ヤマニンゼファー 父子2代かけて破った血統の壁

ヤマニンゼファー
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1988年5月27日
毛色 鹿毛
ニホンピロウイナー
ヤマニンポリシー
競走成績 20戦8勝
獲得賞金 5億9620万9600円
表彰歴 1993年 最優秀5歳以上牡馬、最優秀父内国産馬、最優秀短距離馬
主な勝鞍 1993年 天皇賞(秋) G1
1993年 安田記念 G1
1993年 京王杯スプリングカップ G2
1992年 安田記念 G1
厩舎 栗田博憲(美浦)
生産者/産地 錦岡牧場 (新冠町)
馬主 勝負服 土井肇
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

今やカテゴリーごとのスペシャリストが幅を効かせる時代だが、長距離重視からの大変革でマイラーにもスポットライトが当たるようになったのは1984年のこと。この恩恵を最も受けた1頭が、その84年に新設のマイルCSを、そして翌85年には春のマイル王決定戦・安田記念を制したニホンピロウイナーだと言われている。そんな父の血を受け継ぎ、安田記念連覇と2000mになった天皇賞(秋)を制したのがヤマニンゼファーだった。

ヤマニンゼファーのデビューは91年。ダート1200mの新馬戦で直線一気の目の覚める末脚を繰り出し優勝、続く500万条件も連勝した。その後は半年あまりの休養もあってやや伸び悩んだものの、翌92年2月に1600万条件を脱出してオープン入り。さらに、京王杯スプリングCでも3着に好走した。しかし、ここまで芝は3戦未勝利。前年のスプリンターズSでダイイチルビーの7着に敗退するなど、G1では一歩「足りない」と見られる存在だった。

迎えた安田記念は11番人気。ニホンピロウイナーとの父子制覇への期待を語るファンはほとんどいなかった。しかし、ヤマニンゼファーは大外18番から好ダッシュを見せると、好位追走から抜群の手応えで4コーナーへ。直線の坂では、前年のマイルCS優勝馬・ダイタクヘリオスを突き放し、外から迫るカミノクレッセの追撃も振り切る横綱相撲で、あっさりとその父子制覇を成し遂げたのだ。

その後、秋のマイルCSは5着、そしてスプリンターズSは勝利目前でニシノフラワーに差し切られ2着惜敗。G1馬としてはやや物足りない成績が続いたが、翌93年の京王杯スプリングCで久々の勝利を挙げ、再び安田記念へと駒を進めた。

ヤマニンゼファーはまるで前年のVTRかのように外枠から好発を決めると、やはり前半は好位に待機。直線では激しい2着争いを尻目に抜け出し、見事に安田記念連覇を飾ったのだった。

マイル戦での実力を存分に見せつけたヤマニンゼファーは、天皇賞(秋)で距離の壁に挑戦する。父・ニホンピロウイナーが85年、ギャロップダイナ、シンボリルドルフの3着に敗れた一戦だ。

その血統や1800mの中山記念4着、毎日王冠6着という結果から5番人気の評価に過ぎなかったヤマニンゼファーだったが、スタミナ不安などないかのような強気の先行、道中3番手。4コーナーで早くも逃げたツインターボに並びかけると、直線は外から迫るセキテイリュウオーとの一騎打ち。激しい叩き合いの末、ハナ差で競り勝ちG1・3勝目、そして父の雪辱を成し遂げた。

84年の大変革がなければ、父ニホンピロウイナーのG1制覇はもちろん、生まれてすらいなかった可能性もあるヤマニンゼファー。父のなし得なかった「2000mの」天皇賞(秋)制覇は、父子2代にわたる変革の「勝者」となった瞬間だった。

関連競走馬

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう