競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報トップ > 記事一覧 > 競馬のボックス買いと流し買いについて解説

馬券のボックス買いとながし買いについて解説

目次

馬券のボックス買いとは?

「ボックス買い」とは、選択した馬番(または枠)の組み合わせをすべて、同一金額で購入する方法です。

馬連4頭ボックス

「ボックス買い」とは、馬連や3連複など「組み合わせ」のある馬券式別で、選択した馬番(または枠)の組み合わせをすべて、同一金額で購入する投票法のことです。馬単や3連単では、順番を入れ替えた組み合わせもすべて購入します。マークカードは赤のカードの「ボックス」面に記入します。具体的な例をいくつか紹介しましょう。

馬連で馬番「1番、2番、3番、4番」の馬をボックス買いした場合の買い目

  • 1−2
  • 2−3
  • 1−3
  • 2−4
  • 1−4
  • 3−4
馬単で馬番「1番、2番、3番、4番」の馬をボックス買いした場合の買い目
  • 1→2
  • 3→1
  • 1→3
  • 3→2
  • 1→4
  • 3→4
  • 2→1
  • 4→1
  • 2→3
  • 4→2
  • 2→4
  • 4→3
3連複で馬番「1番、2番、3番、4番」の馬をボックス買いした場合の買い目
  • 1−2−3
  • 1−2−4
  • 1−3−4
  • 2−3−4
3連単で馬番「1番、2番、3番」の馬をボックス買いした場合の買い目
  • 1→2→3
  • 2→1→3
  • 3→1→2
  • 1→3→2
  • 2→3→1
  • 3→2→1

 最後の3連単だけは「1番、2番、3番」3頭のボックス買いになっています。もし3連単で「1番、2番、3番、4番」の4頭をボックス買いすると、買い目は計24点になります。

 ボックス買いでは、マークした馬(枠)から2頭が2着以内(枠連、馬連、馬単)、2頭が3着以内(ワイド)、3頭が3着以内(3連複、3連単)に入れば、馬券は的中になります。ただし枠連ではゾロ目の「1−1」や「8−8」などは含まれませんので、注意が必要です。また、同着があった場合、枠連、馬連、馬単での2着馬同士や、ワイド、3連複、3連単で3着馬が2頭以上含まれる組み合わせは不的中となります。

 なお、ボックス買いの対象になる馬券式別は、2頭(枠)、または3頭の組み合わせに投票する枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単の6種類です。「組み合わせ」のある馬券が対象になりますので、1頭1頭投票する単勝や複勝にボックス買いはありません。

馬券のながし買いとは?

「ながし買い」とは、「軸」に据える馬を1頭、または2頭(3連複、3連単のみ)決め、その軸馬と、相手に選択した馬との組み合わせを購入する方法です。

馬連流し

 馬券の「軸」にする馬を決め、その「軸馬」と「相手」に選択した馬との組み合わせを購入するのが「ながし買い」です。「軸」に据える馬は1頭、または2頭(3連複、3連単のみ)で、「組み合わせ」を購入するため、単勝や複勝にながし買いはありません。枠連の場合は馬番ではなく枠番で選択します。

 また、順番通りに当てる馬単と3連単では、軸馬を1着、2着、3着(3連単のみ)のいずれかに据えます。3連単で軸2頭の場合は、その2頭の着順が重ならないように選択します。

「ながし」馬券をマークカードで購入する際はいずれも青のカードで、馬券式別によって「連複ながし」(枠連、馬連、ワイド、3連複)か、「連単ながし」(馬単、3連単)の面に記入します。

馬連で軸を1番、相手に2番〜5番を選択した場合
馬連流し
  • 1−2
  • 1−3
  • 1−4
  • 1−5
馬単で1番を軸とし、2〜5番を相手に選択した場合
1着ながし
馬単流し
  • 1→2
  • 1→3
  • 1→4
  • 1→5
2着ながし
馬単流し
  • 2→1
  • 3→1
  • 4→1
  • 5→1
3連複の軸1頭で、軸を1番、相手に2〜5番を選択した場合
3連複軸1頭流し
  • 1−2−3
  • 1−2−4
  • 1−2−5
  • 1−3−4
  • 1−3−5
  • 1−4−5
3連複の軸2頭で、1番と2番を軸、3〜5番を相手とした場合
3連複軸2頭流し
  • 1−2−3
  • 1−2−4
  • 1−2−5
3連単の軸1頭ながしで、1番を1着軸、相手を2〜4番とした場合
3連単1着軸流し
  • 1→2→3
  • 1→2→4
  • 1→3→2
  • 1→3→4
  • 1→4→2
  • 1→4→3
3連単の軸2頭ながしで、1番を1着軸、2番を2着軸とし、相手に3〜5番を選択した場合
3連単1着軸2着軸流し
  • 1→2→3
  • 1→2→4
  • 1→2→5

 なお「連単ながし」では、軸と相手の順番を入れ替えた買い目にも投票する「マルチ投票」も行えます。

馬単マルチで1番を軸、相手に2〜4番を選択した場合
馬単マルチ
  • 1→2
  • 2→1
  • 1→3
  • 3→1
  • 1→4
  • 4→1

 馬単をマルチで購入した際に、的中する組み合わせは馬連ながしと同じ。3連単マルチで的中するのは3連複と同じです。ただし、馬単や3連単には「順番」があるため、相手の数が多いと、馬連や3連複に比べ買い目が大幅に増えるので注意が必要です。特に「3連単軸1頭マルチ」は、相手がわずか4頭でも36通りにもなります。

関連項目:「3連単マルチ」とは?

