競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第37回 フェブラリーステークスG1特集 第37回 フェブラリーステークス

血統分析

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > フェブラリーステークス > 2020 > 血統分析

父ゴールドアリュール×母父ミスプロ系の良血サンライズノヴァが一番手!

1)父サンデーサイレンス系がリード

過去10年でゴールドアリュール産駒が4勝・2着4回。そのおかげでサンデーサイレンス系が種牡馬系統別成績をリードしている。連対率の高いナスルーラ系や3着以内8頭のミスタープロスペクター系にも注意が必要だろう。

◎プラス評価……父サンデーサイレンス系(特にゴールドアリュール産駒)
 ○プラス評価……父ナスルーラ系(連軸)/父ミスタープロスペクター系

【父馬の系統別成績(過去10年)】

この表は右にスクロールできます。

種牡馬系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 5 4 0 48 10.4% 18.8% 18.8%
その他のヘイルトゥリーズン系 0 1 2 19 0.0% 5.3% 15.8%
ミスタープロスペクター系 2 2 4 43 4.7% 9.3% 18.6%
ノーザンダンサー系 1 0 2 25 4.0% 4.0% 12.0%
ナスルーラ系 1 3 2 17 5.9% 23.5% 35.3%
その他の系統 1 0 0 5 20.0% 20.0% 20.0%
【連対馬の父と母父(過去10年)】

この表は右にスクロールできます。

日付 馬名 種牡馬 母父馬
2019.2.17 1 6 インティ ケイムホーム Northern Afleet
2019.2.17 2 3 ゴールドドリーム ゴールドアリュール フレンチデピュティ
2018.2.18 1 12 ノンコノユメ トワイニング アグネスタキオン
2018.2.18 2 14 ゴールドドリーム ゴールドアリュール フレンチデピュティ
2017.2.19 1 3 ゴールドドリーム ゴールドアリュール フレンチデピュティ
2017.2.19 2 9 $ベストウォーリア Majestic Warrior Mr.Greeley
2016.2.21 1 14 $モーニン Henny Hughes Distored Humor
2016.2.21 2 7 ノンコノユメ トワイニング アグネスタキオン
2015.2.22 1 4 コパノリッキー ゴールドアリュール ティンバーカントリー
2015.2.22 2 14 インカンテーション シニスターミニスター Machiavellian
2014.2.23 1 13 コパノリッキー ゴールドアリュール ティンバーカントリー
2014.2.23 2 15 ホッコータルマエ キングカメハメハ Cherokee Run
2013.2.17 1 2 グレープブランデー マンハッタンカフェ ジャッジアンジェルーチ
2013.2.17 2 6 エスポワールシチー ゴールドアリュール ブライアンズタイム
2012.2.19 1 16 $テスタマッタ Tapit Concern
2012.2.19 2 3 シルクフォーチュン ゴールドアリュール Alwuhush
2011.2.20 1 12 トランセンド ワイルドラッシュ トニービン
2011.2.20 2 13 フリオーソ ブライアンズタイム Mr.Prospector
2010.2.21 1 4 エスポワールシチー ゴールドアリュール ブライアンズタイム
2010.2.21 2 3 $テスタマッタ Tapit Concern
2)やはり血統的なダート適性を重視したい

過去10年に勝ち馬を送り出した種牡馬は、ほとんどがダートG1馬。とりわけアメリカで活躍した馬が目立つ。またフェブラリーS勝ち馬以外にダートのマイル〜中距離の重賞級を送り出している。ダート適性の高さは重要だ。

◎プラス評価……父がダートG1馬(特に米G1)
 ○プラス評価……父の産駒にダート・マイル〜中距離の重賞級がいる

【勝ち馬の父とダートで活躍した産駒】

この表は右にスクロールできます。

勝ち馬の父 現役時ダート実績 他のダート活躍産駒
ゴールドアリュール G1を4勝 スマートファルコン
ワイルドラッシュ 米G1を2勝 パーソナルラッシュ
Tapit 米G1勝ち Tonalist(米G1馬)
マンハッタンカフェ 不出走 クイーンマンボ
Henny Hughes 米G1を2勝 Beholder(米G1馬)
トワイニング 米G2を2勝 ロールオブザダイス
ケイムホーム 米G1を3勝 タガノトネール
3)芝短距離で通用する血統であることも重要

