ホッコータルマエ 人気薄の大敗デビューからダート王者へ君臨

ホッコータルマエ
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 2009年5月26日
毛色 鹿毛
キングカメハメハ
マダムチェロキー
競走成績 39戦17勝 (中央:17戦6勝、地方19戦11勝、海外:3戦0勝)
獲得賞金 10億7870万6000円
表彰歴 2015年 ダートグレード競走特別賞
2014年 最優秀ダートホース、ダートグレード競走特別賞
2013年 ダートグレード競走特別賞
主な勝鞍 2014年 チャンピオンズカップ G1
2013年・2014年 東京大賞典 G1
2014年〜2016年 川崎記念 Jpn1
2013年 かしわ記念 Jpn1
2013年・2015年 帝王賞 Jpn1
2013年 JBCクラシック Jpn1
2013年 アンタレスステークス G3
2012年 レパードステークス G3
厩舎 西浦勝一(栗東)
生産者/産地 市川フアーム (浦河町)
馬主 勝負服 北幸商事
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

父キングカメハメハ、母マダムチェロキー(母の父チェロキーラン)の間に北海道・浦河町の市川ファームで2009年に生まれたホッコータルマエ。2010年の北海道セレクションセール1歳で1575万円に落札されると、ドバイWCに3年連続で遠征するなどタフネスを武器にダート戦線で頂点を極めた。

明け3歳の1月に迎えたホッコータルマエのデビュー戦は単勝107.7倍の11番人気。結果は11着という厳しい船出となった。しかし、2戦目は見違える内容で勝ち上がってみせる。

新馬戦から半年後には古馬混合の条件戦で3勝目。次戦のジャパンダートダービーで重賞に初挑戦し、続くレパードSで初タイトルを手にする。その後、11月のみやこSから再始動すると古馬に一歩及ばない結果が続いたものの、5歳のフェブラリーSまでの14か月で16戦し、いずれも3着以内とタフかつ堅実無比に活躍。明け4歳から怒とうの快進撃を始めた。

4歳2月の佐賀記念で2度目の重賞制覇を飾ったホッコータルマエは、5月のかしわ記念でG1級(Jpn1)初勝利を挙げ、6月の帝王賞も制してダートのトップホースへ出世。かしわ記念以降はG1級のみに出走し、引退まで最高峰で戦い続けることなる。秋の復帰からはJBCクラシックと東京大賞典、5歳初戦の川崎記念で3勝。中央G1制覇の宿題を残すことになったものの、一足飛びにドバイWCで世界へ挑んだ。

ところが、未経験のオールウェザー(AW)走路の影響もあったためか、生涯最悪の16着に大敗。レース後にはストレス性の腸炎を発症し、現地で入院加療の事態に見舞われる。復帰には7か月を要したが、叩き2戦目のチャンピオンズCで待望の中央G1制覇を飾り復活。この年のJRA賞で最優秀ダートホースを受賞する。さらに東京大賞典と川崎記念をそれぞれ連覇して再びドバイWCへ挑戦すると、AWからダートに変わった走路で5着に粘り前年のイメージを払しょくした。

帰国初戦では帝王賞を2年ぶりに制覇。若い力の台頭もあり秋は3連敗に終わったものの、7歳初戦の川崎記念で3連覇を果たすと同時に史上最多(当時)のG1級10勝を達成し、これが最後の勝利となった。その後もドバイWCに3年連続で参戦するなど元気な姿を見せていたが、チャンピオンズCの直前に脚部不安を発症して種牡馬入りした。

関連競走馬

ライバル

一覧に戻る
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう