競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第81回 菊花賞G1特集 第81回 菊花賞

血統分析

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > 菊花賞 > 2020 > 血統分析

父JC勝ち馬エピファネイア、母母父ナスルーラ系のアリストテレスが惑星!

1)SS系とナスルーラ系が一応は優位

馬券圏内に入った回数はサンデーサイレンス(SS)系が最多ながら、勝率は平凡。ただ6番人気以下で連対したのはSS系とナスルーラ系だけなので、相性としてはこの両系統が優位か。

○プラス評価……父サンデーサイレンス系/ナスルーラ系
 ●マイナス評価…父ノーザンダンサー系

【父馬の系統別成績(過去10年)】

この表は右にスクロールできます。

種牡馬系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 7 8 6 114 6.1% 13.2% 18.4%
その他のヘイルトゥリーズン系 1 1 1 15 6.7% 13.3% 20.0%
ミスタープロスペクター系 1 1 2 25 4.0% 8.0% 16.0%
ナスルーラ系 1 0 0 7 14.3% 14.3% 14.3%
ノーザンダンサー系 0 0 1 19 0.0% 0.0% 5.3%
【過去10年の連対馬の父と母父】

この表は右にスクロールできます。

日付L 馬名 種牡馬 母父馬
2019.10.20 1 5 ワールドプレミア ディープインパクト Acatenango
2019.10.20 2 14 サトノルークス ディープインパクト Sadler's Wells
2018.10.21 1 12 フィエールマン ディープインパクト Green Tune
2018.10.21 2 9 エタリオウ ステイゴールド Cactus Ridge
2017.10.22 1 13 キセキ ルーラーシップ ディープインパクト
2017.10.22 2 4 クリンチャー ディープスカイ ブライアンズタイム
2016.10.23 1 3 サトノダイヤモンド ディープインパクト Orpen
2016.10.23 2 11 レインボーライン ステイゴールド フレンチデピュティ
2015.10.25 1 4 キタサンブラック ブラックタイド サクラバクシンオー
2015.10.25 2 11 リアルスティール ディープインパクト Storm Cat
2014.10.26 1 2 トーホウジャッカル スペシャルウィーク Unbridled's Song
2014.10.26 2 4 サウンズオブアース ネオユニヴァース Dixieland Band
2013.10.20 1 3 エピファネイア シンボリクリスエス スペシャルウィーク
2013.10.20 2 14 サトノノブレス ディープインパクト トニービン
2012.10.21 1 1 ゴールドシップ ステイゴールド メジロマックイーン
2012.10.21 2 16 スカイディグニティ ブライアンズタイム ノーザンテースト
2011.10.23 1 14 オルフェーヴル ステイゴールド メジロマックイーン
2011.10.23 2 13 ウインバリアシオン ハーツクライ Storm Bird
2010.10.24 1 6 ビッグウィーク バゴ サンデーサイレンス
2010.10.24 2 10 ローズキングダム キングカメハメハ サンデーサイレンス
2)国際G1級2400mとの相性の良さを重視せよ

過去10年の勝ち馬の父には、格の高い2400mG1で活躍した馬が多い。2着馬の父にもキングカメハメハ、ハーツクライ、ネオユニヴァース、ディープスカイと同タイプが揃う。日本ダービーやジャパンCで勝った馬の産駒にはプラス評価を与えていいだろう。

◎プラス評価……父が2400mG1の好走実績を持つ

【勝ち馬(過去10年)の父 重賞実績】

この表は右にスクロールできます。

勝ち馬の父 現役時の主な長距離G1成績
バゴ 凱旋門賞1着
ステイゴールド 香港ヴァーズ1着
シンボリクリスエス 有馬記念2連覇/ジャパンC3着2回
スペシャルウィーク 日本ダービー1着/ジャパンC1着
ブラックタイド  特になし
ディープインパクト 日本ダービー1着/ジャパンC1着
ルーラーシップ ジャパンC3着/有馬記念3着
3)母の父は混戦模様

母父の系統別成績は混戦。種牡馬のタイプも短距離型から長距離型まで幅広い。メジロマックイーン、Acatenangoという「その他の系統」が3勝、父が非SS系×母父SS系という配合も3勝をあげ、これらは強調材料となりそうだ。

〇プラス評価……母父がその他の系統
 〇プラス評価……父が非SS系種牡馬×母父がSS系という配合

【母父の系統別成績(過去10年)】

この表は右にスクロールできます。

母父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 3 1 2 43 7.0% 9.3% 14.0%
その他のヘイルトゥリーズン系 0 1 1 18 0.0% 5.6% 11.1%
ミスタープロスペクター系 1 0 3 30 3.3% 3.3% 13.3%
ナスルーラ系 1 1 0 21 4.8% 9.5% 9.5%
ノーザンダンサー系 2 7 2 51 3.9% 17.6% 21.6%
その他の系統 3 0 2 17 17.6% 17.6% 29.4%
4)SS、ノーザンダンサー、ナスルーラの重要性

過去10年の連対馬20頭のうち、母父ノーザンダンサー系が9頭、母母父ノーザンダンサー系が8頭(重複アリ)。該当しない4頭のうち3頭は母母父がナスルーラ系だ。また勝ち馬は父または母父がSS系で、10頭中9頭は5代前までにノーザンダンサーのインブリードを持つ。これらの各条件を満たせばプラスだ。

◎プラス評価……父または母父がSS系
 ◎プラス評価……ノーザンダンサーのインブリードがある
 ○プラス評価……母父または母母父がノーザンダンサー系
 ○プラス評価……母母父がナスルーラ系

結論

無敗の三冠を目指すコントレイルだが、母父が勝率の低いミスタープロスペクター系で、ノーザンダンサーのインブリードは6代前という点も不安。サトノフラッグやバビットもインブリード面で推せない。

過去の勝ち馬とイメージが近いのはヴェルトライゼンデ。父ドリームジャーニー(有馬記念)、その父ステイゴールド、母父Acatenango、ノーザンダンサーのインブリードも持つ。父が2400m向きSS系×母父ノーザンダンサー系のディアマンミノル、ディープボンド、レクセランスも穴として面白い。

最大の惑星はアリストテレス。父エピファネイアは非SS系で菊花賞とジャパンCの勝ち馬、母父はディープインパクト、ノーザンダンサーのインブリードがあって母母父がナスルーラ系だ。

【アリストテレスの血統表】

この表は右にスクロールできます。

エピファネイア
 Epiphaneia
 2010年 鹿毛(安平町)
*シンボリクリスエス
 Symboli Kris S
 1999年 黒鹿(米)
Kris S.
1977年(米)
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Sharp Queen Princequillo
Bridgework
Tee Kay
1991年
Gold Meridian Seattle Slew
Queen Louie
Tri Argo Tri Jet
Hail Proudly
シーザリオ
 Cesario
 2002年 青毛(早来町)
スペシャルウィーク
1995年 黒鹿(門別町)
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アリストテレス
 Aristoteles(JPN)
 牡 3歳
 父 7歳・母 6歳時産駒
 2017年 鹿毛(安平町)
キャンペンガール マルゼンスキー
レデイーシラオキ
*キロフプリミエール
1990年 鹿毛(英)
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Querida Habitat
Principia
ディープインパクト
 Deep Impact
 2002年 鹿毛(早来町)
*サンデーサイレンス
1986年 青鹿(米)
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ウインドインハーヘア
1991年 鹿毛(愛)
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
ブルーダイアモンド
 Blue Diamond
 2011年 黒鹿(安平町)
Burghclere Busted
Highclere
グレースアドマイヤ
 Grace Admire
 1994年 鹿毛(早来町)
*トニービン
1983年 鹿毛(愛)
Kampala Kalamoun
Stare Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
*バレークイーン
1988年 鹿毛(愛)
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Sun Princess English Prince
Sunny Valler