第1319回 スプリントG1へ続く道!? 葵Sに注目!|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1319回 スプリントG1へ続く道!? 葵Sに注目!

2019/5/20(月)

今週は日曜日に大一番の日本ダービーが控えているが、先に土曜日の葵Sにも注目してみたい。昨年重賞に格上げとなったレースだが、2010年から2017年までは同じ京都芝1200mの条件で、オープン特別として行われていた。データとしては十分そろっているので、同レースの傾向を分析していくことにする。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 2010年以降の葵S好走馬

着順 馬名 性別 人気 3角 4角 走破タイム 前半3F 後半3F 前−後
18年 1 ゴールドクイーン 9 1 1 1080 33.9 34.1 -0.2
2 ラブカンプー 6 2 2 1082
2 トゥラヴェスーラ 2 12 12 1082
17年 1 アリンナ 2 1 1 1105 34.9 35.6 -0.7
2 エントリーチケット 1 10 9 1108
3 ショウナンマッシブ 6 3 2 1110
16年 1 ナックビーナス 4 4 3 1079 34.3 33.6 0.7
2 ラズールリッキー 6 1 1 1080
3 ワンダフルラッシュ 10 4 5 1083
15年 1 ジャストドゥイング 8 5 6 1080 34.0 34.0 0
2 フィドゥーシア 4 3 3 1082
3 マジックシャトル 10 2 2 1083
14年 1 リアルヴィーナス 9 6 7 1075 33.4 34.1 -0.7
2 シゲルカガ 5 1 1 1077
3 エルカミーノレアル 10 9 9 1080
13年 1 ティーハーフ 1 15 13 1087 33.9 34.8 -0.9
2 カゼニタツライオン 14 2 2 1087
3 プレイズエターナル 2 6 6 1087
12年 1 マコトナワラタナ 4 10 11 1080 33.9 34.1 -0.2
2 ゴールデンムーン 6 14 14 1082
3 マイネルアダマス 14 9 9 1082
11年 1 ロードカナロア 1 2 2 1093 34.8 34.5 0.3
2 サクラベル 13 11 9 1095
3 ミヤジエムジェイ 6 5 4 1095
10年 1 ケイアイデイジー 3 7 6 1076 33.3 34.3 -1
2 カレンチャン 2 3 3 1076
3 ジュエルオブナイル 9 7 5 1076

※2018年より重賞。10年〜17年はOP特別。

2018/5/26 京都11R 葵ステークス

まずは10年以降に行われた、過去9回の葵S好走馬を見ていくことにする(表1参照)。重賞に昇格した昨年は9番人気の伏兵ゴールドクイーンが逃げ切り勝ちを果たし、2着はラブカンプーとトゥラヴェスーラの同着という結果だった。勝ち馬は現在ダート戦線に進んでいるが、ラブカンプーはその後、サマースプリントシリーズで古馬を相手に善戦を続け、秋にはスプリンターズSでも2着と好走を果たした。

それ以前の好走馬を見ると、ナックビーナスやロードカナロア、カレンチャンといった名前がある。重賞に昇格したことで出走馬のレベルが上がったわけでなく、オープン特別時代から素質ある短距離馬が出走し、好走していたというわけだ。後のスプリントG1につながる可能性があるレースとして、今後も注目していきたい。

好走馬の内訳をあらためて見ると、牝馬が多い。3着以内に好走した27頭中、15頭が牝馬だ。また、近年は逃げ馬の好走が目立つ。昨年1着のゴールドクイーン、17年1着のアリンナ、16年2着のラズールリッキー、14年12着のシゲルカガが連対している。各年のレースラップを調べてみると、明らかに違いがあるものの、結果的には逃げ馬が残っている。

