競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 大阪杯2023G1特集 大阪杯2023

指数分析

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > 大阪杯 > 指数分析

【出走予定馬のZIと過去5走の補正タイム】

この表は右にスクロールできます。

馬名 ZI 1走前 2走前 3走前 4走前 5走前
スターズオンアース 128 89 87 79 69 64
プログノーシス 127 93 85 84 80 76
ヴェルトライゼンデ 126 96 97 85 91 95
ジャックドール 124 海外 94 95 91 98
ヒシイグアス 123 95 98 93 海外 90
ノースブリッジ 121 94 88 88 87 81
ヒンドゥタイムズ 119 89 89 89 87 84
ジェラルディーナ 115 93 97 95 87 90
ラーグルフ 113 94 87 81 77 74
ノースザワールド 112 81 78 82 82 85
アラタ 109 90 87 89 92 82
マテンロウレオ 108 89 86 86 88 68
キラーアビリティ 103 86 86 86 79 77
ダノンザキッド 103 84 海外 93 90 89
マリアエレーナ 102 86 86 90 95 87
ポタジェ 101 87 79 88 87 83
モズベッロ 86 85 83 82 84 71
ワンダフルタウン 82 84 73 82 77 75

フルゲート16頭。プログノーシスは回避の見込み(3/27時点)。

 
1)ZIはスターズオンアースがトップ

ZIはスターズオンアースが128でトップ。プログノーシスが回避濃厚のため、2位は126のヴェルトライゼンデ。3位は124でジャックドール、4位は123でヒシイグアスと4頭が指数5以内で収まっており混戦模様だ。レース当日もこの4頭が人気を集めそうで、単勝オッズも僅差になりそうだ。

2)ヒシイグアスは今がピーク

補正タイムはヒシイグアスが2走前にあたる22年宝塚記念(2着)で指数98をマークした。3走前の22年大阪杯(4着)は指数93なので、今年の大阪杯も昨年レベルの指数だと勝ち負けは厳しいかもしれない。ただ、前走中山記念(1着)は指数95で、21年中山記念(1着・指数90)に比べて指数を5上げてきた。7歳ながら状態は今がピークかもしれない。

3)ジャックドールはトップタイ

補正タイムがヒシイグアスと並んでトップタイのジャックドールは5走前の金鯱賞(1着)が指数98だった。その後も大阪杯(5着)は91、札幌記念(1着)は95、2走前の天皇賞・秋(4着)は94と、国内の芝2000mでは高いレベルで安定した指数をマークしている。

4)ヴェルトライゼンデは本格化

ヴェルトライゼンデも2走前のジャパンカップ(3着)が97、前走日経新春杯(1着)が96と近2走の指数が高く、本格化の兆しが見える。ジェラルディーナは2走前のエリザベス女王杯(1着)の指数が97と高い。前走有馬記念(3着)は指数93にとどまったが、レースの格や相手関係を考えると十分評価できる。

<用語解説>
ZI(ゼットアイ)

前走着順、人気、着差等を簡単に指数化したもの。基本的にこの指数が高いと上位人気に支持される傾向がある。ZI最高値をマークしている馬は連対率が高く、特に2番目の馬より5以上の差をつけている場合、特別な理由(休み明け、前走と大きく異なる条件など)がない限り、信頼できる。ただし、ZI最高値が115以下の場合は混戦と考えられる。

補正タイム

基準タイム(そのレースの平均的な勝ちタイム)とその馬の走破タイムをもとに、異なる距離やクラスでも簡単に比較できるようにした指数。スピード指数のようなイメージで、指数が高いほど、時計的な価値があると考えられる。