ライスシャワー 淀に散った名優

ライスシャワー
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1989年3月5日
毛色 黒鹿毛
リアルシヤダイ
ライラツクポイント
競走成績 25戦6勝
獲得賞金 7億2949万7200円
表彰歴 1995年 特別賞
主な勝鞍 1995年 天皇賞(春) G1
1993年 天皇賞(春) G1
1993年 日経賞 G2
1992年 菊花賞 G1
厩舎 飯塚好次(美浦)
生産者/産地 ユートピア牧場 (登別市)
馬主 勝負服 栗林英雄
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

北の湖に朝青龍。共通点は「強い横綱」であることと同時に、「憎まれ役」であること。他の力士のファンならば「なんでここで勝つんだ!」と、何度となく苦い思いでその取り組みを見せられたことだろう。

競馬の世界にも、やはり「憎まれ役」になってしまう馬が存在する。たとえば、昭和末期の憎まれ役といえばシンボリルドルフ。ひとつ年上の三冠馬、破天荒なレース振りでファンを沸かせたミスターシービーとは違い、そのレースを知っているかのような走りは憎まれ役にふさわしい。では、平成に入ってからの憎まれ役は、といえば、まず挙がってくるのはライスシャワーの名前だ。

ライスシャワーは91年、2歳夏(新表記)にデビューし、芙蓉Sを制覇。3歳になって16番人気の日本ダービーで2着に好走すると、秋もセントライト記念、京都新聞杯と連続2着。ここまでは「重賞は勝ってないけど力はあるよね」といった評価の1頭だった。

そんなライスシャワーが、最初に「憎まれ役」となったのは92年の菊花賞。ミホノブルボンが、シンボリルドルフ以来8年振り、そして史上2頭目の無敗の三冠をかけて出走した一戦だ。2番人気のライスシャワーはファンの悲鳴がわき起こる中、逃げ込みをはかるミホノブルボンをゴール前であっさりと交わし去り、見事に大金星を挙げたのだ。

そして翌93年。ライスシャワーは日経賞を制して天皇賞(春)に駒を進めた。ここに待ち受けていたのは、天皇賞(春)3連覇がかかるメジロマックイーンである。ファンの支持はメジロマックイーンに集まったが、ここでも先行したメジロマックイーンをマークしてレースを進めると、直線でこれを競り落として2馬身半差で完勝を収めたのである。

菊花賞に続き、狙った獲物(人気馬)を逃さずきっちり捕らえたライスシャワー。「刺客」という呼び名が定着するとともに、憎まれ役という立場も明確になった一戦だった。

この勝利で実力を証明したライスシャワーだったが、その後は不振や骨折による休養で勝ち鞍を挙げられず、93年秋から94年は未勝利。95年も1番人気に推された京都記念、日経賞で6着に終わり、もはやこれまでかと思われた。

しかし、2度目の天皇賞(春)でライスシャワーは復活する。向正面でスパートとすると、3コーナー手前で早くも先頭。最後はステージチャンプの急迫をハナ差抑えて、3つ目のタイトルを手にしたのだ。憎きライスシャワーから、奇跡の復活でファンの心を揺るがすライスシャワーへ。いつの間にかその立場も大きく変わっていた。

続く宝塚記念は、阪神・淡路大震災の影響で得意とする淀の舞台。ファンの期待も寄せられたが、3コーナー過ぎに転倒して競走中止。そのまま帰らぬ馬となってしまった。その後、京都競馬場には記念碑が建立され、今も天皇賞や菊花賞に出走する後輩たちを静かに見守っている。

関連競走馬

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう