競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第73回 朝日杯フューチュリティステークスG1特集 第73回 朝日杯フューチュリティステークス

血統分析

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > 朝日杯フューチュリティステークス > 2021 > 血統分析

母父ミスタープロスペクター系で母がG2勝ち馬のプルパレイに妙味!

1)阪神への舞台変更でSS系が大躍進

阪神に移設された2014年以降・近7年の種牡馬系統別成績は下表の通り。サンデーサイレンス(SS)系が7戦中5勝、勝率9.6%と上々の成績を残している。

◎プラス評価……父SS系
 ●マイナス評価…父ナスルーラ系/父SS系以外のヘイルトゥリーズン系

【父馬の系統別成績(過去7年)】

この表は右にスクロールできます。

種牡馬系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 5 2 3 52 9.6% 13.5% 19.2%
その他のヘイルトゥリーズン系 0 1 0 8 0.0% 12.5% 12.5%
ミスタープロスペクター系 1 2 2 32 3.1% 9.4% 15.6%
ノーザンダンサー系 1 1 1 18 5.6% 11.1% 16.7%
ナスルーラ系 0 1 1 5 0.0% 20.0% 40.0%
【過去10年の連対馬の父と母父】

この表は右にスクロールできます。

日付 馬名 種牡馬 母父馬
2020.12.20 1 2 グレナディアガーズ Frankel Harlington
2020.12.20 2 7 ステラヴェローチェ バゴ ディープインパクト
2019.12.15 1 6 サリオス ハーツクライ Lomitas
2019.12.15 2 8 タイセイビジョン タートルボウル スペシャルウィーク
2018.12.16 1 6 アドマイヤマーズ ダイワメジャー Medicean
2018.12.16 2 1 クリノガウディー スクリーンヒーロー ディアブロ
2017.12.17 1 1 ダノンプレミアム ディープインパクト Intikhab
2017.12.17 2 10 ステルヴィオ ロードカナロア ファルブラヴ
2016.12.18 1 17 サトノアレス ディープインパクト Danehill
2016.12.18 2 10 モンドキャンノ キンシャサノキセキ サクラバクシンオー
2015.12.20 1 15 リオンディーズ キングカメハメハ スペシャルウィーク
2015.12.20 2 11 エアスピネル キングカメハメハ サンデーサイレンス
2014.12.21 1 2 ダノンプラチナ ディープインパクト Unbridled's Song
2014.12.21 2 6 アルマワイオリ マツリダゴッホ ピルサドスキー
2013.12.15 1 6 $アジアエクスプレス Henny Hughes Running Stag
2013.12.15 2 11 ショウナンアチーヴ ショウナンカンプ サンデーサイレンス
2012.12.16 1 14 ロゴタイプ ローエングリン サンデーサイレンス
2012.12.16 2 5 コディーノ キングカメハメハ サンデーサイレンス
2011.12.18 1 3 アルフレード シンボリクリスエス サンデーサイレンス
2011.12.18 2 4 マイネルロブスト ゼンノエルシド メジロライアン
2)阪神・芝1600mでの安定感もSS系

阪神芝1600m・2歳戦の種牡馬成績トップ10(2019年以降)を見ても、その顔ぶれのほとんどがSS系だ。1勝クラスと重賞・計7戦に限るとSS系が6勝、残り1勝はクロフネ産駒ソダシ。やはりSS系の強さと安定感は抜けている。

日本ダービーやジャパンCの勝ち馬が種牡馬として好成績を残しているのも特徴。それ以外で好走を期待できる(勝率が高い)のはダイワメジャーとイスラボニータくらいだ。

◎プラス評価……父SS系/父が日本ダービーやジャパンCの勝ち馬

【阪神芝1600m・2歳戦 種牡馬成績(2019年6月1日〜2021年12月4日/朝日杯除く)】

この表は右にスクロールできます。

種牡馬 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 8 2 4 38 21.1% 26.3% 36.8%
キズナ 6 7 4 50 12.0% 26.0% 34.0%
エピファネイア 5 6 3 32 15.6% 34.4% 43.8%
ダイワメジャー 5 0 2 23 21.7% 21.7% 30.4%
キングカメハメハ 3 3 0 10 30.0% 60.0% 60.0%
ハーツクライ 3 1 2 18 16.7% 22.2% 33.3%
ロードカナロア 2 6 5 44 4.5% 18.2% 29.5%
ドゥラメンテ 2 3 0 21 9.5% 23.8% 23.8%
イスラボニータ 2 2 1 10 20.0% 40.0% 50.0%
モーリス 2 1 3 27 7.4% 11.1% 22.2%
3)母父成績はミスタープロスペクター系が上位

