ラヴズオンリーユー 日本調教馬として歴史的快挙を連発した名牝

ラヴズオンリーユー
Photo by Masamitsu Tsuchiya
性別
出生年月日 2016年3月26日
毛色 鹿毛
ディープインパクト
ラヴズオンリーミー
競走成績 16戦8勝 (中央:12戦5勝、海外:4戦3勝)
獲得賞金 9億1394万8700円
表彰歴 2021年 最優秀4歳以上牝馬、エクリプス賞最優秀芝牝馬
主な勝鞍 2021年 ブリーダーズカップフィリー&メアターフ G1
2021年 香港カップ G1
2021年 クイーンエリザベス2世カップ G1
2019年 オークス G1
2021年 京都記念 G2
厩舎 矢作芳人(栗東)
生産者/産地 ノーザンファーム (安平町)
馬主 勝負服 DMMドリームクラブ株式会社
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

ラヴズオンリーユーは競走馬としても繁殖牝馬としても歴史的な名牝ミエスクの血を引く母ラヴズオンリーミー(その父ストームキャット)、日本が誇る最強馬ディープインパクトを父に北海道・安平町のノーザンファームで誕生。その体に宿した血の力で、文字通りに世界規模の成功を収めた。

ラヴズオンリーユーの世界的な成功は運命に導かれたものなのかもしれない。この世に生を受けた2016年3月26日は、全兄リアルスティールがドバイターフで悲願のG1初制覇を飾った日でもある。両馬を管理した矢作芳人調教師にとっても初の海外G1タイトルで、これを機に海外遠征で苦戦してきた厩舎の潮目が変わった。

ラヴズオンリーユーの競走生活は華麗な血統にふさわしく完ぺきな形で幕を開けた。11月のデビュー戦から2連勝で2歳戦を終えると、明け3歳初戦の忘れな草賞を3馬身差の完勝で首尾よくオークスのゲートにたどり着く。迎えた大一番も勝ちパターンのカレンブーケドールを強靭な末脚でねじ伏せ、無傷の4連勝で世代の頂点に立った。

しかし、快進撃は突然止まってしまう。蹄の炎症で秋華賞の回避を余儀なくされ、秋はエリザベス女王杯へ直行するも3着で初黒星。明け4歳はドバイに遠征したものの、新型コロナウイルスの影響により戦わずして帰国し、仕切り直しのヴィクトリアマイル以降も5連敗を喫する。オークスで下したカレンブーケドールやクロノジェネシス、桜花賞馬のグランアレグリアら同世代の牝馬たちが活躍を続ける影で、ラヴズオンリーユーは存在感を失っていった。

トンネルを抜けたのは5歳初戦の京都記念だった。長く脚を使い、最後にもうひと伸び利かせるラヴズオンリーユーらしい末脚で1年9か月ぶりの白星を手にすると、次戦では前年に開催中止の憂き目を見たドバイシーマクラシックで激闘の末に小差の3着。これで完全復活を印象づけると、香港に直行してクイーンエリザベス2世Cを快勝し、兄妹での海外G1制覇を成し遂げた。

帰国後は札幌記念をひと叩きしてからアメリカのBCフィリー&メアターフに挑戦し、ゴール前の差し切りでBC制覇を果たすと、引退レースの香港Cもゴール前の逆転劇で海外G1レース年間3勝を達成。年が明けて2022年1月30日に東京競馬場で引退式が行われ、その約2週後には米エクリプス賞受賞(最優秀芝牝馬)と、日本調教馬初の快挙を連発して華々しくターフに別れを告げた。

関連競走馬

一覧に戻る
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう