競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第25回 秋華賞G1特集 第25回 秋華賞

指数分析

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > 秋華賞 > 2020 > 指数分析

【出走予定馬のZIと過去5走の補正タイム】

この表は右にスクロールできます。

馬名 ZI 1走前 2走前 3走前 4走前 5走前
デアリングタクト 134 92 87 83 59  
ウインマリリン 123 91 80 72 66 60
リアアメリア 122 89 89 75 68 76
※ダンツエリーゼ 119 ダート ダート ダート ダート ダート
マルターズディオサ 119 84 85 76 85 75
ウインマイティー 112 81 90 78 69 68
クラヴァシュドール 112 83 79 80 85 75
※ソフトフルート 112 81 78 75 68 61
ミヤマザクラ 112 87 79 77 78 62
※レイパパレ 112 81 72 59    
※クラヴェル 111 78 72 68 60 60
デゼル 111 84 85 75 58  
オーマイダーリン 109 84 70 70 71 70
パラスアテナ 109 82 68 73 65 ダート
マジックキャッスル 109 82 88 72 77 71
ムジカ 108 86 71 62 57 58
※ミスニューヨーク 105 81 79 76 68 59
アブレイズ 103 77 75 76 58  
※フィオリキアリ 100 82 81 80 77 74
サンクテュエール 98 82 79 76 75 59
ホウオウピースフル 94 74 86 80 71 72

※は抽選対象(10/12時点)

1)ZIはデアリングタクトが断然のトップ

ZIのトップはデアリングタクト(134)で、2位のウインマリリン(123)を大きく引き離した。当日のオッズもデアリングタクトの「1強」となりそうで、無敗での牝馬3冠達成に大きな期待が集まる。3位はローズSを制したリアアメリア(122)。

2)オークスのパフォーマンスが良かったデアリングタクト

補正タイムのトップはデアリングタクト。前走オークスでマークした指数(92)が今回のメンバーでは一番高い。過去10年の同レースの指数と比較しても優秀なパフォーマンスだった。休み明けにはなるが、このローテーションは予定通りだ。

3)オークス2、3着馬の指数も高い

オークスで勝ち馬と0.1秒差の2着だったウインマリリンも指数(91)は差がない。こちらも休み明けになるが、内回りの京都芝2000mで先行力を生かして逆転を狙う。オークス3着のウインマイティーが指数90で3位。前走紫苑Sは6着と敗れたが、見限れない。

4)リアアメリアは上積みがあるかどうか

紫苑Sを優勝したマルターズディオサの前走指数は84。同レースとしては決して低くはないが、2走前のオークス10着(85)のときの方が指数は高い。ローズSを制したリアアメリアの前走指数は89。今年のローズSは中京芝2000mで行われたので、例年と同じ比較はできないものの、2走前のオークス4着と同じ指数だった。前哨戦を叩かれ、上積みがあるかどうかが逆転へのカギになりそうだ。

<用語解説>
ZI(ゼットアイ)

前走着順、人気、着差等を簡単に指数化したもの。基本的にこの指数が高いと上位人気に支持される傾向がある。ZI最高値をマークしている馬は連対率が高く、特に2番目の馬より5以上の差をつけている場合、特別な理由(休み明け、前走と大きく異なる条件など)がない限り、信頼できる。ただし、ZI最高値が115以下の場合は混戦と考えられる。

補正タイム

基準タイム(そのレースの平均的な勝ちタイム)とその馬の走破タイムをもとに、異なる距離やクラスでも簡単に比較できるようにした指数。スピード指数のようなイメージで、指数が高いほど、時計的な価値があると考えられる。