メジロラモーヌ ミス・パーフェクト

メジロラモーヌ
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1983年4月9日
毛色 青鹿毛
モガミ
メジロヒリユウ
競走成績 12戦9勝
獲得賞金 3億1192万100円
表彰歴 1987年 顕彰馬
1986年 最優秀4歳牝馬
1985年 最優秀3歳牝馬
主な勝鞍 1986年 エリザベス女王杯 G1
1986年 オークス G1
1986年 桜花賞 G1
厩舎 奥平真治(美浦)
生産者/産地 メジロ牧場 (伊達市)
馬主 勝負服 メジロ牧場
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

安定したレースと圧倒的な勝利を連ね、パーフェクトと称された馬は数多い。が、牝馬に限ればメジロラモーヌほどその称号にふさわしい存在はいないだろう。

1983年、青鹿毛の品のいい馬体、額には大きな流星が走る見栄えの良さをともなって北海道・メジロ牧場で生まれたメジロラモーヌは、1985年秋にデビューを迎え、走るたびに評価を高めていくことになる。

新馬戦では2着に大差をつけ、2戦目・京成杯3歳Sでは牡馬のダイシンフブキに屈して4着に終わるも、寒菊賞をあっさりと勝ち、テレビ東京賞3歳牝馬Sではダイナフェアリーを並ぶ間もなく差し切って3馬身半差の圧勝。結局4戦3勝でこの年の最優秀3歳(現2歳)牝馬に選出される。

明けて1986年初戦のクイーンCでは4着に敗れたが、続く4歳牝馬特別、鞍上に河内洋騎手を迎えてからが、メジロラモーヌの“パーフェクト街道”の始まりだった。

まずはこの桜花賞トライアル、完全な勝ちパターンに持ち込んだチュウオーサリーを、およそ届きそうもない位置から怒涛の末脚で差し切る。本番・桜花賞も豪快な差し切りで1番人気に応えてみせた。

その後メジロラモーヌはオークスに直行することはせず、なんと3週後のオークストライアルに出走、ここも鮮やかに勝ってみせる。直線の坂を駆け上がりながら抜け出し、同じように伸びたダイナアクトレスを最後に1馬身半ねじ伏せる完勝レースだった。

オークスも磐石。中団馬群の真ん中で脚をためたメジロラモーヌは、4コーナーで早くも先行勢を射程圏に捉え、直線では馬場の中央に持ち出されると、坂下、ほんの少し気合いをつけられただけで先頭へと踊り出る。そこからは完全に独壇場だ。ダイナアクトレスを突き放し、追い込んだユウミロクには2馬身半の差。堂々の勝利で10年ぶりとなる牝馬二冠を成し遂げたのである。

秋シーズン、いよいよ偉業達成の瞬間がやってきた。初戦・ローズSを勝利したメジロラモーヌは、当然のように1番人気を背負ってエリザベス女王杯へ。この一戦はメジロラモーヌにとって、もっとも苦しく、だがもっとも気迫のこもったレースといえただろう。

逃げるマチカネエルベに4コーナーで並びかけると、直線入口ではもう抜け出す。そのまま懸命に粘り抜き、1完歩ごとに差を詰めるスーパーショットを2分の1馬身振り切ってのゴール。何が何でも。そんな執念すらうかがえる押し切り勝ちだった。

桜花賞、オークス、エリザベス女王杯の牝馬三冠(当時は秋華賞の創設前)と、それらのトライアルもすべて制するという完全なキャンペーンを終えたメジロラモーヌ。もちろん最優秀4歳(現3歳)牝馬に選ばれ、翌1987年には顕彰馬にも選出された。

パーフェクトな道のりを、永遠に競馬史に刻んだのである。

関連競走馬

ライバル

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう