ヒシミラクル 遅咲きのミラクルステイヤー

ヒシミラクル
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1999年3月31日
毛色 芦毛
サツカーボーイ
シュンサクヨシコ
競走成績 28戦6勝
獲得賞金 5億1498万9000円
表彰歴 2003年 最優秀父内国産馬
主な勝鞍 2003年 宝塚記念 G1
2003年 天皇賞(春) G1
2002年 菊花賞 G1
厩舎 佐山優(栗東)
生産者/産地 大塚牧場 (三石町)
馬主 勝負服 阿部雅一郎
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

菊花賞では毎年、3歳の夏から秋にかけて急上昇してきた晩成型が注目を集める。そして、そうしたタイプが栄冠を勝ち取ることも多い。だが、ヒシミラクルほど極端な例も珍しいだろう。

デビューは2001年、2歳の夏。当初は短距離戦を使われて惨敗続き、後に中距離路線へシフトしたものの結局は7戦0勝の成績で年を越す。明けて2002年、3歳4月にターフへ戻ると、5月、通算10戦目でようやく初勝利をマーク。その後の夏場も休まず使われ続け、500万下で2着、1着、1000万下で3着、3着、1着、初の重賞挑戦となった神戸新聞杯では6着。

安定感は出てきたが勝ち切るまでの底力はない。それがこの時点でのヒシミラクルの姿だった。果敢に菊花賞へ登録、抽せんを潜り抜けて出走を果たしたのだが、すでに16戦を消化。これ以上の上り目を望むのは酷なようにも思われた。

が、ヒシミラクルは上昇する。

第63回菊花賞は、いきなりのアクシデントで幕を開けた。1番人気の皐月賞馬ノーリーズンがスタートと同時に落馬したのだ。

スタンドの悲鳴とどよめきは、4コーナー、そして直線でさらに大きなものとなる。2番人気アドマイヤマックスは後方のまま、逃げた4番人気ローエングリンは失速、6番人気バランスオブゲームはまだ中団だ。3番人気メガスターダムが3コーナーから一気のマクリで先頭に立ったものの、これに合わせて後方から大外を進出、追いすがったのが10番人気のヒシミラクルだった。

同じように仕掛けた5番人気アドマイヤドンを突き放し、遂にはメガスターダムも競り落としたヒシミラクルは、ゴール前で急追してきた16番人気ファストタテヤマもハナ差退けて勝利する。馬単18万馬券、3連複34万馬券の波乱を演出するとともに、菊の大輪を咲かせたのである。

その後、有馬記念は11着に大敗、4歳初戦となった阪神大賞典でも12着に敗れ、中2週で挑んだ産経大阪杯は7着。ヒシミラクルに対して「あの菊花賞はフロックだったか」との声もささやかれ始める。

しかし、またもヒシミラクルは上昇した。

まずは第127回天皇賞(春)。GIウィナーは2頭だけというメンバー構成にも関わらず7番人気に甘んじたヒシミラクルは、この事実に奮起したか、外から堂々の差し切り勝ち。菊花賞以上に力強いストライドで2つ目のGIタイトルを獲得した。

さらに宝塚記念では、シンボリクリスエス、ネオユニヴァース、アグネスデジタル、タップダンスシチーといった豪華メンバーを相手に勝利、地力の確かさをアピールする。

ヒシミラクルの勲章はいずれも、バテそうでバテない息の長い末脚で手にしたもの。そのロングスパートが印象に残る、遅咲きで意外性にあふれるステイヤーだった。

関連競走馬

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう