競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第38回 マイルチャンピオンシップG1特集 第38回 マイルチャンピオンシップ

血統分析

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > マイルチャンピオンシップ > 2021 > 血統分析

父、母父ともに欧州G1を勝利しているシュネルマイスターに期待!

1)ディープインパクト産駒に注目

過去10年の種牡馬系統別成績を見ると、率的には平凡ながらサンデーサイレンス(SS)系が馬券圏内の約7割を占めた。中でもディープインパクト産駒は4勝・2着3回・3着4回、9年連続で馬券に絡んでいて、まずは中心か。SS系以外のヘイルトゥリーズン系も勝率10%オーバーで注意が必要だ。

○プラス評価……父ディープインパクト/父SS系以外のヘイルトゥリーズン系
 ●マイナス評価…父ナスルーラ系/父ミスタープロスペクター系

【父馬の系統別成績(過去10年)】

この表は右にスクロールできます。

種牡馬系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 6 6 8 111 5.4% 10.8% 18.0%
その他のヘイルトゥリーズン系 1 0 0 7 14.3% 14.3% 14.3%
ノーザンダンサー系 2 1 1 32 6.3% 9.4% 12.5%
ミスタープロスペクター系 1 2 1 21 4.8% 14.3% 19.0%
ナスルーラ系 0 1 0 6 0.0% 16.7% 16.7%
【過去10年の連対馬の父と母父】

この表は右にスクロールできます。

日付L 馬名 種牡馬 母父馬
2020.11.22 1 4 グランアレグリア ディープインパクト Tapit
2020.11.22 2 8 インディチャンプ ステイゴールド キングカメハメハ
2019.11.17 1 5 インディチャンプ ステイゴールド キングカメハメハ
2019.11.17 2 14 ダノンプレミアム ディープインパクト Intikhab
2018.11.18 1 1 ステルヴィオ ロードカナロア ファルブラヴ
2018.11.18 2 2 ペルシアンナイト ハービンジャー サンデーサイレンス
2017.11.19 1 18 ペルシアンナイト ハービンジャー サンデーサイレンス
2017.11.19 2 11 エアスピネル キングカメハメハ サンデーサイレンス
2016.11.20 1 16 ミッキーアイル ディープインパクト Rock of Gibraltar
2016.11.20 2 8 イスラボニータ フジキセキ Cozzene
2015.11.22 1 16 モーリス スクリーンヒーロー カーネギー
2015.11.22 2 10 フィエロ ディープインパクト Danehill
2014.11.23 1 12 ダノンシャーク ディープインパクト Caerleon
2014.11.23 2 8 フィエロ ディープインパクト Danehill
2013.11.17 1 5 トーセンラー ディープインパクト Lycius
2013.11.17 2 4 ダイワマッジョーレ ダイワメジャー Law Society
2012.11.18 1 1 サダムパテック フジキセキ エリシオ
2012.11.18 2 7 グランプリボス サクラバクシンオー サンデーサイレンス
2011.11.20 1 5 $エイシンアポロン Giant's Causeway Sadler's Wells
2011.11.20 2 1 フィフスペトル キングカメハメハ Bahri
2)母父成績はノーザンダンサー系がリード

母父としては10年で6勝のノーザンダンサー系が主軸だ。

〇プラス評価……母父ノーザンダンサー系
 ●マイナス評価…母父ナスルーラ系/母父マイナー系統

【母父の系統別成績(過去10年)】

この表は右にスクロールできます。

母父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 1 3 1 31 3.2% 12.9% 16.1%
その他のヘイルトゥリーズン系 0 1 0 12 0.0% 8.3% 8.3%
ノーザンダンサー系 6 2 4 67 9.0% 11.9% 17.9%
ミスタープロスペクター系 2 1 1 33 6.1% 9.1% 12.1%
ナスルーラ系 1 2 2 19 5.3% 15.8% 26.3%
その他の系統 0 1 2 15 0.0% 6.7% 20.0%
3)芯の通った母系であることが望ましい

近5年の勝ち馬を見ると、ミッキーアイルは曾祖母が米G1を4勝、ペルシアンナイトはゴールドアリュールの近親、ステルヴィオの母系からは皇帝シンボリルドルフが出ていて、インディチャンプはリアルインパクトやネオリアリズムの近親、グランアレグリアは母がG1馬。母系の現役成績・繁殖成績が優秀なほど、期待大だ。

◎プラス評価……母系・近親にG1馬がいる

4)純粋なマイラー血統では勝ち負けできない

過去10年の勝ち馬の父7頭のうち、マイルG1勝ち馬は3頭。むしろ2400mに対する適性が重要なようにも思える。

また勝ち馬の母父10頭のうち7頭が欧州、2頭がアメリカのG1勝ち馬で、7頭が2000m以上のG1を勝っているのもポイントだ。

◎プラス評価……父が2400mまたはマイルのG1勝ち馬/母父が欧米でG1勝利/母父が2000m以上のG1勝利

【勝ち馬の父の現役時代実績】

この表は右にスクロールできます。

種牡馬 主なマイル戦勝ち鞍 2000m以上での主な勝ち鞍
Giant's Causeway サセックスS 英国際S、愛チャンピオンS
フジキセキ    朝日杯3歳S 弥生賞
ディープインパクト なし 3歳クラシック三冠など
スクリーンヒーロー なし ジャパンカップ
ハービンジャー なし キングジョージ
ロードカナロア 安田記念 なし
ステイゴールド なし 香港ヴァーズ
結論

連覇を目指すグランアレグリア、一昨年の勝ち馬インディチャンプの他にも食指の動く馬は多い。

サウンドキアラ(父ディープインパクト×母父が秋の天皇賞勝ち馬アグネスデジタル/曾祖母は米G1勝ち馬)、サリオス(父ハーツクライ×母父Lomitasはノーザンダンサー系で2400mG1勝ち馬/母は独オークス馬)、ダーリントンホール(父は英ダービー馬×母父は英G1勝ち馬/近親に豪G1馬)、ロータスランド(父はターフクラシック招待S勝ち馬×母父はフロリダダービー勝ち馬/近親に米G1馬)なども悪くはないが、ここではシュネルマイスターをあげておこう。父Kingmanは欧州でマイルG1を4勝、母父は独伊で2000mG1勝利、近親にサリオスがいる血統だ。

【シュネルマイスターの血統表】

この表は右にスクロールできます。

Kingman
 2011年 (英)
Invincible Spirit
 1997年 (愛)
Green Desert
1983年(米)
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Foreign Courier Sir Ivor
Courtly Dee
Rafha
1987年
Kris Sharpen Up
Doubly Sure
Eljazzi Artaius
Border Bounty
Zenda
 1999年
Zamindar
1994年
Gone West Mr.Prospector
Secrettame
シュネルマイスター
 Schnell Meister(GER)
 牡 3歳 父 7歳・母 5歳時産駒
 2018年 鹿毛(独)
Zaizafon The Minstrel
Mofida
Hope
1991年
Dancing Brave Lyphard
Navajo Princess
Bahamian Mill Reef
Sorbus
Soldier Hollow
 2000年
In The Wings
1986年
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
High Hawk Shirley Heights
Sunbittern
Island Race
1995年
Common Grounds Kris
Sweetly
Serienholde
 2013年
Lake Isle Caerleon
Inisfree
Saldenehre
 2000年
Highest Honor
1983年
Kenmare Kalamoun
Belle of Ireland
High River Riverman
Hairbrush
Salde
1992年
Alkalde Konigsstuhl
Astra
Saite Marduk
Salesiana