例えば16年はレースの前半3ハロンが34秒3で、後半3ハロンが33秒6というラップだった。後半3ハロンの方が0.7秒も速い、上がりの競馬。芝1200mの重賞としてはかなり遅いペースだった。一方、17年の前後半3ハロンを比較すると、後半の方が0.7秒遅かった。16年とは一転し、速いペースとなったが、それでも逃げ馬が勝った。ペースはあれこれ考えず、ハナを切りそうな馬は常にマークしておきたいところだ。

■表2 葵S出走馬の前走クラス別成績(2010年以降)

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
500万下 2-  3-  1- 30/ 36 5.6% 13.9% 16.7% 28 73
OPEN特別 5-  4-  5- 40/ 54 9.3% 16.7% 25.9% 91 164
G3 0-  1-  1- 15/ 17 0.0% 5.9% 11.8% 0 74
G2 2-  1-  0-  8/ 11 18.2% 27.3% 27.3% 370 140
G1 0-  1-  1-  8/ 10 0.0% 10.0% 20.0% 0 206
重賞 2-  3-  2- 31/ 38 5.3% 13.2% 18.4% 107 127

次は葵S出走馬の前走クラス別成績を調べた(表2参照)。G3とG2、G1を前走重賞組として1つにまとめて、オープン特別組や500万クラス組と比較して考えてみることにする。勝率や連対率、複勝率で見ると、オープン特別組の成績が最もいい。回収率の面でも単勝が91%、複勝が164%とまずまずの数字だ。重賞組と500万組の比較では、勝率・連対率、複勝率ではあまり差がない。しかし、回収率では大きな差があり、重賞組の方が明らかに好配当を見込める。

■表3 前走OP特別組のレース別成績

順位 前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
1 橘S 5- 3- 2-24/34 14.7% 23.5% 29.4% 145 78
2 端午S 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 934
3 マーガレ 0- 0- 2- 9/11 0.0% 0.0% 18.2% 0 68
4 昇竜S 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 385
5 クリスマ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
6 福島2歳 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

ここからは前走のレースを個別に見ていくことにする。まずは前走オープン特別組のレース別成績を調べた(表3参照)。前走橘S組が中心で【5.3.2.24】という成績。勝ち馬はすべて同組から出ている。基本的には橘S組が有力となり、5着以内に入っていた馬を有力視するのがコツ。京都芝1400m→1200mの距離短縮により、上位勢の着順が若干入れ替わる傾向がある。

■表4 前走重賞組の人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
1〜5人気 0- 1- 0-15/16 0.0% 6.3% 6.3% 0 11
6〜 人気 2- 2- 2-16/22 9.1% 18.2% 27.3% 185 212

続いて前走重賞組を見ていく。ファルコンSや桜花賞からくる馬がやや多い傾向。そこでの着順は悪い馬が多く(良い馬はNHKマイルCやオークスに行くため)、あまり気にしないほうがいい。もっともそれは、前走着順だけでは取捨が難しいということを意味する。そこで表4を見ていただきたい。前走重賞組の人気別成績を記したものだが、興味深い傾向が出ている。葵Sで1〜5番人気に支持された馬は【0.1.0.15】で不振なのに対し、6番人気以下だった馬が【2.2.2.16】という成績なのだ。人気は前走だけでなく、それ以前の成績も考慮されて形成されるものだが、なぜか上位人気馬が全く走っていない

■表5 前走500万クラス組の人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
1〜5人気 2- 2- 0- 9/13 15.4% 30.8% 30.8% 77 70
6〜 人気 0- 1- 1-21/23 0.0% 4.3% 8.7% 0 74

一方、前走500万クラスの人気別成績を見ると、前走重賞組とは対照的な傾向が出ている。1〜5番人気に支持された馬が【2.2.0.9】という成績。回収率は70%程度だが、連対率は約30%ある。しかし、6番人気以下だった馬は【0.1.1.21】という成績。前評判が高い馬ほど好走しやすい傾向が出ている。前走500万クラスを勝利して勢いがあり、また、そのレース内容が今回の前評判につながっているはず。勝ちっぷり=人気と考えるなら、取捨はしやすいようだ。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)