馬券を買うなら「ながし買い」と「ボックス買い」どちらがおすすめ?

「ながし買い」に適しているのは、軸馬を決めやすいレース。「ボックス買い」は軸馬を決めづらくても、馬券候補全体の頭数を絞りやすいレースに適しています。

ながし買いに適したレースは?

「ボックス買い」と「ながし買い」にはそれぞれにメリットとデメリットがあり、レースによっておすすめの買い方は異なります。

 まず、ながし買いに適しているのは、軸馬を決めやすく、相手が絞りづらいレースです。軸馬は馬連なら「2着以内に入る確率が高そうな馬(1頭)」、3連複なら「3着以内に入る確率が高そうな馬(1頭または2頭)」。馬単や3連単なら「1着になる確率が高そうな馬」がいるときに利用するのが一般的です。

 ただ、出走馬の中に「詰めが甘くて勝てそうにはないけれど、2着になる確率は高そう」という馬がいれば、馬単や3連単の「2着ながし」を買う手もあります。また、相手候補を数頭に絞れるレースであれば、ながし買いにはせず1点1点マークして(緑のカード)、買い目ごとのオッズに応じて購入金額を調整するほうが良いでしょう。

ボックス買いに適したレースは?

 一方、ボックス買いに適しているのは、ながし買いとは逆のパターン。「軸に据えられるほどの馬はいないけれど、有力馬は数頭に絞れる」というレースです。ボックス買いでは、買いたい馬すべての組み合わせを購入するため、軸馬を決められないレースでも、選択した馬が1〜2着や1〜3着を占めさえすれば、馬券は的中します(ワイドは1〜3着のうち2頭)。

 ただし、ボックス買いはながし買いに比べ、買い目の点数が増えやすいというデメリットがあります。「軸馬が見つからず、有力馬も絞りづらい」というレースでは、買い方を変えるのではなく、馬券そのものの難易度を落とし、1〜3着に入る馬のうち1頭を当てる複勝(7頭立て以下では1〜2着)や、2頭を当てるワイドがオススメです。

「確率」を考えて買い方や馬券式別を選ぶ

 ここまでの説明の中で「1着になる確率」「2着以内に入る確率」など、何度か「確率」という言葉が出てきました。よく「競馬に絶対はない」と言われますが、どんなに予想上手な人でも、レース前にわかるのは「勝つ馬」ではなく「勝つ確率が高いか低いか」なのです。

 たとえば、2018年の中央競馬全レースで、単勝1番人気馬が勝った割合(勝率)は31.8%でした。ファンが「このレースでもっとも勝つ確率が高い」と考えた馬でさえ、3分の2以上は敗れているのです。これが2番人気馬なら勝率は20.5%、3番人気馬は13.3%、そして4番人気になると10.1%と、10回に1回しか勝てなくなります。一方で、1番人気馬が2着以内に入る確率は51.1%、3着以内に入る確率は63.7%ありました。

 果たして、自分の選んだ軸馬は本当に勝つ確率が高いのか。ツキがなければ、1着の軸に据えた馬が写真判定の末ことごとく敗れてしまう、という日もあるものです。軸馬にあまり自信が持てないレースならば、ながし買いではなくボックス買いにしたり、馬券の難易度を下げたりするなど、臨機応変に対応していくのが良いでしょう。

ベテラン競馬ファンはボックス買いをしない?

「軸馬」を決められるレースに適しているのは「ながし買い」。ベテランの競馬ファンはその「軸馬」を発見する能力に長けているので、余分な買い目が含まれる「ボックス買い」にはあまり手を出さない傾向があります。

 選択する馬さえ間違えなければ、どんな組み合わせで決着しても的中するのがボックス買い。しかしベテランの競馬ファンの中には、ボックス買いには「ムダ」があると考える人も多くいます。

 長く競馬を楽しんでいると、そのうち、有力馬の中でも特に好走する確率が高そうな馬や、特に勝つ確率が高そうな馬、つまり「軸馬」を見極める眼力が養われていくものです。そうなると、たとえば「2着以内の有力馬」が4頭いるレースでも、馬連4頭ボックス6点を買うのではなく、軸馬1頭から相手3頭へのながし馬券(3点)を買えば済むようになり、残りの3点は「ムダ」に感じるのです。