過去7年の母父成績は下表の通りで、ミスタープロスペクター系の3勝・勝率11.5%という数字が目立つ。前述の阪神芝1600m・2歳戦データでも、母父ミスタープロスペクター系は18勝・勝率10.7%で主要系統の中ではトップ、1勝クラスと重賞・計7戦で4勝という好成績も残している。ここはミスタープロスペクター系を最上位と見たい。

◎プラス評価……母父ミスタープロスペクター系

【母父の系統別成績(過去7年)】

この表は右にスクロールできます。

母父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 1 3 1 31 3.2% 12.9% 16.1%
その他のヘイルトゥリーズン系 1 1 0 5 20.0% 40.0% 40.0%
ミスタープロスペクター系 3 0 1 26 11.5% 11.5% 15.4%
ノーザンダンサー系 2 2 2 32 6.3% 12.5% 18.8%
ナスルーラ系 0 1 3 16 0.0% 6.3% 25.0%
その他の系統 0 0 0 5 0.0% 0.0% 0.0%
4)母馬は外国生まれの重賞ウィナー、母母父はノーザンダンサー系がベスト

過去7年の勝ち馬7頭を見ると、4頭の母が重賞ウィナー、6頭の母父が海外種牡馬、5頭は母の母の父がノーザンダンサー系、4頭はノーザンファーム生産馬。このあたりもプラス条件としてあげておきたい。

◎プラス評価……母父が海外種牡馬/母の母の父がノーザンダンサー系
 〇プラス評価……母が重賞ウィナー/ノーザンファーム生産馬

結論

セリフォスは父がダイワメジャー、母はリステッド勝ち馬、母母父がノーザンダンサー系と、ここまではマズマズだが、母父ナスルーラ系がどうか。ドウデュースも父ハーツクライ、母が重賞ウィナー、ノーザンファーム生産馬と材料は揃うものの母父ナスルーラ系だ。ジオグリフは母父ミスタープロスペクター系でノーザンファーム生産馬ながら父ドレフォンがダート短距離馬という点が不満。

そこでプルパレイ。父イスラボニータは阪神芝1600m・2歳戦なら不安なし。母父ミスタープロスペクター系で母はG2勝ち馬だ。ドーブネも父ディープインパクト、母はリステッド勝ち馬、母母父がノーザンダンサー系で互角だろう。

【プルパレイ血統表】

この表は右にスクロールできます。

イスラボニータ
 Isla Bonita
 2011年 黒鹿(浦河町)
フジキセキ
 Fuji Kiseki
 1992年 青鹿(千歳市)
*サンデーサイレンス
1986年 青鹿(米)
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ミルレーサー
1983年 鹿毛(米)
Le Fabuleux Wild Risk
Anguar
Marston's Mill In Reality
Millcent
*イスラコジーン
 Isla Cozzene
 2002年 鹿毛(米)
Cozzene
1980年 (米)
Caro Fortino
Chambord
プルパレイ
 Purur Ray(JPN)
 牡 2歳 父 8歳・母12歳時産駒
 2019年 鹿毛(千歳市)
Ride the Trails Prince John
Wildwork
Isla Mujeres
1995年
Crafty Prospector Mr.Prospector
Real Crafty Lady
Lido Isle Far North
She Is Gorgeous
Fusaichi  Pegasus
 1997年 (米)
Mr.Prospector
1970年 (米)
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
Angel Fever
1990年
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
*マイジェン
 My Jen
 2007年 芦毛(米)
Rowdy Angel Halo
Ramhyde
Mekko Hokte
 2000年
Holy Bull
1991年
Great Above Minnesota Mac
Ta Wee
Sharon Brown Al Hattab
Agathea's Dawn
Aerosilver
1992年
Relaunch In Reality
Foggy Note
Silver in Flight Silver Series
Winter Wren