競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第81回 桜花賞G1特集 第81回 桜花賞

血統分析

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > 桜花賞 > 2021 > 血統分析

父ディープ×母牝馬三冠アパパネのアカイトリノムスメが筆頭格!

1)ディープインパクトを筆頭にSS系が中心

5勝・2着4回のディープインパクト産駒を筆頭に、父サンデーサイレンス(SS)系と桜花賞との相性は良好。デアリングタクトの父はエピファネイア(非SS系のヘイルトゥリーズン系)、ミスタープロスペクター系も2勝していて、この両系統にも勝機はある。

系統以外では、連対馬の父の多くが東京で1600mか2400mのG1を勝っているのもポイントだ。

◎プラス評価……父ディープインパクト
 ○プラス評価……父SS系〜ヘイルトゥリーズン系/父ミスタープロスペクター系
 ○プラス評価……父が東京・芝2400mまたは1600mのG1勝ち馬

【父馬の系統別成績(過去10年)】

この表は右にスクロールできます。

種牡馬系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 7 9 5 108 6.5% 14.8% 19.4%
その他のヘイルトゥリーズン系 1 0 0 10 10.0% 10.0% 10.0%
ミスタープロスペクター系 2 0 2 25 8.0% 8.0% 16.0%
ノーザンダンサー系 0 1 2 26 0.0% 3.8% 11.5%
ナスルーラ系 0 0 1 8 0.0% 0.0% 12.5%
その他の系統 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
【過去10年の連対馬の父と母父】

この表は右にスクロールできます。

日付 馬名 種牡馬 母父馬
2020.4.12 1 9 デアリングタクト エピファネイア キングカメハメハ
2020.4.12 2 17 レシステンシア ダイワメジャー Lizard Island
2019.4.7 1 8 グランアレグリア ディープインパクト Tapit
2019.4.7 2 16 シゲルピンクダイヤ ダイワメジャー High Chaparral
2018.4.8 1 13 アーモンドアイ ロードカナロア サンデーサイレンス
2018.4.8 2 1 ラッキーライラック オルフェーヴル Flower Alley
2017.4.9 1 10 レーヌミノル ダイワメジャー タイキシャトル
2017.4.9 2 6 リスグラシュー ハーツクライ American Post
2016.4.10 1 13 ジュエラー ヴィクトワールピサ Pistolet Bleu
2016.4.10 2 12 シンハライト ディープインパクト Singspiel
2015.4.12 1 6 レッツゴードンキ キングカメハメハ マーベラスサンデー
2015.4.12 2 7 クルミナル ディープインパクト Candy Stripes
2014.4.13 1 18 ハープスター ディープインパクト ファルブラヴ
2014.4.13 2 12 レッドリヴェール ステイゴールド Dixieland Band
2013.4.7 1 7 アユサン ディープインパクト Storm Cat
2013.4.7 2 14 レッドオーヴァル ディープインパクト Smart Strike
2012.4.8 1 10 ジェンティルドンナ ディープインパクト Bertolini
2012.4.8 2 15 ヴィルシーナ ディープインパクト Machiavellian
2011.4.10 1 8 マルセリーナ ディープインパクト Marju
2011.4.10 2 16 ホエールキャプチャ クロフネ サンデーサイレンス
2)母父にマイル〜1800mの適性があればベター

母父の系統別成績差はそれほど大きくないが、勝ち馬の母父10頭のうち7頭がマイル〜1800mのG1勝ち馬である点には要注目だ。

〇プラス評価……母父がマイル〜1800mのG1勝ち馬

 
【母父の系統別成績(過去10年)】

この表は右にスクロールできます。

母父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 2 1 1 27 7.4% 11.1% 14.8%
その他のヘイルトゥリーズン系 1 0 1 12 8.3% 8.3% 16.7%
ミスタープロスペクター系 1 3 3 38 2.6% 10.5% 18.4%
ノーザンダンサー系 4 4 3 61 6.6% 13.1% 18.0%
ナスルーラ系 1 1 1 26 3.8% 7.7% 11.5%
その他の系統 1 1 1 14 7.1% 14.3% 21.4%
3)父SS系×母父ノーザンダンサー系に要注目

