競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第22回 チャンピオンズカップG1特集 第22回 チャンピオンズカップ

有力馬情報

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > チャンピオンズカップ > 2021 > 有力馬情報

チュウワウィザード 左回りの中京で連覇を狙う

チュウワウィザード
昨年のチャンピオンズCを制したチュウワウィザード

昨年の本競走では先団勢を見ながらレースを進めると、最後の直線では鋭く抜け出し、2着ゴールドドリームの追撃を2馬身半振り切って優勝。前年の成績(4着)を上回る走りでクリソベリルらを下し、JRAのダートG1を初めて制した。2019年JBCクラシック(浦和2000m)や20年川崎記念も勝利しており、左回りは相性がいい。前走JBCクラシック(金沢2100m)は3コーナー過ぎから手綱が動き、タイトなコーナーでの加速にやや苦労した。それでも最後までしぶとく伸びて3着と、内容は悪くなかった。コース替わりはプラスになりそうで、連覇の可能性も十分あるだろう。

テーオーケインズ 3連勝で帝王賞を制覇

テーオーケインズ
帝王賞を快勝したテーオーケインズ

今年に入り名古屋城S→アンタレスS→帝王賞と3連勝を飾り、G1/Jpn1ウイナーの仲間入りを果たした。自身が力をつけているのは間違いないが、この3戦が道悪馬場だったことはポイント。特に今年の帝王賞は大井で抜群の安定感を誇っていたオメガパフュームが5着に沈むようなレースだった。良馬場で行われた前走JBCクラシックは1番人気で4着。スタートの出負けも響いて、最後は上位馬と脚色が一緒になってしまった。良馬場でも評価を大きく下げる必要はなさそうだが、脚抜きがいい状態になった方がチャンスは大きいかもしれない。

ソダシ 興味深いダート初挑戦

前走秋華賞は牝馬2冠の期待が大きかったが、10着と敗れてしまった。スローペースを2番手で進み、逃げた馬が4着に残ったことを考えると、不可解な失速だ。今回はダートに初挑戦。2走前の札幌記念ではラヴズオンリーユーを2着に下して勝っており、芝路線を離れるのは早すぎる気もするが、とても興味深いチャレンジだ。父クロフネはJRAの芝・ダート両方のG1を制覇。母ブチコはダートで4勝を挙げ、母方の近親もダートの活躍馬が多く、血統面で強い後押しがある。結局は走ってみないとわからないが、砂を被らずに先行できれば、好走しても驚けない。

カフェファラオ ダートに戻り反撃

カフェファラオ
今年のフェブラリーSを制したカフェファラオ

今年のフェブラリーSを制した後、かしわ記念は1番人気で5着と敗れた。小回りかつ時計がかかる馬場という、東京ダート1600mとは対照的な環境に対応しきれなかった。前走は函館記念に出走するも9着と敗退。芝初挑戦の上、ハンデ58.5キロという過酷な条件だったので、この結果も仕方がないか。中京の中距離戦もベストではないが、ダートに戻るし、昨年シリウスSを勝っているので苦手ではないだろう。今回はレースでブリンカーを着用予定。昨年の本競走は6着で、勝ち馬と0.9秒差だったが、今年はもっといい競馬を見せたい。

エアスピネル 8歳ながら末脚は魅力

ダート(JRA+地方)の通算成績は【0.4.1.3】。未勝利ながら今年のフェブラリーSではカフェファラオと0.1秒差の2着など、重賞で5回の好走実績がある。前走武蔵野Sは骨っぽいメンバー構成のなか、ソリストサンダーの2着。8歳の秋になっても体力・気力の衰えは感じさせない。昨年の本競走は中団よりも後ろにつけて、最後の直線は内めを突くも7着。しかし、上がり3ハロンはメンバ―中3位タイだった。現状は1400〜1600mがベストかもしれないが、1800mでもいい脚は使える。今年は最後にうまく外に出して末脚を伸ばし、上位争いに加わりたい。