競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第15回 ヴィクトリアマイルG1特集 第15回 ヴィクトリアマイル

血統分析

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > ヴィクトリアマイル > 2020 > 血統分析

父ディープ、母系が優秀なミスプロ系のサウンドキアラに注目!

1)ヘイルトゥリーズン系が一応の中心

過去10年の3着以内馬は、7割がサンデーサイレンス(SS)系。10年連続で連対を確保しており、11番人気や8番人気でも勝っている。率的なアドバンテージはさほどないものの、ひとまず中心と考えていいだろう。

◎プラス評価……父SS系
 ●マイナス評価…父SS系以外のヘイルトゥリーズン系/父ナスルーラ系

【父馬の系統別成績(過去10年)】

この表は右にスクロールできます。

種牡馬系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 7 7 7 105 6.7% 13.3% 20.0%
その他のヘイルトゥリーズン系 0 0 1 8 0.0% 0.0% 12.5%
ノーザンダンサー系 2 2 0 30 6.7% 13.3% 13.3%
ミスタープロスペクター系 1 1 1 27 3.7% 7.4% 11.1%
ナスルーラ系 0 0 1 7 0.0% 0.0% 14.3%
その他の系統 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
【過去10年の連対馬の父と母父】

この表は右にスクロールできます。

日付 馬名 種牡馬 母父馬
2019.5.12 1 4 ノームコア ハービンジャー クロフネ
2019.5.12 2 9 プリモシーン ディープインパクト Fastnet Rock
2018.5.13 1 4 ジュールポレール ディープインパクト エリシオ
2018.5.13 2 16 リスグラシュー ハーツクライ American Post
2017.5.14 1 5 アドマイヤリード ステイゴールド Numerous
2017.5.14 2 10 デンコウアンジュ メイショウサムソン マリエンバード
2016.5.15 1 13 ストレイトガール フジキセキ タイキシャトル
2016.5.15 2 10 ミッキークイーン ディープインパクト Gold Away
2015.5.17 1 5 ストレイトガール フジキセキ タイキシャトル
2015.5.17 2 7 ケイアイエレガント キングカメハメハ A.P.Indy
2014.5.18 1 14 ヴィルシーナ ディープインパクト Machiavellian
2014.5.18 2 4 メイショウマンボ スズカマンボ グラスワンダー
2013.5.12 1 11 ヴィルシーナ ディープインパクト Machiavellian
2013.5.12 2 8 ホエールキャプチャ クロフネ サンデーサイレンス
2012.5.13 1 12 ホエールキャプチャ クロフネ サンデーサイレンス
2012.5.13 2 16 ドナウブルー ディープインパクト Bertolini
2011.5.15 1 16 アパパネ キングカメハメハ Salt Lake
2011.5.15 2 13 ブエナビスタ スペシャルウィーク Caerleon
2010.5.16 1 11 ブエナビスタ スペシャルウィーク Caerleon
2010.5.16 2 2 ヒカルアマランサス アグネスタキオン A.P.Indy
2)母の父の系統別成績は混戦模様

母父の系統別成績を見ると、馬券に絡んだ回数はノーザンダンサー系が最多。勝率ではSS系以外のヘイルトゥリーズン系とミスタープロスペクター系がリードしている。SS系はアベレージが低く、ナスルーラ系は未勝利だ。

◎プラス評価……母父SS系以外のヘイルトゥリーズン系/母父ミスタープロスペクター系
 ●マイナス評価…母父SS系/母父ナスルーラ系

 
【母父の系統別成績(過去10年)】

この表は右にスクロールできます。

母父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 1 1 1 34 2.9% 5.9% 8.8%
その他のヘイルトゥリーズン系 2 1 1 12 16.7% 25.0% 33.3%
ノーザンダンサー系 4 5 5 71 5.6% 12.7% 19.7%
ミスタープロスペクター系 3 0 0 26 11.5% 11.5% 11.5%
ナスルーラ系 0 2 2 20 0.0% 10.0% 20.0%
その他の系統 0 1 1 15 0.0% 6.7% 13.3%
3)3歳春実績型×欧米マイル型という配合がベスト

