スクリーンヒーロー ヒーローは国際GIで名をはせる

スクリーンヒーロー
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 2004年4月18日
毛色 栗毛
グラスワンダー
ランニングヒロイン
競走成績 23戦5勝
獲得賞金 5億0340万3000円
表彰歴 2008年 最優秀4歳以上牡馬
主な勝鞍 2008年 ジャパンカップ G1
2008年 アルゼンチン共和国杯 Jpn2
厩舎 鹿戸雄一(美浦)
生産者/産地 社台ファーム (千歳市)
馬主 勝負服 吉田照哉
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

曾祖母がモデル(モデルスポート)で祖母がアクトレス(ダイナアクトレス)、そして母はヒロイン(ランニングヒロイン)、自身はヒーロー。スクリーンヒーローの母系にはそんな名前がずらり並んでいるが、スクリーンヒーローはその名の通り、ヒーローたる活躍を見せた馬だった。

この馬のデビューは06年。翌07年に3戦目の未勝利戦を勝ち、5戦目には500万条件を勝ち上がったものの、G1のトライアル・スプリングSでは5着、プリンシパルSでは7着と出走権獲得には及ばず、春はクラシック未出走に終わった。しかし、夏にラジオNIKKEI杯で14番人気2着に好走すると、新潟記念16着を挟んでセントライト記念で3着。トライアル3度目の挑戦で、ついにラスト一冠への切符を手中にした。

祖母ダイナアクトレスはオークス3着、秋はローズS取り消しで不出走に終わったが、古馬になって牡馬相手に重賞4勝。スクリーンヒーローも、秋以降の活躍が大いに期待されていた。

ところが、セントライト記念のレース後に骨折が判明。菊花賞断念はもちろん、翌年夏まで約1年もの休養を強いられることになってしまったのだった。

それでも、本格化のきざしを見せていたスクリーンヒーローは、アクシデントを楽々と乗り越えてみせた。復帰初戦の1000万条件をクビ差で制し、格上挑戦の札幌日経オープンでは2着に好走。オクトーバーSではジャガーメイルにハナ差惜敗を喫したが、続くアルゼンチン共和国杯でそのジャガーメイル、そして自身が出走できなかった菊花賞の2着馬・アルナスラインと対戦することになった。

好スタートから中団に控え、道中はピタリと折り合って5番手追走。直線では他の有力馬より先にぐいぐいと脚を伸ばし、大逃げを見せていたテイエムプリキュアを残り100mで捕らえると、ジャガーメイル、アルナスラインを従える快勝で重賞初制覇を達成した。

続く舞台は、ついにたどり着いたG1・ジャパンC。出走メンバーはこの年のダービー馬・ディープスカイ、秋の天皇賞を制したウオッカを筆頭に強敵揃い。スクリーンヒーローは9番人気の評価にとどまっていた。

レースは5番手を追走し、前にはウオッカとマツリダゴッホ、横にメイショウサムソン、そして直後にはオウケンブルースリにアサクサキングス。前も後ろもG1馬ばかりの集団で、もっとも楽な手応えで直線に向いたのはなんとスクリーンヒーローだった。直線の坂で追い出されると力強く伸び、外・ディープスカイの追撃を半馬身振り切って先頭でゴール。祖母ダイナアクトレスが87年に9番人気で3着好走を見せた一戦で、孫は同じ9番人気から見事に勝利を手中にしてみせたのだった。

その後は勝ち星に恵まれなかったスクリーンヒーローだが、並み居る強豪を斬り捨てたジャパンCの強さは間違いなく本物。その産駒から、いったいどんな名前の活躍馬が出てくるのか楽しみに待ちたい。

関連競走馬

ライバル

一覧に戻る
名馬の子孫の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう