競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第81回 桜花賞G1特集 第81回 桜花賞

レース情報

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > 桜花賞 > 2021 > レース情報

桜花賞とは?

レース情報

3歳牝馬クラシック三冠の一冠目、桜花賞。仁川の桜を背景に芝1600mを先頭で駆け抜けるのは?

3歳牝馬クラシック開幕戦

イギリスの1000ギニーに範をとり、優秀な牝馬の選定のため、1939年に4歳(旧表記)牝馬限定の「中山四歳牝馬特別」を創設。当初は中山競馬場・芝1800mで行われていた。戦争による中断を挟み、47年に京都競馬場で再開。現名称の『桜花賞』に改称され、距離も現在の芝1600mに短縮された。50年より現行の阪神競馬場で施行されている。

84年のグレード制導入ではG1に格付け。桜咲く仁川のターフを舞台に、3歳クラシックの開幕戦として定着している。95年には指定交流競走に指定。地方所属馬にも出走が認められるようになり、同年には初めて笠松所属のライデンリーダーが出走した。また、04年からは外国産馬にも門戸を開放し、08年からは7頭まで出走可能となった。10年からは国際競走に指定されている。今年桜の女王に輝くのはどの馬か、注目のレースだ。