競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第37回 フェブラリーステークスG1特集 第37回 フェブラリーステークス

レース情報

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > フェブラリーステークス > 2020 > レース情報

フェブラリーステークスとは?

レース情報

2020年のJRA・G1開幕戦となるフェブラリーS。ダート重賞で最も古い歴史を持ち、中距離と短距離の強豪が激突する。東京ダート1600mで頂点に立つのは?

東京ダート1600mで行われるG1開幕戦

1984年に創設された5歳(旧表記)以上のG3ハンデキャップ重賞「フェブラリーハンデキャップ」が本競走の前身。第1回から東京競馬場・ダート1600mで施行されており、JRA施行のダート重賞では最も古い歴史を持つ。94年には別定戦のG2へ昇格。レース名も現名称の「フェブラリーステークス」へと改称された。

95年に指定交流競走として、地方馬にも門戸を開放。97年に中央競馬で初めてダート重賞競走としてG1に格付けされた。レース名どおり例年2月に行われ、その年の中央競馬のG1開幕戦として定着している。07年からは国際競走に指定されている。ダートの頂上決戦を制するのはどの馬か、目が離せない一戦だ。