メイショウドトウ 6度目の挑戦で超えた「壁」

メイショウドトウ
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1996年3月25日
毛色 鹿毛
Bigstone
Princess Reema
競走成績 27戦10勝
獲得賞金 9億2133万4000円
表彰歴 なし
主な勝鞍 2001年 宝塚記念 G1
2001年 日経賞 G2
2000年 オールカマー G2
2000年 金鯱賞 G2
2000年 中京記念 G3
厩舎 安田伊佐夫(栗東)
生産者/産地 P. Hardy (愛)
馬主 勝負服 松本好雄
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

「G1を勝つ力がある」ことが、実際に「G1を勝つ」ことには直結しないのが競馬の世界。特に同世代に強敵が存在すると、「相手が悪かった」では片付けられない悔しい敗戦が続くことになる。メイショウドトウは、テイエムオペラオーという強敵に何度となく挑戦をはね返されながら、ついにG1タイトルを手にした馬だった。

メイショウドトウのデビューは3歳(現表記)を迎えた99年の1月。この年は重賞出走こそならなかったものの、11戦4勝と順調に勝利を重ねてオープン入りを果たした。

翌00年は日経新春杯で2着に好走すると、続く中京記念は好位から楽々と抜け出して3馬身差をつけて重賞初制覇。さらに日経賞3着、オープン1着を経て、金鯱賞で2つ目の重賞タイトルを手中にする。これで年明け5戦3勝、重賞2勝。上り調子で宝塚記念へと駒を進め、そしてテイエムオペラオーと初めて相まみえることになる。

宝塚記念は、前走の天皇賞(春)で2つ目のG1勝ちを挙げたテイエムオペラオーが断然人気。しかし勝負どころの手応えが悪く、2番手につけたメイショウドトウにチャンスが訪れたかと思われた。ところが、直線に向くと外からテイエムオペラオーもじわじわと脚を伸ばし、間にジョービッグバンを挟んで3頭の激しい叩き合いに。最後は半馬身突き放され惜しい星を落としたものの、G1初挑戦としては大健闘の2着だった。

この好内容ならいつか勝機は訪れる、そう考えたファンも多かったことだろう。しかし、メイショウドトウは秋もテイエムオペラオー相手に悔しい敗戦を続けることになる。天皇賞(秋)では残り200mで外から一気に差しきられ、ジャパンCはファンタスティックライトも交えた3頭の接戦で僅かに遅れを取った。さらに有馬記念は、クビの上げ下げにまで持ち込んだもののハナ差の2着。宝塚記念の「大健闘」から、いつしかテイエムオペラオーが「超えられない壁」となっていた。

再挑戦の舞台は翌年の天皇賞(春)。過去の4連敗から一転、今度はテイエムオペラオーの後ろからレースを進めたメイショウドトウだったが、追えども届かぬ半馬身差。戦法を変えても結果は同じ、逆転の目は残されていないかと思わせる一戦となってしまった。

そんな中で行われた宝塚記念。メイショウドトウは前年の6番人気から2番人気となったものの、あくまで「2番目」に過ぎなかった。ところが、テイエムオペラオーは前年同様に勝負どころでの反応が悪く、メイショウドトウは前年以上に積極的なレース運びから直線坂下で先頭へ。最後は差を詰められたものの、初挑戦からちょうど1年にして念願のG1タイトル獲得、そしてテイエムオペラオー撃破を成し遂げたのだ。

「壁」を超えられなかった馬にもドラマはある。しかし、競馬史に名を残せるのは壁を乗り越えたものたちだ。6度の挑戦でついに壁を打ち破ったメイショウドトウは、記憶に残る名馬から、記録にも名を刻む名馬となった。

関連競走馬

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう