競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第25回 秋華賞G1特集 第25回 秋華賞

有力馬情報

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > 秋華賞 > 2020 > 有力馬情報

デアリングタクト 無敗の牝馬3冠達成へ

デアリングタクト
オークスでも強さをみせたデアリングタクト

デビューから無傷の4連勝で牝馬クラシック2冠を達成。桜花賞は重馬場で非常に時計がかかるタフなコンディションのなか、中団より後ろの追走から豪脚を繰り出して差し切った。続くオークスでは良馬場のなか、上がり3ハロン33秒1の鋭い末脚で一気に差し切り優勝した。本馬の強さが際立つ内容のレースが続いており、今回のメンバーでは力が抜けている。休み明けで秋華賞に出走するのは予定通り。内回り・京都芝2000mは今回が初めて。道中は多少プレッシャーがかかるかもしれないが、跳ねのけて偉業達成を目指したい。

リアアメリア ローズSで復活の勝利

リアアメリア
中京芝2000mのローズSを制したリアアメリア

前走ローズSは1枠1番からスタートし、スローペースを2番手で追走。最後の直線では後続勢の激しい争いを尻目に、早めに抜け出して2馬身差で勝利した。オークスの上位3頭が不在というメンバー構成にも恵まれたが、内容的には完勝。新馬→アルテミスSと連勝した期待馬が復活したのは喜ばしいことだ。あとはG1で結果を残せるかどうか。芝2000mならば道中で脚を溜めることができそうなので、オークス(4着)以上の走りを期待したいところ。ペース次第では中団〜後方追走で、差す形になっても対応はできそうだ。

マルターズディオサ 2000mの距離にも対応

マルターズディオサ
紫苑Sを快勝したマルターズディオサ

芝1600mの成績が6戦3勝2着2回と充実している。チューリップ賞1着、阪神ジュベナイルフィリーズ2着の実績があり、崩れたのは重馬場の桜花賞(8着)のみだ。前走紫苑Sは5番人気だったが、距離を心配されたせいか実績の割に票が集まらなかった印象だ。しかし、レースは2番手追走から早めに先頭に立ってそのまま押し切り重賞2勝目を飾った。2000mの距離をこなせたことで今後のレース選択に幅が出るだろう。オークスは外枠(8枠)スタートだったことと、折り合い重視で無理に前へ行かなかったが、今回は先行策を取って抜け出しを狙いたい。

ウインマリリン オークス2着馬の逆転はあるか

通算成績は5戦3勝。勝ち星はすべて芝2000mで、2走前のフローラSを勝ち重賞初制覇を飾った。前走オークスは8枠16番のスタートで厳しいかと思われたが、無理なく2番手の内に取りつくことができた。最後はデアリングタクトの末脚に屈して2着に終わったが、(7番)人気を上回る走りをみせた。長くいい脚を使い、スタミナも豊富だ。本馬も休み明けは予定通り。内回りの京都芝2000mで逆転勝利を目指すことになる。小回りは歓迎できる要素だが平坦の馬場がどうでるか。自身は早めに抜け出すとして、ゴール前は決め手がある馬との勝負になりそうだ。

ウインマイティー 中距離の適性が高く、あらためて注目

5走前のエルフィンSは勝ち馬デアリングタクトより1.5秒遅れて7着で入線した。しかし、その後はデイジー賞→忘れな草賞と連勝。続くオークスでは13番人気ながら3着と好走と、フロックとは思えないパフォーマンスをみせた。中距離に適性があり、堅実な末脚が大きな武器だ。前走紫苑Sは8枠スタートから出遅れてしまい、道中の位置取りがかなり後ろになる苦しい競馬だった。上がり3ハロンは35秒0とメンバー中最速だったものの、6着という結果は仕方がない。京都芝2000mの適性もありそうだし、あらためて注目したい。