勝ち馬の父は芝1600mまたは2400mG1の勝ち馬ばかり。特に3歳春までに勝っていれば強調材料だ。いっぽう母父は短距離〜マイル戦で実績を残した馬、とりわけ欧米で活躍した馬が目立つ。この配合には要注目だ。

◎プラス評価……父が3歳春までに芝1600mまたは2400mG1を勝利
 ◎プラス評価……母父が欧米でマイル重賞を勝利

【勝ち馬の父・母父】

この表は右にスクロールできます。

勝ち馬 父/主な勝ち鞍 母父/主な勝ち鞍
ブエナビスタ スペシャルウィーク/日本ダービー Caerleon/仏ダービー
アパパネ キングカメハメハ/日本ダービー  Salt Lake/キングスビショップS
ホエールキャプチャ クロフネ/NHKマイルC サンデーサイレンス/BCクラシック
ヴィルシーナ   ディープインパクト/日本ダービー Machiavellian/サラマンドル賞
ストレイトガール フジキセキ/朝日杯3歳S タイキシャトル/安田記念
アドマイヤリード ステイゴールド/香港ヴァーズ Numerous/ダービートライアルS
ジュールポレール ディープインパクト/日本ダービー エリシオ/凱旋門賞
ノームコア ハービンジャー/キングジョージ クロフネ/NHKマイルC
4)マイル適性があり、かつ質のいい牝系出身であることが重要

ブエナビスタの母はビワハイジ、ホエールキャプチャの曾祖母はタレンティドガール、ヴィルシーナの四代母は米古馬牝馬チャンピオン。ストレイトガールの近親にはシャダイカグラ、アドマイヤリードの近親には愛セントレジャー勝ち馬がいる。ジュールポレールの兄はマイルCS勝ち馬サダムパテックで、ノームコアは近親にフサイチリシャールがいて妹はクロノジェネシスだ。いずれも母系は良質。マイルG1で勝ち負けできる潜在能力があればさらに強調できる。

◎プラス評価……母系が優秀/母系からマイル重賞勝ち馬が出ている

結論

父が3歳春までに芝1600m/2400mのG1を勝っているSS系、母父がマイル重賞勝ち馬という配合で、母系からマイル重賞勝ち馬が出ていればさらにプラスだ。

サウンドキアラは父がこのレースと相性のいいディープインパクト、母父はミスタープロスペクター系アグネスデジタル(マイルCS勝ち馬)で、母はフィリーズレビュー勝ち馬、曾祖母は北米でG1を勝ちまくった名牝。昨年は7着だったが、本格化した今なら突き抜けてもおかしくない。

連覇を狙うノームコアも、もちろん有力。アーモンドアイは、父ロードカナロアにマイルG1勝ち鞍があるものの、母父はマイナス評価のサンデーサイレンス。強く推すことはできない。

【サウンドキアラの血統表】

この表は右にスクロールできます。

ディープインパクト
 Deep Impact
 2002年 鹿毛(早来町)
*サンデーサイレンス
 Sunday Silence
 1986年 青鹿(米)
Halo
1969年(米)
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well
1975年
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
*ウインドインハーヘア
 Wind In Her Hair
 1991年 鹿毛(愛)
Alzao
1980年
Lyphard Northern Dancer
Goofed
サウンドキアラ
 Sound Chiara(JPN)
 牝 5歳
 父13歳・母 8歳時産駒
 2015年 鹿毛(千歳市)
Lady Rebecca Sir Ivor
Pocahontas
Burghclere
1977年
Busted Crepello
Sans Le Sou
Highclere Queen's Hussar
Highlight
*アグネスデジタル
 Agnes Digital
 1997年 栗毛(米)
Crafty Prospector
1979年 (米)
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Real Crafty Lady In Reality
Princess Roycraft
Chancey Squaw
1991年
Chief's Crown Danzig
Six Crowns
サウンドバリアー
 Sound Barrier
 2007年 芦毛(浦河町)
Allicance Alleged
Runaway Bride
*スリーピングインシアトル
 Sleepinginseattle
 1995年 芦毛(米)
Seattle Slew
1974年 (米)
Bold Reasoning Boldnesian
Reason to Earn
My Charmer Poker
Fair Charmer
Lady's Secret
1982年
Secretariat Bold Ruler
Somethingroyal
Great Lady M. Icecapade
Sovereign Lady