競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第81回 皐月賞G1特集 第81回 皐月賞

調教情報

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > 皐月賞 > 2021 > 調教情報

エフフォーリア

前走後は放牧を挟んで3月25日に美浦へ帰厩。3月28日から今週にかけて、軽めのものを含めて6本の追い切りをこなしており、調教量に問題はない。ここ2週は横山武騎手を背にWコースで僚馬と併せ、先週は2頭の内に併せて抑えきれない手応えで最先着。今週は格下馬に遅れたが、ゴール過ぎには追いつく余裕残しの手応えだった。実力をきっちり出し切れる仕上がりだ。

ダノンザキッド

前走後は放牧を挟んで3月19日に栗東へ帰厩。3月24日から今週にかけて、軽めのものを含めて6本の追い切りをこなしており、調教量に問題はない。ここ2週は助手を背にWコースで追われ、先週は格下馬に追走併入し、1000m65秒台と強めの内容を消化。今週は単走で1000m69秒台と軽めだったが、ゴール前は沈み込むフォームで鋭い末脚を披露した。万全の仕上がりと見てよさそうだ。

ヴィクティファルス

前走の6日後に坂路入りを再開。追い切りも4月4日からきちんとこなしており、調整過程は順調と見ていい。ここ2週は池添騎手を背に単走で追われ、先週はWコースで1000m65秒台、しっかり追われたラスト200mは11秒台の好時計をマーク。今週は坂路でラスト400m12.2−12.9秒と失速したが、最後は気を抜いていた感じで動きに問題はなかった。実力を出し切れる状態だ。

アドマイヤハダル

前走から中3週で関東遠征を控えているが、先々週から3週続けてきちんと追い切られており、調整過程は順調だ。先週はルメール騎手を背にWコースで僚馬を追走する形から、直線は内から交わしてきっちり先着。今週は前走時と同様に助手を背に坂路で内を回って終い重点という軽めの内容だったが、動きは良かった。前走時の好状態をしっかり維持できている。

ディープモンスター

前走後は放牧を挟んで3月23日に栗東へ帰厩。3月25日から今週にかけて、4週続けて強めの追い切りをこなしており、調教量に不足はない。先週は水口騎手を背にWコース3頭併せの最内で、1000m64秒前後の猛稽古を消化。今週は助手を背に坂路単走で800m54.6秒とやや軽めの内容だったが、真一文字に坂を駆け上がるスムーズな動きを見せた。現状の力は出し切れる状態だ。

ステラヴェローチェ

前走後は放牧を挟んで3月上旬に栗東へ帰厩。3月18日から今週にかけて、併せ馬3本を含んで5週続けて追い切りをこなしており、調教量は十分だ。ここ2週は吉田隼騎手を背に坂路で追われ、先週は格下馬に先着もラスト200mは13.0秒と要したが、相手に合わせた感じの走りで全く問題ない。今週は単走で馬場の悪い中でもしっかりと動けていた。現状の実力は出し切れる仕上がりだ。

ラーゴム

前走後は放牧を挟んで3月上旬に栗東へ帰厩。3月21日から今週にかけて、すべてWコースで日曜軽め、水曜強めのパターンで計8本の追い切りをこなしており、調教量は十分だ。先週は助手を背に格下馬と併せて脚色互角で併入も、時計は合格点。今週は北村友騎手を背に単走で、軽快な動きを見せていた。馬体もきっちり仕上がっており、ほぼ万全の仕上がりだ。

グラティアス

前走後は放牧を挟んで3月中旬に美浦へ帰厩。3月24日から今週にかけて、Wコースで4週続けて併せ馬をこなしており、調教量に不足はない。ここ2週はM.デムーロ騎手を背に追われ、先週は馬の後ろで我慢させる形から直線内に併せ、追い出されると反応良く加速して先着。今週は折り合い重視の内容でわずかに遅れたが、動きに問題はなかった。きっちり実力を出せる状態だ。

その他の出走馬

タイトルホルダーは放牧を挟んだが、3月下旬には帰厩して乗り込み十分。2週続けて田辺騎手を背に追い切られたWコースでの動きも良く、仕上がりは万全。ヨーホーレイクは放牧から帰厩後、中間の追い切り本数が豊富。先週Wコースでラスト200m11秒台半ばの好時計を出し、今週は坂路で馬場の荒れた時間帯ながらしっかりと動けており、現状の力は出し切れる好仕上がり。レッドベルオーブはレースの約1か月半前に放牧先から帰厩。馬なり中心の追い切り過程だが、動きは悪くなく、折り合い面が課題も体調面に問題はない。