競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第25回 秋華賞G1特集 第25回 秋華賞

調教情報

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > 秋華賞 > 2020 > 調教情報

デアリングタクト

放牧先から9月2日に栗東へ帰厩。9月半ばから今週にかけて7本の追い切りをこなしており、調教量に不足はない。ここ2週は松山騎手を背に単走で、先週はWコースで1000m65秒台の好時計を出してしっかり負荷をかけられた。今週は坂路で時計こそ平凡だったが、ほとんど追われることのない微調整で動きに問題はなかった。ほぼ万全の仕上がりと見てよさそうだ。

リアアメリア

前走後は自厩舎で疲れを取り、先週、今週と週2本の追い切りをこなしており、調整過程は順調だ。先週は水分を含んだ芝コースで助手を背に追われ、単走で1200m78秒台と強めの内容を消化。今週は川田騎手を背にWコース単走で、実質800mのみの追い切りだったが、終い軽く仕掛けた程度でラスト200m12秒前後と軽快な伸びを見せた。前走時の状態をきちんと維持できている。

ウインマリリン

放牧先から9月中旬に美浦へ帰厩。9月20日に時計を出し始め、今週にかけて7本の追い切りをこなしており、調教量に不足はない。ここ2週は横山武騎手を背にWコースで僚馬を追走する形の併せ馬で、先週は時計、見た目は平凡だったが、かなり時計を要す特殊な馬場で全く問題なし。今週は馬場も一変しており、豪快な動きで楽に先着した。初の関西遠征が課題だが、輸送前の現時点ではきっちり仕上がっている。

ウインマイティー

前走後はしっかり疲れを取った後、9月下旬から徐々に追い切りを強化。先々週から3週続けて強めの追い切りをこなしており、調整過程は極めて順調だ。先週はWコースで和田竜騎手を背に3頭併せの真ん中に入り、直線鋭い伸びを見せて楽に最先着。今週は助手を背に坂路単走だったが、終い軽く促された程度で脚どりは軽快そのものだった。前走からの上積みが見込める好状態だ。

マルターズディオサ

前走後は反動が出ないようにしっかり疲れを取り、9月30日から今週にかけて3週続けて強めの追い切りをこなしており、調整過程は順調だ。先週は田辺騎手を背にWコースで僚馬を追いかけ、内から並びかけて併入。今週は助手を背に坂路単走で、重い馬場をものともせずに徐々に加速する理想的な内容の好調教を見せた。輸送が課題だが、現時点では好仕上がりだ。

その他の出走馬

ミヤマザクラはレースの1か月以上前に栗東へ帰厩し乗り込み入念。先週、今週ともに追い切りの動きは良く、春より確実に良化が見込める状態。クラヴァシュドールは助手を背に先週芝コース、今週はWコース単走で追われ、ともに動きは素軽く、実力はきっちり出し切れる仕上がり。マジックキャッスルは2週続けてWコースで大野騎手を背に併せ馬で、先週は格下馬相手に追走併入。今週はアーモンドアイ相手に先行していたとはいえ、直線はほぼ互角の手応えで併入と絶好の動きで、上積みが見込めそうだ。