ナリタトップロード 喜びと挫折の歴史

ナリタトップロード
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1996年4月4日
毛色 栗毛
サツカーボーイ
フローラルマジック
競走成績 30戦8勝
獲得賞金 9億9011万2000円
表彰歴 なし
主な勝鞍 1999年 菊花賞 G1
2002年 京都大賞典 G2
2001年・2002年 阪神大賞典 G2
2002年 京都記念 G2
1999年 弥生賞 G2
1999年 きさらぎ賞 G3
厩舎 沖芳夫(栗東)
生産者/産地 佐々木牧場 (門別町)
馬主 勝負服 山路秀則
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

何度となく大レースに挑戦し、念願のタイトル獲得。関係者はもちろん、応援し続けたファンも喜びに沸く瞬間だ。しかし一方で、2年、3年と挑戦を続けながら、報われることなくターフを去る馬がその何倍もいることもまた事実。そんな喜びと、挫折をともに味わったのがナリタトップロードだった。

デビューは98年の12月。2戦目の新馬戦を勝ち上がると、4戦目のきさらぎ賞でエイシンキャメロンを下し重賞初制覇。さらに弥生賞では、アドマイヤベガを抑えて重賞連勝を飾り、クラシックの有力候補へと浮上した。

迎えた三冠第一弾・皐月賞はアドマイヤベガに続く2番人気。中団追走からじりじりと脚を伸ばしたものの、大外からテイエムオペラオーが強襲、そして先に抜け出した同馬主のオースミブライトも捕らえられずに3着敗退。昼過ぎからの雨に湿った馬場は飛びの大きなこの馬には不向きで、全力を出し切れずに終わった一戦だった。

良馬場、そして広い東京コースなら。皐月賞では敗れたナリタトップロードだったが、続く日本ダービーではファンはこの馬を1番人気へと押し上げた。道中は皐月賞馬・テイエムオペラオーをマークするように進み、残り200mでこれを競り落として先頭へ。しかし、さらに外から迫っていたのがアドマイヤベガだった。激しい叩き合いの末、クビ差屈して2着。春シーズンは無冠のまま終えることとなってしまった。

秋初戦、京都新聞杯もナリタトップロードはアドマイヤベガの2着に敗退。「同じ競馬を続けていては勝てない」。そんな声が大きくなりつつなる中、菊花賞で鞍上・渡辺薫彦騎手は、長く脚を使えるという持ち味を引き出す先行策に打って出た。道中4〜5番手を追走すると、直線残り300mで先頭に立つ積極策。ゴール前はテイエムオペラオーとラスカルスズカが並んで迫ったが、この追撃をクビ差で振り切って先頭でゴールイン。三冠最後の一戦で、ついに念願のG1タイトルを獲得したのだ。

菊花賞でナリタトップロードを勝利に導いた渡辺薫彦騎手は当時デビュー5年目。三度チャンスを与えた師匠・沖芳夫調教師の期待に報いる勝利、そして応援し続けたファンに応える大きなガッツポーズ。さらにタイトルのひとつでも重ねれば、数多いG1馬の1頭として「めでたしめでたし」という話である。

だが、ナリタトップロードにとって菊花賞が最初で最後のG1勝ちとなってしまった。特に、天皇賞(春)では3年連続で僅差の3着。道悪や、東京の改修による苦手な中山での代替開催、そして落馬のアクシデントなどもあって、他のG1でも02年の天皇賞(秋)2着が最高の成績に終わってしまったのだ。

しかし、6歳の有馬記念まで大レースに挑戦し続け、走るたびに見るものの心を掴んでいった。獲得したタイトルはひとつでも、愛されたファンの数ならどんな名馬にも引けを取らない。菊花賞からちょうど6年後の05年11月7日、天に召されたナリタトップロードは、今でもファンの心の中を走り続けている。

関連競走馬

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう