競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第73回 阪神ジュベナイルフィリーズG1特集 第73回 阪神ジュベナイルフィリーズ

有力馬情報

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > 阪神ジュベナイルフィリーズ > 2021 > 有力馬情報

ウォーターナビレラ 3戦3勝のシルバーステート産駒

ウォーターナビレラ
ファンタジーSを制したウォーターナビレラ

シルバーステートの初年度産駒で、ここまで3戦3勝の成績を挙げている。2走前のサフラン賞では超スローペースを2番手で進み、最後の直線は追い比べを制して快勝。前走ファンタジーSは平均的に速い流れのなか、2番手から抜け出し、最後はナムラクレアの追撃を振り切った。とにかくレースセンスがよく、スピードをコントロールしながら、いい位置で競馬ができる。最後の末脚もしっかりとしていて、崩れづらいタイプだ。どちらかと言えば直線距離が短いコースの方が強みを発揮できそうだが、阪神芝1600mでどんな競馬を見せてくれるか楽しみだ。

サークルオブライフ 破壊力ある末脚が魅力

サークルオブライフ
アルテミスSを勝利したサークルオブライフ

新潟芝1800mのデビュー戦は3着と敗れたが、勝ち馬イクイノックスは次走東スポ杯2歳Sを制した。本馬は2戦目の中山芝1600mで初勝利。1枠から出遅れるという致命的なロスがありながら、外を通って挽回し、最後は2馬身半抜けた。内容もさることながら勝ち時計も優秀だった。それだけに重賞初制覇となった前走アルテミスSでの評価(7番人気)は低すぎた印象だ。スタートを決めて中団よりやや後ろで追走すると、最後の直線は大外から素晴らしい末脚を披露し、一気に差し切った。この末脚は外回りの阪神でも存分にいきそうだ。

ナミュール 赤松賞を好内容で勝利

芝1600mで2戦2勝のハービンジャー産駒。新馬戦(中京芝1600m)の勝ちタイムは1分39秒0と良馬場にしてはかなり遅かったが、前走赤松賞では1分33秒8(良)と大幅にタイムを短縮して勝利を飾った。スタートダッシュこそ遅かったが中団に取りつき、最後の直線では外から鋭い末脚でグイグイと伸び、逃げたパーソナルハイを差し切った。昨年、アカイトリノムスメが勝利した赤松賞と比べても遜色がないレベルの内容だし、本馬もいきなり重賞で通用しても不思議はない。今回はC.デムーロ騎手が騎乗予定。この点も非常に楽しみだ。

ベルクレスタ 半姉はマイルG1馬

半姉に2017年ヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリード(父ステイゴールド)がいる血統。デビュー戦(中京芝1600m)は後に新潟2歳Sとデイリー杯2歳Sを勝利するセリフォスの2着だった。2戦目の新潟芝1600mを3馬身半差で勝利すると、前走はアルテミスSで2着と好走。3番手に控えて最後の直線はシゲルイワイザケを競り落としたところを、外からサークルオブライフに差された。ここまでの3戦はすべて左回りだが、マイル戦で堅実な走りを見せている。右回りを苦にしなければ、今回も上位争いに加わってきそうだ。

ステルナティーア G1で真の力をみせる

全兄のステルヴィオは2歳時にサウジアラビアロイヤルCと朝日杯フューチュリティSでダノンプレミアムの2着と好走。そして3歳時にマイルチャンピオンシップを制した。本馬も前走でサウジアラビアロイヤルCに挑むも2着と惜敗。前半1000mまでのペースがかなり遅く、勝ちタイムが伸びず、位置取りの差がそのまま結果に響いた印象。勝ったコマンドラインは内めの2番手から抜け出しており、同馬との力の差はほとんどないだろう。鋭い瞬発力を持ち、マイラーとしての資質も感じる。今回はG1で走破時計も速くなるが、本当の力を見ることができるかもしれない。