メジロパーマー 逃げ馬はグランプリがお好き

メジロパーマー
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1987年3月21日
毛色 鹿毛
メジロイーグル
メジロフアンタジー
競走成績 38戦9勝
獲得賞金 5億3674万2200円
表彰歴 1992年 最優秀5歳以上牡馬
1992年 最優秀父内国産馬
主な勝鞍 1992年 有馬記念 G1
1992年 宝塚記念 G1
1993年 阪神大賞典 G2
1992年 新潟大賞典 G3
1991年 札幌記念 G3
厩舎 大久保正陽(栗東)
生産者/産地 メジロ牧場 (伊達市)
馬主 勝負服 メジロ牧場
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

また、お前か!? 1992年・第37回有馬記念のゴールを、ファンは呆れながら、あるいは自分の不明を恥じながら見守るしかなかった。

勝ったのは16頭立て15番人気、単勝オッズ49.4倍の伏兵メジロパーマーである。

人気がなかったのも無理はない。このレース、4歳勢にはジャパンカップで復活の世界制覇を果たしたばかりのトウカイテイオーや安定感抜群のナイスネイチャがいた。3歳には、菊花賞でミホノブルボンの三冠を阻止したライスシャワーがいた。ジャパンカップ4着のレガシーワールド、5着のヒシマサルという2頭の無冠の大器もいた。

これらに対して5歳秋シーズンを迎えたメジロパーマーといえば、凡走の連続。京都大賞典では9着、天皇賞・秋では17着の大敗。逃げてはバテるの繰り返しで「ここでも、すぐに潰れる」と思われていたのだ。

だが、決して軽く見てはいけない馬だったはずである。

デビューからこの年の春まで、メジロパーマーの成績は25戦5勝、重賞勝ち鞍は札幌記念のみ。数字的には平凡だが、内容は紆余曲折だった。

2歳夏のコスモス賞で早々にオープン勝ちを飾ったものの、以後は12連敗。4歳夏に待望の重賞勝利をあげても出世できず、障害入りも試みたが、「障害をナメている」と陣営に判断されて平地に逆戻りだ。

ダートも走った。1200m戦の次走が2400m戦ということもあった。1400m戦をたたいて春の天皇賞というローテーションもあった。

同期のメジロライアンやメジロマックイーンの活躍を横目で見ながら、苦戦を続ける毎日。およそGIウィナーになるとは思えぬ道のりをメジロパーマーは歩んでいた。

それが激変したのが26戦目、重賞2勝目となった新潟大賞典だ。2着を4馬身引きちぎっての逃げ切り勝ち。この1勝が、メジロパーマーに自信を与えることになる。

続く宝塚記念でも逃げ切っての勝利。9番人気の評価をあざ笑うかのように、2着に3馬身差、3着はさらに4馬身後ろという完勝でGI初制覇を果たす。

さすがにマークがキツくなって、京都大賞典ではオースミロッチに絡まれ、天皇賞・秋でもダイタクヘリオスとのハナ争いを演じて大敗ということになったが、GI級の逃げ脚を持つことは事実。それを有馬記念で、遺憾なく発揮してみせるのである。

ダイタクヘリオスと競り合いながらも、余力たっぷりに4コーナーを回ったメジロパーマーは、そのままゴールへ一目散。後方の人気各馬に伸びはない。ようやくレガシーワールドが急追してきたが、メジロパーマーも力を振り絞ってハナ差だけ先着を果たす。

紆余曲折の競走馬生活で身につけたたくましさが渾身の粘りを呼び、メジロパーマーは、春秋グランプリ連覇という大快挙を成し遂げたのであった。

関連競走馬

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう