競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第73回 阪神ジュベナイルフィリーズG1特集 第73回 阪神ジュベナイルフィリーズ

調教情報

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > 阪神ジュベナイルフィリーズ > 2021 > 調教情報

ウォーターナビレラ

前走後は放牧を挟んで11月下旬に栗東へ帰厩。中間の追い切りは軽め中心で3本と少ないが、これは同じ中4週で勝った前走時と同様で、調整過程は順調と見ていい。先週は武騎手を背にWコースで僚馬と併せ、軽快な動きで追走先着。今週は吉田隼騎手を背に芝コース単走で、ほぼ馬なりの微調整で終えた。馬体もきっちり出来ているようで、ほぼ万全の状態と見てよさそうだ。

ステルナティーア

前走後は放牧を挟んで11月17日に美浦へ帰厩。21日に坂路で軽い追い切りを再開し、ここ3週はWコースできちんと追い切られており、調教量に問題はない。先週は助手を背に3頭併せで、外を回って一番楽な手応えで最先着。今週はルメール騎手を背に僚馬を追走し、ラスト100mから追われて併入した。動きは良好だったが、輸送前の現時点で調教後馬体重が減っている点がどう出るか。

ナミュール

前走後は放牧を挟んで12月1日に栗東へ帰厩。中間の追い切りは8日の1本だけだが、東京遠征帰りの中2週に加え、トレセン近郊とはいえ牧場との往復もあっただけに、この点は問題ないと見ていい。今週はC.デムーロ騎手を背に坂路で未勝利馬を追走して中間地点で追いつき、ラスト200m過ぎに追い出されると一気に突き放す鋭い動きを見せた。現時点での実力を出し切れる好状態だ。

サークルオブライフ

前走後は放牧を挟んで11月中旬に美浦へ帰厩。11月21日から今週にかけて、助手を背にWコースで週2本ずつ、計6本の併せ馬をこなしており、意欲的な調整過程といえる。ここ2週は3頭併せの真ん中に入り、先週は外の馬に手応え劣勢での併入も、時計的には合格点。今週は終い軽く仕掛けられた程度で併入した。輸送前の現時点ではきっちり仕上がっており、状態面に不安はない。

ベルクレスタ

前走後は放牧を挟んで11月17日に栗東へ帰厩。翌日から坂路入りを再開して入念に乗り込まれており、調整過程は極めて順調だ。ここ2週は松山騎手を背に坂路単走で追われ、先週はやや内めを通ったとはいえ800m51.1秒、ラスト200m12.0秒の好時計をマーク。今週は800m55.0秒と軽めにとどめたが、活気十分の動きだった。現状の実力は出し切れる仕上がりだ。

その他の出走馬

ナムラクレアは浜中騎手を背に坂路で2週続けて好時計で僚馬に追走先着。特に今週は、古馬3勝クラスの馬を圧倒する動きを見せており、体調面は絶好で実戦での折り合いがカギ。ラブリイユアアイズは2週続けて助手を背にWコースで追われ、先週は古馬に追走先着。今週は単走ながら軽快な動きを見せており、輸送で極端に馬体減りがなければ十分力を出せる状態。ナムラリコリスは2週続けて泉谷騎手を背に同じ馬と併せ、先週はWコースで追走先着したものの、直線は重苦しい脚どり。今週は坂路で追走併入し、先週より良化は感じられたが、まだ完調手前という印象だ。