競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第45回 エリザベス女王杯G1特集 第45回 エリザベス女王杯

血統分析

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > エリザベス女王杯 > 2020 > 血統分析

ディープインパクト産駒で母系優秀なサラキアに注目!

1)ヘイルトゥリーズン系〜SS系が一応の軸か

過去10年の1〜3着馬のべ30頭のうち19頭が父サンデーサイレンス(SS)系。特に近5年はSS系種牡馬の産駒とモズカッチャン(父はノーザンダンサー系ハービンジャー)しか馬券に絡んでいない。出走数が多いせいもあるが、まずは中心で間違いない。外国馬スノーフェアリーの連覇+ドロドロ馬場でのレインボーダリアという特殊事情はあるものの、SS系以外のヘイルトゥリーズン系もマークは必要だろう。

◎プラス評価……父SS系
 ○プラス評価……父ヘイルトゥリーズン系/父ハービンジャー
 ●マイナス評価…父ミスタープロスペクター系/父ナスルーラ系

【父馬の系統別成績(過去10年)】

この表は右にスクロールできます。

種牡馬系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 6 8 5 107 5.6% 13.1% 17.8%
その他のヘイルトゥリーズン系 3 0 0 15 20.0% 20.0% 20.0%
ノーザンダンサー系 1 1 1 26 3.8% 7.7% 11.5%
ナスルーラ系 0 1 0 8 0.0% 12.5% 12.5%
ミスタープロスペクター系 0 0 4 16 0.0% 0.0% 25.0%
その他の系統 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
【過去10年の連対馬の父と母父】

この表は右にスクロールできます。

日付 馬名 種牡馬 母父馬
2019.11.10 1 2 ラッキーライラック オルフェーヴル Flower Alley
2019.11.10 2 6 クロコスミア ステイゴールド ボストンハーバー
2018.11.11 1 12 リスグラシュー ハーツクライ American Post
2018.11.11 2 9 クロコスミア ステイゴールド ボストンハーバー
2017.11.12 1 5 モズカッチャン ハービンジャー キングカメハメハ
2017.11.12 2 4 クロコスミア ステイゴールド ボストンハーバー
2016.11.13 1 3 クイーンズリング マンハッタンカフェ Anabaa
2016.11.13 2 9 シングウィズジョイ マンハッタンカフェ シンボリクリスエス
2015.11.15 1 12 マリアライト ディープインパクト エルコンドルパサー
2015.11.15 2 18 ヌーヴォレコルト ハーツクライ スピニングワールド
2014.11.16 1 1 ラキシス ディープインパクト Storm Cat
2014.11.16 2 5 ヌーヴォレコルト ハーツクライ スピニングワールド
2013.11.10 1 3 メイショウマンボ スズカマンボ グラスワンダー
2013.11.10 2 18 ラキシス ディープインパクト Storm Cat
2012.11.11 1 15 レインボーダリア ブライアンズタイム ノーザンテースト
2012.11.11 2 12 ヴィルシーナ ディープインパクト Machiavellian
2011.11.13 1 18 $スノーフェアリー Intikhab Charnwood Forest
2011.11.13 2 1 アヴェンチュラ ジャングルポケット サンデーサイレンス
2010.11.14 1 6 $スノーフェアリー Intikhab Charnwood Forest
2010.11.14 2 9 メイショウベルーガ フレンチデピュティ Sadler's Wells
2)勝ち馬の父に求められるスタミナ資質

2013年以降の1着馬の父は2400m以上のG1を勝っている。特に目立つのは天皇賞(春)や菊花賞の勝ち馬だ。意外とスタミナを求められるレースなのかも知れない。

◎プラス評価……父が3000m以上のG1勝ち馬
 ○プラス評価……父が2400m以上のG1勝ち馬

3)カギを握るのは母の母の父か

母父の系統別成績は、SS系とナスルーラ系を除けばほぼ互角か。マイナーな系統でも問題ない。より重要なのは母の母の父。近5年の連対馬8頭のうち、4頭は母母父がナスルーラ系、3頭がノーザンダンサー系(残り1頭はネイティヴダンサー系)。寡占状態となっている。

〇プラス評価……母母父がナスルーラ系かノーザンダンサー系
 ●マイナス評価…母父SS系/母父ナスルーラ系

【母父の系統別成績(過去10年)】

この表は右にスクロールできます。

母父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 0 1 2 37 0.0% 2.7% 8.1%
その他のヘイルトゥリーズン系 1 1 0 8 12.5% 25.0% 25.0%
ナスルーラ系 0 3 0 18 0.0% 16.7% 16.7%
ノーザンダンサー系 3 4 6 64 4.7% 10.9% 20.3%
ミスタープロスペクター系 3 1 2 32 9.4% 12.5% 18.8%
その他の系統 3 0 0 14 21.4% 21.4% 21.4%
4)母系の“確かさ”も重視したい

過去5年の連対馬は母系も優秀。特に母〜5代母にG1勝ち馬がいれば強調材料となりそうだ。

◎プラス評価……母〜5代母がG1勝ち馬

 
【連対馬(過去5年)の母系・近親】

この表は右にスクロールできます。

連対馬 母系から出た活躍馬
マリアライト 曾祖母は愛オークス馬Regal Exception
ヌーヴォレコルト 5代母はケンタッキーオークス勝ち馬Native Street
クイーンズリング 近親に仏1000ギニー勝ち馬Torrestrella
シングウィズジョイ 曾祖母は重賞2勝のフリートーク
モズカッチャン 4代母は米重賞3勝のExpressive Dance
クロコスミア 4代母は英G1勝ち馬Park Appeal
リスグラシュー 近親に仏G1勝ち馬Robin Of Navan
ラッキーライラック 母は米G1勝ち馬ライラックスアンドレース
結論

連覇を目指すラッキーライラックはもちろん有力だが、ディープインパクト産駒2頭からも目が離せない。サラキアは母サロミナが独オークス馬、弟はサリオス、母母父はノーザンダンサー系。センテリュオは兄が豪G1馬トーセンスターダム、近親にも重賞ウィナーがひしめき、母母父はノーザンテーストだ。

父オルフェーヴル、四代母は英オークス馬、母母父がナスルーラ系のエスポワールと、ハービンジャー産駒ノームコアにも注意したい。

【サラキアの血統表】

この表は右にスクロールできます。

ディープインパクト
 Deep Impact
 2002年 鹿毛(早来町)
*サンデーサイレンス
 Sunday Silence
 1986年 青鹿 (米)
Halo
1969年(米)
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well
1975年
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
*ウインドインハーヘア
 Wind In Her Hair
 1991年 鹿毛(愛)
Alzao
1980年
Lyphard Northern Dancer
Goofed
サラキア
 Salacia(JPN)
 牝 5歳 父13歳・母 6歳時産駒
 2015年 鹿毛(安平町)
Lady Rebecca Sir Ivor
Pocahontas
Burghclere
1977年
Busted Crepello
Sans Le Sou
Highclere Queen's Hussar
Highlight
Lomitas
 1988年(英)
Niniski
1976年
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Virginia Hills Tom Rolfe
Ridin' Easy
La Colorada
1981年
Surumu Literat
Surama
*サロミナ
 Salomina
 2009年 鹿毛(独)
La Dorada Kronzeuge
Love In
Saldentigerin
 2001年
Tiger Hill
1995年
Danehill Danzig
Razyana
The Filly Appiani
Tigress Silver
Salde
1992年
Alkalde Konigsstuhl
Astra
Saite Marduk
Salesiana