エアジハード 万全なら…と思わせた世代最強マイラー

エアジハード
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1995年4月9日
毛色 栗毛
サクラユタカオー
アイシーゴーグル
競走成績 12戦7勝
獲得賞金 3億6000万4000円
表彰歴 1999年 最優秀父内国産馬、最優秀短距離馬
主な勝鞍 1999年 マイルチャンピオンシップ G1
1999年 安田記念 G1
1998年 富士ステークス G3
厩舎 伊藤正徳(美浦)
生産者/産地 社台ファーム (千歳市)
馬主 勝負服 ラッキーフィールド
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

父は快速馬サクラユタカオー、祖母はオークスを制したシャダイアイバーでオープン/重賞級を多数輩出している系統だ。1995年生まれ、スペシャルウィークやセイウンスカイらの同期にあたるエアジハードは、血統的な可能性を十分に抱かせるサラブレッドだった。

事実、2歳(現表記)12月の新馬戦では2着を3馬身半突き放して1番人気に応える快勝。明け3歳2月に迎えたカトレア賞も差し切って、デビュー2連勝を飾った。

が、続くスプリングSではゲート内で暴れるなど、まだまだ馬が若かった。脚部にも不安を抱えていた。気性的・体質的な弱さは、スプリングSが出遅れから追い込んでの4着、NHKマイルCは中団から差を詰めたものの8着と、不本意な結果を呼ぶ。

能力があることは確か。スピードも切れもある。だが、そのすべてをレースで出すことができない。それがこの頃のエアジハードの姿だったといえるだろう。

立て直されて復帰した3歳秋には、900万下のマイル戦を勝利、1400mの準オープンも突破、さらには富士Sで重賞初制覇と、古馬を相手に一気に階段を駆け上がっていったエアジハード。いよいよ本格化を見せはじめて、翌1999年・4歳シーズンには、キャリアのクライマックスを迎えることとなる。

この年の初戦・谷川岳Sはナリタプロテクターの2着。ただし休み明けの不利を背負いながらもクビ差の接戦、1分32秒5の好タイムで駆けており、素質の片鱗は見せた。

続く京王杯スプリングCも2着。こちらも大善戦で、マイペースで逃げたケイワンバイキングを2番手からねじ伏せ、あのグラスワンダーの差し脚には屈したものの4分の3馬身差に踏みとどまっている。

そして第49回安田記念。単勝オッズ1.3倍の大本命グラスワンダーとの叩き合いにハナ差競り勝って、エアジハードはついにGI初勝利を飾るのである。

その年の秋に示したパフォーマンスも一級のものだった。

まず第120回天皇賞(秋)では、スペシャルウィークの3着。4か月半ぶりの実戦ながら、レコードタイムからコンマ2秒と差はわずか、一瞬先頭かという場面も見せて、あらためてこの馬の強さを感じさせる惜敗だった。

その強さを遺憾なく発揮した第16回マイルチャンピオンシップでは、キングヘイロー、ブラックホーク、アドマイヤカイザー、キョウエイマーチといった難敵を相手に、1馬身半差の差し切り勝ち。エアジハードは名実ともにマイル界の頂点に立つ。

残念ながら世界制覇を期して挑んだ香港Cでは、直前に屈腱炎を発症、レース回避・引退となってしまったエアジハード。思えば気性や体調に問題を抱えながらの競走馬生活だった。「もし万全なら、どれほど強かったのか」と、夢を抱かせる。そんな名マイラーだったともいえるだろう。

関連競走馬

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう