競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第80回 桜花賞G1特集 第80回 桜花賞

血統分析

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > 桜花賞 > 2020 > 血統分析

父SS系でも母父ノーザンダンサー系のレシステンシアが有力!

1)ミスタープロスペクター系とSS系の争い

過去10年間の1〜3着馬30頭中19頭がサンデーサイレンス(SS)系。中でもディープインパクト産駒は5勝・2着4回で桜花賞との相性は抜群だ。ミスタープロスペクター系も勝率10.0%で上々。この2系統以外は、かなり割引となる。

また連対馬の父は2400m型かマイラーに大別できる。この点もポイントとなりそうだ。

◎プラス評価……父ディープインパクト
 ○プラス評価……父SS系/父ミスタープロスペクター系
 ○プラス評価……父が芝2400mまたは1600mのG1勝ち馬

【父馬の系統別成績(過去10年)】

この表は右にスクロールできます。

種牡馬系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 7 8 4 101 6.9% 14.9% 18.8%
その他のヘイルトゥリーズン系 0 0 0 8 0.0% 0.0% 0.0%
ミスタープロスペクター系 3 0 3 30 10.0% 10.0% 20.0%
ノーザンダンサー系 0 1 2 27 0.0% 3.7% 11.1%
ナスルーラ系 0 1 1 11 0.0% 9.1% 18.2%
その他の系統 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
【過去10年の連対馬の父と母父】

この表は右にスクロールできます。

日付 馬名 種牡馬 母父馬
2019.4.7 1 8 グランアレグリア ディープインパクト Tapit
2019.4.7 2 16 シゲルピンクダイヤ ダイワメジャー High Chaparral
2018.4.8 1 13 アーモンドアイ ロードカナロア サンデーサイレンス
2018.4.8 2 1 ラッキーライラック オルフェーヴル Flower Alley
2017.4.9 1 10 レーヌミノル ダイワメジャー タイキシャトル
2017.4.9 2 6 リスグラシュー ハーツクライ American Post
2016.4.10 1 13 ジュエラー ヴィクトワールピサ Pistolet Bleu
2016.4.10 2 12 シンハライト ディープインパクト Singspiel
2015.4.12 1 6 レッツゴードンキ キングカメハメハ マーベラスサンデー
2015.4.12 2 7 クルミナル ディープインパクト Candy Stripes
2014.4.13 1 18 ハープスター ディープインパクト ファルブラヴ
2014.4.13 2 12 レッドリヴェール ステイゴールド Dixieland Band
2013.4.7 1 7 アユサン ディープインパクト Storm Cat
2013.4.7 2 14 レッドオーヴァル ディープインパクト Smart Strike
2012.4.8 1 10 ジェンティルドンナ ディープインパクト Bertolini
2012.4.8 2 15 ヴィルシーナ ディープインパクト Machiavellian
2011.4.10 1 8 マルセリーナ ディープインパクト Marju
2011.4.10 2 16 ホエールキャプチャ クロフネ サンデーサイレンス
2010.4.11 1 9 アパパネ キングカメハメハ Salt Lake
2010.4.11 2 8 オウケンサクラ バゴ リアルシャダイ
2)父SS系×母父ノーザンダンサー系に要注目

母父成績を見ると、ミスタープロスペクター系以外なら大きな差はなさそう。ただ、父SS系×母父ノーザンダンサー系という馬は4勝・2着3回で要注目の配合だ。

また父か母父のどちらかがSS系という馬は132頭走って9勝・2着9回。これに該当しない馬は46頭で1勝(アパパネ)、勝率は2.2%にとどまる。

◎プラス評価……父SS系×母父ノーザンダンサー系
 〇プラス評価……母父SS系
 ●マイナス評価…母父ミスタープロスペクター系

【母父の系統別成績(過去10年)】

この表は右にスクロールできます。

母父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 2 1 1 31 6.5% 9.7% 12.9%
その他のヘイルトゥリーズン系 1 1 1 11 9.1% 18.2% 27.3%
ミスタープロスペクター系 0 3 2 30 0.0% 10.0% 16.7%
ノーザンダンサー系 5 3 3 63 7.9% 12.7% 17.5%
ナスルーラ系 1 1 1 29 3.4% 6.9% 10.3%
その他の系統 1 1 2 14 7.1% 14.3% 28.6%
3)必須なのはノーザンダンサーの血