 買い目を減らせば1レースあたりの購入金額を抑えることもできますし、トータルの購入金額はそのままにして、1点あたりの金額を増やすこともできます。1レースの予算が1200円なら、ボックス買い6点なら1点あたり200円。しかし、ながし買いの3点で収めれば1点あたり400円購入できるので、的中したときの払戻金も倍になるのです。

 また、買い目を減らすことで「馬券は当たったけどマイナスだった」というケース、いわゆる「トリガミ」になる可能性を下げることもできます。ボックスの6点買いでは最低でも6倍(600円)つかなければ、たとえ的中してもマイナスになってしまいます。しかし3点ながしであれば、3倍(300円)以上つけばプラスになります。

 このように、馬券は「的中する」ことと同じくらい「買い目を減らす」ことも重要です。そのため、軸馬を発見する能力に長けたベテランファンは、あまりボックス買いには手を出さないのです。

おすすめのボックスの買い方!

ボックス買いでは、馬連や3連複で選択する馬を6頭前後に抑え、買い目の点数があまり増えすぎないようにすることが重要です。

買い目の点数を減らすことを意識する

 ボックス買いのデメリットは、選択した馬の数が増えれば増えるほど、買い目の点数がふくれあがっていくことです。いったいどれほどになるのか、見てみましょう。

マーク数2点3点4点5点6点7点8点
枠連・馬連・ワイド13610152128
馬単261220304256
3連複-1410203556
3連単-62460120210336
マーク数9点10点11点12点13点14点15点16点17点18点
馬連・ワイド364555667891105120136153
馬単7290110132156182210240272306
3連複84120165220286364455560680816
3連単5047209901320171621842730336040804896
マーク数9点10点11点12点13点
馬連・ワイド3645556678
馬単7290110132156
3連複84120165220286
3連単50472099013201716
マーク数14点15点16点17点18点
馬連・ワイド91105120136153
馬単182210240272306
3連複364455560680816
3連単21842730336040804896

 馬券式別によっても大きく異なりますが、8頭ボックスでは、買い目がもっとも少ない馬連などでも28点。最多の3連単ではなんと336点にもなり、穴馬が少なくとも1頭は馬券に絡まなければ、馬券作戦として成立しません。

馬券式別は馬連か3連複が無難

 点数を抑えるためにまず考えられるのは、馬連や3連複を選択することです。表にあるように、3連単は候補馬が増えると点数も膨大になります。馬単はそれほどではありませんが、単純に「馬連の倍」になるため、やはり候補馬が増えれば馬連との点数差は広がります。

 そもそも馬単や3連単は、1〜2着、または1〜3着に入る馬を「順番通りに」当てる馬券で、その順番が関係なくなるボックス買いとは相反します。このことからも、ボックス買いの馬券式別は馬連や3連複が中心になります。

候補馬で目移りしてしまうレースに手を出さない

 その馬連や3連複の点数を細かく見てみましょう。選択した頭数が少ないときは、馬連より3連複のほうが点数は少なく、5頭になると10点で並びます。そして6頭で馬連と3連複が逆転し、以降はどんどん差が開いていきます。

 この点数を見ると、3連複のボックスを買うなら「3着以内に入りそうな馬」が5頭(10点)、あるいは多くても6頭(20点)には絞れるレースが無難です。馬連のボックスならやや難しいレースで、「2着以内に入りそうな馬」が7頭(21点)程度までになるでしょうか。予算や買い目のオッズによっては、さらに少なく抑える必要があるレースも出てくるでしょう。

 いずれにしても、出走馬の半数ほどが「候補馬」にあがるようなレースはボックス買いには適しません。逆に4点や6点で済むのであれば、1点ずつバラバラに買い、買い目のオッズに応じて購入金額を調整したいものです。候補馬がさほど多くはならず、同時に「すべての買い目を同一金額でまとめて購入したい」レースが、ボックス買いに適したレースです。

この章のまとめ

「ながし買い」と「ボックス買い」には、それぞれメリットとデメリットがありました。ベテランのファンは点数を抑えられる「ながし買い」を選ぶ傾向が強いですが、そこには信頼できる軸馬を見極める眼力が必要です。競馬をはじめたばかりのころは「この馬で間違いない!」と思っても、レースが終わればそれが間違いだった、という事態も多々起こるものです。

 そんなベテランと初心者の「差」を埋める手助けになるのが、デジタル化されたデータです。1番人気の馬が勝つ確率は? この騎手がこの競馬場で3着以内に入る確率は? 競馬情報提供サービスJRA-VANを活用して、そんな疑問をひとつひとつ解決していくと、それぞれのレースでベストな馬券式別、買い方が自然とわかるようになってくることでしょう。

PROFILE

浅田 知広競馬ライター

1970年、埼玉県生まれ。タブロイド紙のレース部、競馬データベース会社を経て、現在はフリーの競馬ライター。JRA-VAN DataLab.に対応した競馬ソフトを活用した原稿も数多く執筆している。

トップ > JRA-VAN広場 > 記事一覧 > 競馬の基本と馬券の買い方

PAGE TOP