スーパークリーク 宿命づけられた菊花賞V

スーパークリーク
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1985年5月27日
毛色 鹿毛
ノーアテンシヨン
ナイスデイ
競走成績 16戦8勝
獲得賞金 5億6253万5200円
表彰歴 なし
主な勝鞍 1990年 天皇賞(春) G1
1989年 天皇賞(秋) G1
1988年 菊花賞 G1
厩舎 伊藤修司(栗東)
生産者/産地 柏台牧場 (門別町)
馬主 勝負服 木倉誠
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

サンデーサイレンスの系統が全盛となっている現代。だが昭和から平成初期にかけては、短距離血統と長距離血統の棲み分けが、いま以上に明確だった。

長距離血統種牡馬の代表格は、たとえばノーアテンション。馬場の重いフランスにおいて2400m以上で活躍したステイヤーだ。あるいはインターメゾ。セントレジャー勝ち馬であり、菊花賞・天皇賞(春)・有馬記念を制したグリーングラスの父であり、やはりスタミナ豊富な種牡馬である。

そして、ノーアテンションを父に、インターメゾを母の父に持つ馬として1985年に誕生したのがスーパークリーク。菊花賞を獲るための配合として、生産者・柏台牧場と、サラブレッドクラブ・ラフィアンの岡田繁幸氏が実践した配合である。

現代の価値観からすれば“重すぎる”ことになるのかも知れないが、スーパークリークは宿命へ向かって突き進んだ。

順調な歩みだったわけではない。

脚は外向していた。デビューは2歳12月まで遅れた。初戦は気の悪さを出して2着に敗れた。2戦目に勝ち上がったものの、以後は4着、3着。3歳3月・すみれ賞でやっと2勝目をあげるが、その後左前脚を骨折。春シーズンを棒に振ってしまうこととなる。

幸いにも秋には復帰できたが、神戸新聞杯は3着、京都新聞杯は6着と敗れ、菊花賞の優先出走権を確保することはできなかった。賞金順で見ても、フルゲート18頭に対してスーパークリークは19番目。生まれる前からの規定路線である菊花賞は、夢のまた夢に終わりそうな状況だった。

が、ここで僥倖がもたらされる。

岡田繁幸氏のラフィアン所属馬であるマイネルフリッセが、賞金上位であるにも関わらず菊花賞出走を回避。生みの親が示した粋な配慮によって、スーパークリークは無事に菊花賞のゲートに収まったのである。

そして1988年・第49回菊花賞は、スーパークリークの強さだけが際立つものとなった。

中団からスルスルと進出し、第4コーナーでは早くも先団に取り付いたスーパークリーク。直線では1完歩ごとに後続を突き放して5馬身差の圧勝だ。鞍上・武豊騎手が史上最年少クラシック制覇を果たしたのとともに、スーパークリーク自身も、宿命づけられた菊花賞Vを成し遂げたのである。

翌4歳シーズン、またも脚部不安に見舞われて順調に使えなかったスーパークリークだったが、秋には復帰して京都大賞典をレコード勝ち、天皇賞(秋)も制してスピード能力の高さも示した。さらに5歳春には、前年の覇者イナリワンを降して天皇賞(春)も勝利、天皇賞秋春連覇の偉業も達成する。

先祖から受け継いだ豊富なスタミナ、その能力に裏づけられたスピードの持続力で、相手をねじ伏せる。そんなレースぶりが印象的な競走馬であった。

関連競走馬

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう