また、もし本命馬が2着に敗れても、馬連が当たれば払戻金は4000〜10000円で収支はプラス。こういう買い方がベターといえるのかも知れません。

単勝を購入する際に大切なのは、やっぱりデータだ!

単勝的中イメージ

 1着馬を予想して購入する『単勝』は、もっともシンプルで、もっとも基本的な馬券。「勝つのはこの馬だ!」と自信を持てたなら、単勝を買いましょう。もちろんレースでは、その馬の走りをひたすらチェック。レースの見やすさという点からも、単勝は競馬ビギナーにピッタリの馬券といえます。

 そして、勝てそうな馬を見極めるのに大切なのがデータ。これまでの各馬の戦績を見比べることで「3番の馬は強い相手と戦って2着続き。今回は勝つ番だろう」「6番の馬は過去このコースで3勝している。得意の舞台だ」「この馬は1600m戦で5連敗中。人気もないけれど、今回は得意の1200m戦で逆転があるかも」などといったことがわかり、単勝的中へと近づくことになります。

 またデータを調べて「この条件のレースはよく荒れる」といった事実が浮かび上がってくれば、思い切って穴馬の単勝を狙ってみる手もありそうです。

 JRA-VANデータを駆使して、単勝馬券の的中を目指してください。

PROFILE

谷川 善久マルチライター

『優駿』、JRAレーシングプログラム、JRAホームページ、競馬専門誌などの掲載記事や、競馬シミュレーションゲーム・競馬データの解説書などを多数手がけるほか、企業取材など他ジャンルも執筆する。

トップ > JRA-VAN広場 > 記事一覧 > 競馬の基本と馬券の買い方

PAGE TOP