勝ち馬の父は芝マイル以下向きの産駒も出している。マンハッタンカフェはジョーカプチーノ、Henny Hughesはアジアエクスプレスと、芝マイルのG1ウィナーを輩出。ゴールドアリュールはタケミカヅチ、ワイルドラッシュはブラウンワイルド、トワイニングはセカンドテーブル、ケイムホームはサウンドリアーナが短距離重賞を勝利した。

○プラス評価……父の産駒に芝短距離の重賞ウィナーがいる

4)母父にもダートG1級の底力が必要

母父成績を見ると多様な系統が連対を果たしているが、近6年で4勝のミスタープロスペクター系が特に好調だ。

また1着馬の母父を見ると、ブライアンズタイム、Concern、ジャッジアンジェルーチ、ティンバーカントリーが米G1勝ち馬。Distorted Humor、フレンチデピュティ、Northern Afleetは米G2勝ち馬。母父にも高いダート適性が求められる。

◎プラス評価……母父ミスタープロスペクター系
 ◎プラス評価……母父が米G1・G2勝ち馬

【母父の系統別成績】

この表は右にスクロールできます。

母父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 1 1 3 32 3.1% 6.3% 15.6%
その他のヘイルトゥリーズン系 1 1 0 10 10.0% 20.0% 20.0%
ミスタープロスペクター系 4 3 4 47 8.5% 14.9% 23.4%
ノーザンダンサー系 1 3 1 34 2.9% 11.8% 14.7%
ナスルーラ系 2 1 0 19 10.5% 15.8% 15.8%
その他の系統 1 1 2 15 6.7% 13.3% 26.7%
結論

父がサンデーサイレンス系のダートG1馬で、産駒にダートと芝短距離の重賞ウィナーがいれば評価アップ。母父はミスタープロスペクター系の米G1・G2勝ち馬がベストだ。

父ゴールドアリュール×母父サンダーガルチ(ミスタープロスペクター系/米二冠馬)のサンライズノヴァが一番手。同じくゴールドアリュール産駒で、母父がAfternoon Deelites(その他の系統/米G1馬)のテーオージーニアスも出走できれば面白い。

一昨年の勝ち馬ノンコノユメ、連覇を狙うインティも当然有力。ミューチャリーも父パイロ(ナスルーラ系/米G1馬)×母父ブライアンズタイムで好走する可能性はある。モズアスコットは父Frankelがダート不出走である点が気がかりだ。

【サンライズノヴァの血統表】

この表は右にスクロールできます。

ゴールドアリュール
 Gold Allure
 1999年 栗毛(追分町)
*サンデーサイレンス
 Sunday Silence
 1986年 青鹿(米)
Halo
1969年(米)
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well
1975年
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
*ニキーヤ
 Nikiya
 1993年 鹿毛(米)
Nureyev
1977年(米)
Northern Dancer Nearctic
Natalma
サンライズノヴ
 Sunrise Nova(JPN)
 牡 6歳 父15歳・母14歳時産駒
 2014年 栗毛(日高町)
Special Forli
Thong
Reluctant Guest
1986年
Hostage Nijinsky
Entente
Vaguely Royal Vaguely Noble
Shoshanna
*サンダーガルチ
 Thunder Gulch
 1992年 栗毛(米)
Gulch
1984年(米)
Mr.prospector Raise a Native
Gold Digger
Jameela Rambunctious
Asbury Mary
Line of Thunder
1987年
Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
ブライトサファイヤ
 Bright Sapphire
 2000年 栗毛(門別町)
Shoot a Line High Line
Death Ray
リアルサファイヤ
 Real Sapphire
 1996年 黒鹿(門別町)
*リアルシャダイ
1979年 黒鹿(米)
Roberto Hail to Reason
Brsmalea
Desert Vixen In Reality
Desert Trial
ワールドサファイヤ
1979年 栗毛(新冠町)
サーペンフロ Sir Ivor
Running Blue
トビノボリ ジルドレ
クニノボリ