競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第38回 マイルチャンピオンシップG1特集 第38回 マイルチャンピオンシップ

有力馬情報

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > マイルチャンピオンシップ > 2021 > 有力馬情報

グランアレグリア 最後の力を振り絞りラストラン

グランアレグリア
G1・6勝目を目指すグランアレグリア

2019年の桜花賞を皮切りに、20年の安田記念とマイルチャンピオンシップを優勝、そして今年はヴィクトリアマイルを勝利と、芝1600mのG1を4勝している。前走天皇賞(秋)は2番手追走と意表の先行策をとった。スローペースを見越して積極的に前につけたが、最後の直線は伸び切れず3着と敗れた。エフフォーリアやコントレイルを相手にして2000m戦では分が悪かったようで、責められる結果ではない。今回は得意の距離だ。ただ、中2週と間隔が詰まっている点は懸念材料。今回がラストラン。最後の力を振り絞り、本競走の連覇を飾れるか。

シュネルマイスター 新マイル王の座を目指す

シュネルマイスター
毎日王冠を制したシュネルマイスター

今年のNHKマイルCではソングラインやグレナディアガーズを下して勝利。外国産馬としては2001年クロフネ以来となる、NHKマイルC優勝となった。次走安田記念ではダノンキングリーやグランアレグリアに敗れて3着に終わったが、古馬のトップマイラーたちと差がない競馬ができたのは大きな収穫だ。前走毎日王冠ではスタートがひと息で後方からの競馬になったが、最後はゴール寸前でダノンキングリーを際どく差し切って優勝。安田記念での借りを返す形になった。阪神芝1600mに対する心配は特にない。新マイル王の座を勝ち取りに行きたい。

インディチャンプ 2019年に春秋のマイルG1を制覇

2019年に安田記念とマイルチャンピオンシップを制するなど、芝1600mで重賞4勝を挙げている。前走安田記念は中団馬群の中に入って脚を溜め、最後の直線は追い出すタイミングをうかがい、満を持して抜け出した。しかし、ゴール手前でダノンキングリーらに一気に飲み込まれて4着と敗れた。力が衰えているわけではないが、他の馬の勢いに押されている感じがあり、最近は勝ち星にも恵まれていない。主戦の福永祐一騎手もうまく乗っているので、劇的な変化は見込みづらいが、今回も高いレベルで安定した走りは見せてくれるだろう。

カテドラル 今年充実で決め手が魅力

カテドラル
京成杯オータムハンデキャップを勝ったカテドラル

3歳時にNHKマイルCでアドマイヤマーズの3着と好走。その後はしばらく伸び悩んだが、今年に入り東京新聞杯2着、ダービー卿チャレンジトロフィー2着、安田記念(12着)を挟み中京記念2着と立て続けにG3で連対。そして前走京成杯オータムハンデキャップでついに重賞初制覇を飾った。中山芝1600mで1枠を引き、脚質が追い込みの本馬にとって難しい立ち回りを要求されたが、最後の直線だけうまく外に出されて、自慢の末脚を炸裂させた。決め手とレース運びに磨きがかかり、充実している様子がうかがえる。展開次第にはなりそうだが、上位に食い込みたい。

グレナディアガーズ 阪神芝1600mの2歳レコードホルダー

昨年の朝日杯フューチュリティSを7番人気ながら見事に勝利。勝ちタイムの1分32秒3(良)は2歳のコースレコードだった。今年春はNHKマイルCで1番人気に支持され、この馬らしい競馬はできたが、3着と敗れた。1着馬と2着馬は強く、東京芝1600mの適性の面でもこの2頭が上だった印象を受けた。前走京成杯オータムハンデキャップは中団で控え、4コーナーで大外を回って最後の直線に入った。かなり厳しい展開を強いられての3着、という結果は評価したい。実績がある阪神に替わり、最高の競馬ができれば、シュネルマイスターを逆転することも可能だろう。