競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第81回 桜花賞G1特集 第81回 桜花賞

有力馬情報

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > 桜花賞 > 2021 > 有力馬情報

ソダシ 重賞3勝の2歳女王

ソダシ
阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったソダシ

3走前の札幌2歳Sはハイペースを好位から動いてねじ伏せて勝ち、2走前のアルテミスSはスローペースの中、2番手から抜け出して勝利を飾った。そして前走阪神ジュベナイルフィリーズは平均ペースを好位から進み、最後の直線はサトノレイナスらとの激しい追い比べの末、際どく優勝。デビューから無傷の4連勝でG1初制覇を飾った。派手さはないが、さまざまなペースに対応して勝ち切っている点が素晴らしい。前哨戦を使わずに桜花賞本番に臨むのは予定通り。ライバルとの力関係は拮抗しているが、ここで連勝を止めるわけにはいかない。

サトノレイナス 実績十分の国枝栄厩舎とルメール騎手のコンビ

サトノレイナス
今度は勝利を狙うサトノレイナス

新馬→サフラン賞と芝1600mのレースを連勝して前走は阪神ジュベナイルフィリーズに挑んだ。重賞初出走ながら2番人気に支持され、道中は1番人気のソダシをマークしつつ中団馬群で脚を溜めた。最後の直線は内目に進路を取ってしぶとく末脚を伸ばし、ゴール手前ではソダシを交わしたようにも見えた。結果はハナ敗れて2着だったが、勝ちに等しい内容だった。アパパネやアーモンドアイを管理した国枝栄厩舎だけに、桜花賞に向けての調整は熟知しているはず。鞍上がC・ルメール騎手というのも非常に心強い。今度こそ勝利をつかみたい。

メイケイエール とにかく折り合いがカギ

2走前の阪神ジュベナイルフィリーズは8枠スタートから出負けしたこともあり、序盤は中団よりもやや後ろで追走。途中から大外を回って追い上げるも届かず4着と、初めて黒星を喫した。前走チューリップ賞は最内の1番ゲートから出ると、抑えがきかず半マイル過ぎからハナへ。馬込みに入ることで折り合うことを期待されたが、全くアテが外れてしまった。それでも失速せずに最後まで走り抜き、エリザベスタワーと同着の1着。地力が高いことは証明できたが、本番に向けては大いに不安が残った。今回は主戦の武豊騎手が怪我で騎乗できないのも痛い。

アカイトリノムスメ 3連勝中の良血馬

アカイトリノムスメ
クイーンCを勝ったアカイトリノムスメ

2010年に牝馬3冠を達成したアパパネを母に持つ良血馬。本馬はデビュー戦こそ7着と敗れたが、その後は未勝利戦(牝)→赤松賞→クイーンCと、東京芝1600mのレースを3連勝中だ。前走は平均ペースを中団で追走し、最後の直線は一団の追い比べから抜けてきた。着差(クビ)以上に余裕がある勝ちっぷりで、レースセンスもある。今回、阪神芝1600mが舞台となるが、何ら心配はないだろう。いい位置につけて末脚勝負に加わりたいところ。あとは、ライバルとの力関係がポイント。阪神ジュベナイルフィリーズの上位馬に勝てるかどうか。

エリザベスタワー 外国産馬として初勝利がかかる

父にKingmanを持つ英国産馬。外国産馬による桜花賞制覇はまだ例がなく、もし勝てば史上初の出来事になる。デビュー戦で阪神芝1600mを勝利し、2走前のエルフィンSは1番人気に支持されるも9着と敗れた。結果的にはレースの流れに乗れず、位置取りが後ろになりすぎたのが敗因だろう。前走チューリップでは先団勢をみながら追走し、最後の直線は内めをついてメイケイエールとの競り合いに持ち込んだ。若干前へ行きたがる感じもあったが、メイケイエールよりは全然ましだった。今回もしっかりと折り合って脚を溜め、タイミング良く抜け出したい。

シゲルピンクルビー フィリーズレビューを勝利

半姉のシゲルピンクダイヤ(父ダイワメジャー)は19年の桜花賞でグランアレグリアの2着と好走している。本馬は阪神芝1400mの新馬戦を勝利し、続く阪神ジュベナイルフィリーズは17着と大敗。残り200mあたりで脚色が鈍り、ズルズルと後退してしまった。2戦目でいきなりG1挑戦と厳しい条件だったし、1600mの距離が長かった感じもする。前走フィリーズレビューは先団で追走し、最後の直線はしっかりと伸びてヨカヨカを差し切り勝利した。距離が1400mで、ラスト1ハロンが12秒台と時計がかかった点も末脚が届いた要因だろう。

ファインルージュ フェアリーSを好時計で完勝

2戦目となった東京芝1400mの未勝利戦を勝利。前走はフェアリーSに出走して1着となり重賞初制覇を飾った。レースは中団で追走し、最後の直線は外に持ち出されると弾けるように伸びた。坂を駆け上がってからは楽々と流し、最後は2馬身半の差をつける完勝だった。勝ち時計も優秀。2着に下したホウオウイクセルは次走フラワーCを勝利しており、本馬の評価もさらに高まる。今回は福永祐一騎手が騎乗予定。過去、桜花賞を2勝しているジョッキーなので頼もしい。阪神コースとの相性や対戦相手との力関係は未知数だが、とても楽しみだ。

ソングライン 紅梅Sを完勝した素質馬

近親に秋華賞やナッソーS(英国)を勝ったディアドラ(父ハービンジャー)がいる血統。本馬は2戦目の東京芝1600m(牝)を3馬身差で快勝。続く前走紅梅Sは中京芝1400mで行われ、淀みないペースを好位から追走。抜群の手ごたえで最後の直線に入ると、残り200mで抜け出して3馬身突き放した。自身の上がり3ハロンは35秒3だったが、メンバー中最速をマーク。脚力の違いを見せつける迫力十分の勝ちっぷりだった。重賞でも非常に魅力がある素質馬。ラスト3ハロンが33秒台の瞬発力勝負にも対応できれば、突き抜けても不思議はない。

ホウオウイクセル フラワーCを勝利

馬体重は410〜420キロ台と小柄だが、小気味いい末脚と自在性を持っている。2走前のフェアリーSは直線外からいい脚を使ってファインルージュの2着と好走。前走フラワーCは2枠から好スタートを切って内の好位で立ち回ると、最後の直線は残り200mで抜け出して重賞初制覇を飾った。ソツがない見事なレース運びが印象的で、中山競馬場の適性は間違いなく高い。問題は阪神芝1600mに替わってどうなるか。良馬場になれば速い時計の決着になるし、今まで以上のスピード・瞬発力が問われることになりそうだ。

アールドヴィーヴル クイーンCで2着と好走

近親に今年のアメリカジョッキークラブカップを勝ったアリストテレス(父エピファネイア)がいる。本馬は京都芝1600mの新馬戦を1分36秒6のタイムで勝利。不良馬場の中、上がり3ハロン34秒9の脚を使って差し切った。前走クイーンCは馬体重マイナス18キロで出走。レースは中団よりもやや後ろで追走し、最後の直線はじわじわと脚を伸ばした。アカイトリノムスメにはクビ差だけ及ばずの2着だったが、走破時計は1分33秒3(良)と初戦よりも大幅に縮めた。2戦目の競馬としては上々の内容だろう。この約2か月間でさらに成長していれば楽しみだ。