ノースフライト 遅咲きマイル女王の飛翔

ノースフライト
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1990年4月12日
毛色 鹿毛
トニービン
シヤダイフライト
競走成績 11戦8勝
獲得賞金 4億5809万4000円
表彰歴 1994年 最優秀5歳以上牝馬
主な勝鞍 1994年 マイルチャンピオンシップ G1
1994年 安田記念 G1
1994年 マイラーズカップ G2
1994年 京都牝馬特別 G3
1993年 阪神牝馬特別 G3
1993年 府中牝馬ステークス G3
厩舎 加藤敬二(栗東)
生産者/産地 大北牧場 (浦河町)
馬主 勝負服 大北牧場
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

凱旋門賞馬トニービンが日本で種牡馬生活をスタートさせたのは1989年のこと。当時輸入された種牡馬としてはトップクラスの実績を持つことから生産地での期待は高く、優秀な繁殖牝馬たちと交配されることになった。

そうして生まれた初年度産駒たちは、いきなりの大ブレイクを果たす。ベガが1993年の桜花賞とオークスを連覇し、ウイニングチケットが日本ダービーを制したのだ。さらにサクラチトセオーやアイリッシュダンス、ロイスアンドロイスなど活躍馬が相次いで登場、2世代目からはエアダブリンなども誕生し、1994年にはリーディングサイアーの座を獲得する。

超一流種牡馬へと上り詰めたトニービンの、初年度産駒の1頭がノースフライトだ。体質が弱かったためデビューは3歳春の5月と遅れたが、これを2着に9馬身差の大楽勝で飾ると、父と同様、一気に超一流の座へと駆け上がっていくことになる。

2戦目の500万下も8馬身差で圧勝したノースフライトは、3戦目・900万下特別では伸び切れずに5着と敗れたものの、格上挑戦で臨んだ4戦目・府中牝馬Sを勝利、デビューから5か月半で早くも重賞初制覇を果たす。

さらにエリザベス女王杯でもホクトベガの2着に健闘し、阪神牝馬Sでは同じトニービン産駒のベストダンシングを振り切って重賞2勝目をマーク。同世代の牝馬では二冠馬ベガに次ぐ実力馬として認識されるようになり、4歳の春を迎えることとなる。

そして、この1994年シーズンこそノースフライトにとってのクライマックスだった。

まずは京都牝馬特別。単勝オッズ1.4倍の断然人気を背負ったノースフライトは、4コーナー先頭の強気な競馬で2着フェイヴァーワンを6馬身も突き放す。続くマイラーズCでは、マーベラスクラウンやネーハイシーザーといった後のGIウィナーらを撃破。ますます評価は高まっていく。

もう手にするのも時間の問題とされたGIタイトルも、安田記念であっさりとつかんでみせた。スキーパラダイスやサイエダティといった強豪外国馬、あるいはスプリント王サクラバクシンオーらが出走していたため5番人気に甘んじたノースフライトだったが、ここで見せたパフォーマンスは間違いなくナンバー1だった。後方から直線一気の豪脚で、2着トーワダーリンに2馬身半の差をつける完勝のゴールへと達したのだ。

さらに秋。初戦として挑んだスワンSではサクラバクシンオーの2着にとどまったが、マイルCSではしっかりと雪辱を果たす。好位抜け出しを図るサクラバクシンオーに、背後から襲い掛かり、交わし、1馬身半差での勝利。JRA賞最優秀古馬牝馬の座を確実なものとする優勝だ。

このレースを最後に引退したノースフライト。まさしく“一気に駆け上がった”1年半・11戦の競走馬生活であった。

関連競走馬

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう