競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 天皇賞(春)2023G1特集 天皇賞(春)2023

指数分析

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > 天皇賞(春) > 指数分析

【出走予定馬のZIと過去5走の補正タイム】

この表は右にスクロールできます。

 
馬名 ZI 1走前 2走前 3走前 4走前 5走前
タイトルホルダー 131 102 83 海外 101 97
ジャスティンパレス 124 94 89 88 82 76
ボルドグフーシュ 122 91 96 89 75 77
シルヴァーソニック 120 海外 93 中止 90 86
ブレークアップ 114 91 62 91 81 82
ディープボンド 113 89 88 海外 95 86
マテンロウレオ 112 94 89 86 86 88
ディアスティマ 109 88 84 88 90 88
ディープモンスター 107 88 91 86 86 86
アイアンバローズ 106 81 ダート 88 87 76
アスクビクターモア 105 76 89 87 86 82
エンドロール 105 75 73 70 60 66
アフリカンゴールド 103 90 81 88 83 78
サンレイポケット 102 88 88 90 81 83
ヒュミドール 102 88 77 71 78 85
トーセンカンビーナ 93 72 65 84 86 86
メロディーレーン 85 68 88 78 69 70
 
1)ZIのトップは連覇を狙うタイトルホルダー

ZIは131をマークしたタイトルホルダーがダントツ。今回は天皇賞(春)連覇、G1・4勝目がかかる一戦で、人気もかなり集めることになりそうだ。2位はジャスティンパレス(124)、3位はボルドグフーシュ(122)、4位はシルヴァーソニック(120)となった。

2)補正タイムもタイトルホルダーがダントツ

補正タイムのトップもタイトルホルダー。4走前の宝塚記念(1着)が指数101、前走日経賞(1着)が指数102とメンバー中唯一100を超えている。崩れることもあるが、嵌れば滅法強いタイプだ。

3)2位はボルドグフーシュ

ボルドグフーシュとジャスティンパレスの対決は過去4回あり、ともに2回ずつ先着している。力関係はほぼ五分だろうが、指数的にはボルドグフーシュの2走前の有馬記念(2着)が96と高い。両馬は距離3000m以上も問題はなく、京都の適性が勝敗の鍵になりそうだ。

4)アスクビクターモアとディープボンドは見限れない

アスクビクターモアは前走日経賞で9着と惨敗。そのせいかZIもがた落ちとなったが、前走の敗因は出遅れと道悪だろう。巻き返しを警戒したい。ディープボンドは4走前の宝塚記念(4着)の指数が95。この時に比べると状態は落ちている印象だが、3000m以上の実績は豊富なので見限れない。

<用語解説>
ZI(ゼットアイ)

前走着順、人気、着差等を簡単に指数化したもの。基本的にこの指数が高いと上位人気に支持される傾向がある。ZI最高値をマークしている馬は連対率が高く、特に2番目の馬より5以上の差をつけている場合、特別な理由(休み明け、前走と大きく異なる条件など)がない限り、信頼できる。ただし、ZI最高値が115以下の場合は混戦と考えられる。

補正タイム

基準タイム(そのレースの平均的な勝ちタイム)とその馬の走破タイムをもとに、異なる距離やクラスでも簡単に比較できるようにした指数。スピード指数のようなイメージで、指数が高いほど、時計的な価値があると考えられる。