父か母父、どちらかがSS系という馬が135頭走って9勝・2着10回。該当しない馬は43頭で1勝(デアリングタクト)、勝率は2.3%にとどまる。SSの血は重要だ。特に父SS系×母父ノーザンダンサー系という配合は連対数が多い。

他では出走9頭で2勝の父ミスタープロスペクター系×母父SS系にも注意したい。また勝ち馬のうちジュエラーを除く9頭にはノーザンダンサーの軽めのインブリード(4×5、4×6、5×5、5×6)がある。これも強調材料だろう。

〇プラス評価……父か母父がSS系
 〇プラス評価……父ミスタープロスペクター系×母父SS系/父SS系×母父ノーザンダンサー系
 〇プラス評価……ノーザンダンサーのインブリードを持つ

4)母系の血に潜む傾向

勝ち馬の母や祖母には、芝1200m〜中距離の重賞ウィナーがズラリ。やや母系が弱いレッツゴードンキも、近親にエリザベス女王杯勝ち馬クィーンスプマンテがいる。

勝ち馬の母の母の父は、欧州のマイル〜中長距離型と北米ダート型に分けられ、10頭すべてが海外種牡馬・輸入種牡馬だ。

◎プラス評価……母か祖母が芝1200m〜中距離の重賞勝ち馬
 ◎プラス評価……母の母の父は海外種牡馬・輸入種牡馬

 
【勝ち馬の母・祖母の実績】

この表は右にスクロールできます。

勝ち馬 母・祖母の実績
マルセリーナ 母マルバイユは仏マイルG1勝ち馬
ジェンティルドンナ 母ドナブリーニは英1200mG1勝ち馬
アユサン 祖母バイザファームは米1800mG1勝ち馬
ハープスター 祖母ベガはマイルG1勝ち馬
レッツゴードンキ 母マルトクは中央5勝
ジュエラー 母バルドウィナは仏2100mG3勝ち馬
レーヌミノル 祖母プリンセススキーはマイルG3勝ち馬
アーモンドアイ 母フサイチパンドラはエリザベス女王杯勝ち馬
グランアレグリア 母タピッツフライは米マイルG1勝ち馬
デアリングタクト 祖母デアリングハートは府中牝馬SなどG3を3勝
結論

ディープインパクト産駒が強いレース。アカイトリノムスメは母が牝馬三冠のアパパネ、母父キングカメハメハ、母母父は米G1馬Salt Lakeなど、ほとんどのプラス評価条件を満たす。次いで母がアルゼンチンG1馬のサトノレイナスか。

ソダシとエリザベスタワーは父がノーザンダンサー系で、ここでは割り引きたい。

【アカイトリノムスメ血統表】

この表は右にスクロールできます。

ディープインパクト
 Deep Impact
 2002年 鹿毛(早来町)
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
 1986年 青鹿(米)
Halo
1969年(米)
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well
1975年
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
*ウインドインハーヘア
 Wind In Her Hair
 1991年 鹿毛(愛)
Alzao
1980年
Lyphard Northern Dancer
Goofed
アカイトリノムズメ
Akaitorino Musume(JPN)
牝 3歳 父16歳・母11歳時産駒
2018年 黒鹿(安平町)
Lady Rebecca Sir Ivor
Pocahontas
Burghclere
1977年
Busted Crepello
Sans Le Sou
Highclere Queen's Hussar
Highlight
キングカメハメハ
 King Kamehameha
 2001年 鹿毛(早来町)
Kingmanbo
1990年 (米)
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
*マンファス
1991年 黒鹿(愛)
Last Tycoon Try My Best
Mill Princess
アパパネ
 Apapane
 2007年 鹿毛(安平町)
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
*ソルティビッド
 Salty Bid
 2000年 栗毛(米)
Salt Lake
1989年 (米)
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Take Lady Anne Queen City Lad
Lovita H.
Piper Piper
1987年
Spectacular Bid Bold Bidder
Spectacular
Alvarada Hard Work
Easterborn