2010〜2014年の勝ち馬5頭は母父がノーザンダンサー系。2015年以降の勝ち馬はジュエラー以外がノーザンダンサーのインブリードを持つ(レッツゴードンキは5×5、レーヌミノルは4×6、アーモンドアイは4×5、グランアレグリアは5×6)。

ノーザンダンサーの血は必須といえそうだ。

○プラス評価……ノーザンダンサーのインブリードを持つ

4)母系の血に潜む傾向

勝ち馬の母や祖母には、芝1200m〜中距離の重賞ウィナーがズラリ。やや母系が弱いレッツゴードンキだが、近親にはエリザベス女王杯勝ち馬クィーンスプマンテがいる。

勝ち馬の母の母の父は、ノーザンダンサー系、ナスルーラ系、「その他の系統」が各3頭で、10頭すべて海外種牡馬・輸入種牡馬であることも記憶しておきたい。

◎プラス評価……母か祖母が芝1200m〜中距離の重賞勝ち馬
 ○プラス評価……母の母の父がノーザンダンサー系/ナスルーラ系/マイナー系統
 ○プラス評価……母の母の父は海外種牡馬・輸入種牡馬

【勝ち馬の母・祖母の実績】

この表は右にスクロールできます。

勝ち馬 母・祖母の実績
アパパネ 母ソルティビッドは1200mのオープン2勝
マルセリーナ 母マルバイユは仏マイルG1勝ち馬
ジェンティルドンナ 母ドナブリーニは英1200mG1勝ち馬
アユサン 祖母バイザファームは米1800mG1勝ち馬
ハープスター 祖母ベガはマイルG1勝ち馬
レッツゴードンキ 母マルトクは中央5勝
ジュエラー 母バルドウィナは仏2100mG3勝ち馬
レーヌミノル 祖母プリンセススキーはマイルG3勝ち馬
アーモンドアイ 母フサイチパンドラはエリザベス女王杯勝ち馬
グランアレグリア 母タピッツフライは米マイルG1勝ち馬
結論

出走馬の大半がSS系種牡馬の産駒となりそうな桜花賞。ただ、マルターズディオサ、エーポス、サンクテュエール、リアアメリアなど、多くがマイナス評価の母父ミスタープロスペクター系だ。

父SS系×母父ノーザンダンサー系×母母父ノーザンダンサー系を探すと、レシステンシア(母はアルゼンチンG1馬)とウーマンズハート(曾祖母が愛G1馬)が該当する。

父ディープインパクト×母父シンボリクリスエスのマジックキャッスルも、母は桜花賞3着のソーマジック、祖母スーアは伊1000ギニー勝ち馬、ノーザンダンサーの4×5ありと、好走しても不思議のない血統だ。

【レシステンシアの血統表】

この表は右にスクロールできます。

ダイワメジャー
 Daiwa Major
 2001年 栗毛(千歳市)
*サンデーサイレンス
 Sunday Silence
 1986年 青鹿(米)
Halo
1969年(米)
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well
1975年
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
スカーレットブーケ
 Scarlet Bouquet
 1988年 栗毛(千歳市)
*ノーザンテースト
1971年 栗毛(加)
Northern Dancer Nearctic
Natalma
レシステンシア
 Resistencia(JPN)
 牝 3歳 父16歳・母 7歳時産駒
 2017年 鹿毛(安平町)
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
*スカーレットインク
1971年 栗毛(米)
Crimson Satan Spy Song
Papila
Consentida Beau Max
La Menina
Lizard Island
 2005年 (米)
Danehill Dancer
1993年 (愛)
Danehill Danzig
Razyana
Mira Adonde Sharpen Up
Lettre d'Amour
Add
1985年
Spectacular Bid Bold Bidder
Spectacular
*マラコスタムブラダ
 Malacostumbrada
 2010年 鹿毛(亜)
Number Nijinsky
Special
Mapul Wells
 2002年
Poliglote
1992年
Sadler's Wells Northen Dancer
Fairy Bridge
Alexandrie Val de l'Orne
Apachee
Pulma
1987年
New Dandy New Noble
Nice Dancing
Pulina Francis U.
Pulidez